GHC
GHC王者
GHCヘビー級王座の変遷

2006年

36

2006.12.2 神奈川・横浜文化体育館

モハメド ヨネ&○森嶋 猛
(29分07秒 バックドロップ→片エビ固め)
×佐野巧真&高山善廣

※モハメド ヨネ&森嶋 猛組が第13代選手権者となる

35

2006.6.4 北海道 札幌・STVスピカ

モハメド ヨネ×&森嶋 猛
(33分31秒 抱え込み式デッドエンド→体固め)
○本田多聞&小橋建太

本田多聞&小橋建太組が第12代選手権者となる
※小橋建太欠場のためベルト返上

34

2006.5.26(現地時間) 英国・ドンカスター Doncaster Dome

モハメド ヨネ&森嶋 猛
(時間切れ引き分け)
タグ・ウイリアムス&ナイジェル・マッギネス

※モハメド ヨネ&森嶋 猛組が2度目の防衛に成功
※この試合は地元のルール準用により30分1本勝負にて行なわれました

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年
2005年 2004年 2003年 2002年 2001年  
GHCヘビー級歴代王座
第37代

マサ北宮&拳王

第18代 佐々木健介&森嶋 猛
第36代 潮崎豪&マイバッハ谷口 第17代 バイソン・スミス&齋藤彰俊
第35代 ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr. 第16代 丸藤正道&杉浦 貴
第34代 丸藤正道&矢野 通 第15代 ディーロブラウン&ブキャナン
第33代 ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr. 第14代 秋山準&力皇猛 
第32代

マイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト

第13代 森嶋 猛&モハメド ヨネ
第31代 杉浦 貴&田中将斗 第12代 小橋建太&本田多聞
第30代 森嶋 猛&マイバッハ谷口 第11代 森嶋 猛&モハメド ヨネ
第29代 マイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト 第10代 鈴木みのる&丸藤正道
第28代 矢野 通&飯塚高史 第9代 スコーピオ&タグ・ウイリアムス
第27代 丸藤正道&杉浦 貴 第8代 三沢光晴&小川良成
第26代 潮崎 豪&齋藤彰俊 第7代 永田裕志&棚橋弘至
第25代 KENTA&マイバッハ谷口 第6代 小橋建太&本田多聞
第24代 サモア・ジョー&マグナス 第5代 秋山 準&齋藤彰俊
第23代 秋山 準&齋藤彰俊

第4代 森嶋 猛&力皇 猛
第22代 ジャイアント・バーナード&
"ザ・マシンガン"カールアンダーソン

第3代 大森隆男&高山善廣
第21代 髙山善廣(髙山堂)&佐野巧真 第2代 三沢光晴&小川良成
第20代 バイソン・スミス&キース・ウォーカー 初代 ベイダー&スコーピオ
第19代 力皇 猛&モハメド ヨネ