第2試合 モハメド ヨネ&中嶋勝彦&石森太二&キャプテン・ノアvs小川良成&ザック・セイバーJr.&スペル・グレイシー&ジョナ・ロック 見どころ

個性あふれる8選手が集う中、注目は謎の覆面戦士「キャプテン・ノア」だろう。2・22後楽園大会に新日本プロレスの矢野通が連れてきた男で、今回がデビュー戦となる。振り返れば、2012年2月19日の東日本大震災復興支援チャリティープロレス第2弾「ALL TOGETHER」(宮城・仙台サンプラザホール)にも同名の覆面男が出場したような気がするが、まったく別人と考えてよさそうだ。何より気になるのは、キャプテン・ノアの立ち位置だ。その名から、方舟マットにとっての「正義の味方」かといえば、どうも疑わしい。素性も定かではなく、そもそも「裏切り」「造反」は朝飯前の矢野が連れてきたこと自体、何やらうさんくさいのだ。GHCヘビー級王者の丸藤正道は「ノアのために戦ってくれると信じている。もし、裏切るようなことがあったら、ボクらはもちろん、ノアファンも許さないだろうね」と話すが、果たして…。

 

PROFILE

小坂健一郎(こさか・けんいちろう)
東京スポーツ新聞社運動部所属。2001年4月の入社後はサッカー、校閲、相撲担当を経て、06年4月からプロレス・格闘技担当に。6年間、ノア番を務めた。昨年8月から2年ぶりにプロレス担当に復帰した。