ノアカレンダー
G+サムライTV
次回の大会

Navig. For The Progress 2019

後楽園ホール

2月24日(日) 11:30~

詳細へ
[前売]
S席:7,000円
A席:5,000円
B席:4,000円

[当日]
S席:7,000円
A席:6,000円
B席:5,000円
C席:4,000円

モハメド ヨネ
クワイエット・ストーム
vs 中嶋勝彦
潮崎 豪
清宮海斗
原田大輔
vs 丸藤正道
田中稔
杉浦 貴
齋藤彰俊
井上雅央
(フリー)
稲村愛輝
岡田欣也
vs マイバッハ谷口 
火野裕士(フリー)
長井満也
(ドラディション)
KAZMA SAKAMOTO
(フリー)
コーディ・ホール

選手の怪我などにより変更される場合があります

3月2日(土) 17:30~
霞ヶ浦文化体育会館(水郷体育館)
3月3日(日) 17:30~
清水マリンビル
3月10日(日) 16:00~
横浜文化体育館
3月16日(土) 16:15|17:00~
松山市総合コミュニティセンター企画展示ホール
3月17日(日) 17:00~
博多スターレーン
3月19日(火) 19:00~
世界館
3月20日(水) 18:30~
豊中市立ローズ文化ホール
3月21日(木) 15:00~
金沢流通会館
3月29日(金) 18:30~
後楽園ホール
4月6日(土) 17:30|18:30~
エディオンアリーナ大阪 第2競技場
4月7日(日) 16:15|17:00~
なら100年会館
4月13日(土) 11:45|12:30~
札幌マルスジム
4月14日(日) 11:15|12:00~
札幌マルスジム
4月17日(水) 17:45|18:30~
後楽園ホール
4月21日(日) 16:00|17:00~
万代島多目的広場大かま
詳細へ
詳細へ
試合結果

Navig. For The Progress 2019

所沢市民体育館サブアリーナ

2月22日(金) 18:30~

詳細へ
チケット購入 ローソンチケット携帯からのご購入イープラス電子チケットぴあ
英語版オフィシャルサイト英語版オフィシャルサイト
ツアー注目情報

2014.05.05

「ONE DAY CRUISE 2014」5月4日(日)横浜ラジアントホール大会 試合後コメント

下記の通りお知らせいたします

「ONE DAY CRUISE 2014」5月4日(日)横浜ラジアントホール大会
試合後コメント
コメント ■クワイエット・ストーム選手公開計量

5・3ディファ大会で原田大輔の持つGHCジュニア王座に挑戦を表明したクワイエット・ストームが試合前に公開計量を行った。
リング上に体重計が持ち込まれ、王者・原田の立会のもと、ストームが体重計に乗ると、メーターは約98キロ周辺を表示。100キロ未満に挑戦権利があるGHCジュニア王座挑戦が可能となった。

<原田>「おめでとう。5月31日のディファ有明で勝負や」
<ストーム>「5月31日、ニューGHCジュニアチャンピオーン!」

コメント ■第3試合 石森太二 vs クワイエット・ストーム

【試合展開】
GHCジュニア挑戦が決まったストームが前王者の石森とシングル対決。
序盤、石森スピードでかく乱しようとするが、ストームはタックルで吹き飛ばす。終盤、石森の450゜スプラッシュを回避した。ストームは石森の放ったラリアットを相打ちにし、すかさず猛烈なラリアットで石森を吹っ飛ばす。さらに助走をつけてのラリアットで石森を一回転させ、前王者から3カウントを奪った。


【クワイエット・ストーム選手 バックステージにて】  

―前王者の石森に勝ったが?
<ストーム>「(日本語で)今日勝てて、凄くうれしい。イシモリのハイフライ、パワーは凄いから。今、オレはノアにいる。この50センチ(の腕周り)で次の31日、ディファでハラダを倒す。ノアジュニアの歴史を変えるのはオレ、クワイエット・ストーム」

―王者・原田について?
<ストーム>「昔、大阪プロレスでシングルのチャンピオンシップをやった。その時は27分でオレがマケタ・・・その時のこと、ゼッタイ、ゼッタイ忘れない」

―ノアについて?
<ストーム>「ノアは一番タフな団体。ずっとずっとキョーミがあった。ノアで試合できるのはビッグチャンス!だから5月31日、必ずチャンピオンにナル!」

コメント ■第7試合 BRAVE vs NO MERCY
モハメド ヨネ&丸藤正道&小峠篤司 vs 杉浦貴&原田大輔&平柳玄藩

【試合展開】  

前日のディファ大会で中嶋を破り、5.17後楽園での永田裕志の持つGHCヘビー級王座挑戦に向け弾みをつけたヨネ。
終盤、NO MERCYの3人によるコーナーへの串刺し攻撃をことごとくラリアットで返り討ちにし、丸藤のトラースキックとヨネのミドルキックの合体技をみせ、そこに小峠がスワンダイブ式のボディプレスを発射。しかし平柳はヨネのラリアットを避けて股間掴み式バックドロップで投げ捨てる。しかしヨネは抵抗する平柳をラリアットでなぎ倒すとキン肉バスターで3カウントを奪った。


【リング上にて】
<ヨネ>「本日はご来場、誠にありがとうございました!17日、永田に勝ってノアにベルトを取り戻します!」


【ヨネ選手 バックステージにて】  

―2日連続のメイン締めとなったが?
<ヨネ>「メインで勝ち名乗りを受けて、『皆さん、今日はありがとうございました!』って言えるのは、やっぱり気持ちいいですね」

―永田戦へ向け日々充実している?
<ヨネ>「もちろん。あとはノンストップですよ!」

―17日はKENTA壮行試合に注目が集まると思うが?
<ヨネ>「重なってるけど、ベルトを俺が獲ることで花を添えたい。KENTAだってベルトを獲り返して欲しい気持ちがあるだろうし。ユニットは違うが)ノアに対する思いは一つですよ」

―KENTAが抜けることで不安に思うファンの気持ちをベルト奪回で安心させたい?
<ヨネ>「うん。そういうものも含めて、みんなの気持ちを背負ってね。KENTAいなくなってノアどうなるんだろう、っていう思いもスッキリさせて、晴れ晴れとした気持ちで後楽園ホールを後にしてもらえるようにしたいと思います」


その他の試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトへアクセス!


オープニングマッチ15分1本勝負

小川良成
小川良成 vs 熊野 準

熊野 準

7分57秒

バックドロップ → 体固め

「ブリティッシュマスター vs 狂乱のエストレージャ」20分1本勝負

ザック・セイバーJr.
ザック・セイバーJr. vs スペル・クレイジー

(Crazy Dynasty)

スペル・クレイジー

20分00秒

時間切れ引き分け

「Battle for the Purpose」30分1本勝負

(BRAVE)

石森太二
石森太二 vs クワイエット・ストーム<br>(フリー)

クワイエット・ストーム
(フリー)

9分15秒

ラリアット2連発 → 片エビ固め

「Break Through 超危暴軍」タッグマッチ30分1本勝負

(超危暴軍)

拳王
(みちのくプロレス)
拳王<br>(みちのくプロレス) vs 北宮光洋

(BRAVE)

北宮光洋

(超危暴軍)

森嶋 猛
森嶋 猛 中嶋勝彦<br>(DIAMOND RING)

中嶋勝彦
(DIAMOND RING)

9分45秒

変型キャメルクラッチ

ザ・リーヴ杯争奪バトルロイヤル 時間無制限

○スペル・クレイジー
(4分51秒)
×拳王
×熊野準
※ダブルフォール

【退場順】
[1]森嶋猛[2]小川良成[2]ザック・セイバーJr.[4]中嶋勝彦
[5]北宮光洋[6]クワイエット・ストーム[7]石森太二[8]熊野準[8]拳王

「超危暴軍 vs TMDK タッグマッチ」45分1本勝負

(超危暴軍)

大原はじめ
(フリー)
大原はじめ<br>(フリー) vs シェイン・ヘイスト

(TMDK)

シェイン・ヘイスト

(超危暴軍)

マイバッハ谷口
マイバッハ谷口 マイキー・ニコルス

(TMDK)

マイキー・ニコルス

12分28秒

タンクバスター → 片エビ固め

「BRAVE vs NO MERCY」 6人タッグマッチ60分1本勝負

(BRAVE)

小峠篤司
小峠篤司 vs 平柳玄藩

(NO MERCY)

平柳玄藩

(BRAVE)

丸藤正道
丸藤正道 原田大輔

(NO MERCY)

原田大輔

(BRAVE)

モハメド ヨネ
モハメド ヨネ 杉浦 貴

(NO MERCY/弾丸ヤンキース)

杉浦 貴

23分45秒

キン肉バスター → 片エビ固め

もどる