ツアー

2017.07.31

「拳王選手を倒して、前に進んでいけるファイトを見せる」 拳王へのリベンジを狙いLEONAが参戦!ドラディション・LEONA参戦発表記者会見

 
 

【8.6後楽園大会チケット好評発売中!】

ドラディション・LEONA参戦発表記者会見

7月31日(月)、都内・ノアの事務所で記者会見が開かれ、内田雅之会長と藤波辰爾の息子であるLEONA(ドラディション)が出席。8月6日の後楽園ホール大会、そして8月26日の後楽園ホール大会にLEONAが参戦することが発表された。LEONAは8.6後楽園ホール大会でかつてシングルマッチを行なったこともある丸藤正道とタッグを結成し、コーディ・ホール&KAZMA SAKAMOTOと対戦。そして、今回の参戦のきっかけにもなった拳王とは8.26後楽園ホール大会でシングルマッチを行なうことも決定した。
内田雅之会長
本日は記者会見にお越しくださいまして、ありがとうございます。また、インターネット中継をご視聴の皆様、ご視聴ありがとうございます。本日は8月6日後楽園ホールで行なわれる大会の発表をさせていただきます。この8月6日については旗揚げ記念日と称しまして、いつもと違うような形のプロレスをお見せできればと思っておりますし、この8月6日よりLEONA選手がノアに参戦することになりました。そこに至る詳細につきましてはLEONA選手本人がこちらにいらっしゃっていますので、後ほどご本人の口からお話をさせていただきます。8月6日、現行決まっているカードはGHCジュニア・ヘビー級選手権試合、第35代チャンピオンの石森太二選手にYO-HEY選手が挑戦します。また、3WAYマッチが3試合ほど組まれておりまして、まず一つは小峠選手、拳王選手、マサ北宮選手の3WAY。これは現行のプロレスリング・ノアの同世代のヘビー級の3人が闘う試合で、ノアの未来につながるんではないかと思っております。そしてマイバッハ谷口選手と潮崎豪選手のシングルマッチ。この2人の意地の張り合いって言いましょうか、負けん気でなかなか決着のつかないところをもう一度シングルマッチで組ませていただきました。それからジュニア・ヘビー級の3WAYマッチが2試合ございます。原田大輔選手、熊野準選手、HAYATA選手の3WAY。そして大原はじめ選手、諸橋晴也選手、タダスケ選手の3WAYマッチ。この3WAYは原田選手や大原選手からの要望がありまして、この3WAYの勝者に8月12日の横浜大会でシングルで対戦してもらい、この試合の勝者をGHCジュニア・ヘビー級の次期挑戦者にしたいと考えております。これは選手たちからの要望がありまして、ぜひ次期挑戦者を決めてくれということだったので、この試合の勝者に12日に闘っていただいて決めるということにしております。そして中嶋勝彦選手&齋藤彰俊選手vsモハメド ヨネ選手&クワイエット・ストーム選手のタッグマッチ。で、丸藤選手&LEONA選手vsコーディ・ホール&KAZMA SAKAMOTOのタッグマッチ。で、LEONA選手初参戦で丸藤選手と組んでもらって、LEONA選手に結果を出してもらって先に続けていければなと思っております。そしてシングルマッチ、小川良成選手vs井上雅央選手というのが8月6日の試合になっております。また、8月12日の横浜ラジアントホール大会ではGHCタッグ選手権試合前哨戦として、丸藤選手、マイバッハ選手、潮崎選手、小峠選手にそれぞれ4WAYで闘っていただきます。そして、先程言いましたように、GHCジュニア・ヘビー級選手権試合の次期挑戦者決定戦をやらせていただいて、すでに発表されていましたが宮脇純太選手のデビュー戦をここで組ませていただきます。相手に関しては未定ですので、決定次第お知らせ致します。そして、8月26日の後楽園ホール大会ですが、GHCヘビー級選手権試合として中嶋勝彦選手vsエディ・エドワーズ。エディ選手が挑戦表明をして、それを受けさせていただきました。十分挑戦に値する選手だと思っております。そしてGHCタッグ選手権試合、丸藤&マイバッハ谷口組vs潮崎&小峠組の試合があります。第39代王者に潮崎選手、小峠選手が挑戦致します。そしてGHCヘビー級選手権として、石森vs&Hi69組に今回のジュニアタッグリーグ戦の覇者であるHAYATA&YO-HEY組が挑戦します。そしてシングルマッチ、拳王vsLEONA。さらにクワイエット・ストームvsコーディ・ホール。モハメド ヨネ&マサ北宮組vs原田&タダスケ組。6メンタッグとして齋藤彰俊&小川良成&諸橋晴也組vs大原はじめ&熊野準&井上雅央組がございます。今決まっている試合については以上でございます。皆様、どうぞ広く告知のほうをよろしくお願い致します。それでは今回参戦が決定しましたLEONA選手をお呼びしたいと思います。
※LEONA選手が会見場に。

【LEONA選手コメント】
LEONAというレスラーがどのようなレスラーなのか、そしてどのような成長を見せていけるのか
ドラディションのLEONAです。昨日後楽園ホールでZERO1の「火祭り」がすべて終わりました。全国各地で様々な先輩レスラーと対戦することができ、まあ1勝しか上げられなかったことは自分の中でも非常に悔しい気持ちでいっぱいなんですけど、そういう1カ月は自分の中で凄くプラスになったと思いました。そしてその「火祭り」の中で初戦にノアの拳王選手とシングルマッチがありました。自分なりに拳王選手を必死に追い詰めたつもりだったんですけど、最終的に敗れてしまい、試合後も拳王選手から悔しい言葉も投げつけられましたけども、自分の中で拳王選手に初戦で負けたあの1敗というのが、今回のリーグ戦の中で最後まで心のどこかに悔しい気持ちで残っていました。そして、昨日「火祭り」が終わって、コメントして、自分の中でもこれから成長してもっともっとでかいレスラーになっていかなきゃけいないという鬱屈した気持ちがある中で考えていることがあるという発言もありましたけど、会場で内田会長とお会いすることができ、自分の口からその悔しい気持ち、その借りを返して、そして自分が成長していきたい気持ちを正直に真摯に伝えました。そしてその結果、ノアさんに参戦をさせていただくことになり、自分としても凄くいい緊張感とこれから自分が成長していかなきゃいけないという責任感で、心が満たされています。8月6日からこのノアに参戦しますけど、LEONAというレスラーがどのようなレスラーなのか、そしてどのような成長を見せていけるのかというところを見ていただければと思います。よろしくお願いします。

 
【質疑応答】
一つ一つの技に魂が込められているレスリングをされているという印象
──LEONA選手、改めて、ノアという団体の印象を教えていただけないでしょうか?

LEONA もちろんレスラーになる前から三沢さんが創設された団体というのも知っていますし、父も何度か参戦してその時にセコンドなりなんなりで、ファイトは見てきました。ドラディションでも丸藤さんと僕がシングルで闘う機会をいただいたことがあって、ノアさんに対しては激しいプロレス、一つ一つの技に魂が込められているレスリングをされているという印象をずっと持っています。

──今回は拳王選手がきっかけだったんですけど、拳王選手の首を獲ったらおしまいなのか、それとも長期的に展望を見据えて、ここで何かを掴むまでは下がれないというのと、どちらでしょうか?

LEONA もちろん今回の一つのきっかけになったのは拳王選手。自分の中で拳王選手との試合はこの1カ月、心の中でずっと抱え続けていたものだったので、それが今回実現するということでそれに向けて試合をやっていけるというのは凄く刺激になっています。だから、もちろん拳王選手に勝たなければいけないというのは自分の中で使命感というのを凄く感じています。でも、この機会というのはレスラーになって3年半、僕にとって絶好の成長できるチャンスを自分の中で感じ取れているので、拳王選手をもちろん倒して、前に進んでいけるファイトを見せていければと思っております。

──8月6日はいきなり丸藤選手とのタッグですけど、丸藤選手に対してはどのような気持ちをお持ちですか?

LEONA 自分も正直驚いてます。ノアの本当にトップの選手である丸藤さんと、ノア参戦1戦目でタッグを組ませていただくのは自分にとっても素晴らしい機会をいただいたと思っております。そしてドラディションで2年前にシングルをさせていただいた時に、自分なりには闘ったんですけど、本当にまだまだ。デビューしたてだったということもあって、今回丸藤さんと組ませてもらえるということで、その時以上に丸藤さんに成長した僕を見せるということがその時の感謝であり、これからのまた一つの自分への責任だと思っています。全力で闘いたいと思います。

──現状、ご自身が抱える課題と、それをノアに参戦することでどう克服していけるか、そんなような展望やビジョンはありますか?

LEONA これはよくプロレスを見てくださっているファンの方からも声があったと思いますけど、LEONAというレスラーが試合は継続的にはやって来ましたけど、多くのレスラーの人たちに加えて僕のファイトを見る機会が少なかったっていうところで、LEONAというレスラーがどういうレスラーで、どういった思いを持ってリングに上がっているのかというところは、正直まだまだ伝えきれていない部分があったと思います。そんな中で、こういう形でこうしたチャンスをいただけたということは、自分のファイトをプロレスを見ている人たちに届けることができるチャンスだと思っているので、自分の思いとチャンスが凄くマッチングしたなと思っています。

強い気持ちで臨んでいきたい
──では、やっぱり試合数を多く組んでほしいという希望があるんですか?

LEONA レスラーになった以上、リングに上がることが一つの目的であり、それがレスラーになった意味ですから。僕はずっと言ってんのは、本当に何年のレスラー人生かわからないですけど、1日、1時間でも長くファイトしていたい。そういう気持ちです。

──今回の参戦について、お父さんに何かを相談されたり、声をかけてもらったことはありますか?

LEONA もちろんドラディション所属ですので父のほうにもこの話は届いています。こういうチャンスをもらったということで、父としてもしっかり闘ってこいと。ドラディションの時は自分の団体ですので一緒に行動することもありますし、他団体でタッグを組むこともあります。でも、自分が一人でいろんな団体に行く時は自分の責任で、自分の身を自分で守って、ファイトして、自分を発揮してこいとずっと言われているので、そういったことに関してはノアに参戦することで同じことは言われました。あと一個、凄い辛辣だったのは、自分の実力で自分のレスリングを発揮できない場合は、お前はレスリング界から存在として消えていくしかないんだよと。だから、それはどういう意味か、3年間のファイトの中でわかってきただろうと。自分も藤波辰爾の息子だからということで、何もかもが飛び級で何もかもが許されることではないということはデビューの前からわかっていますし、その気持ちでファイトしてきましたけど、改めて父から自分でもっともっと発揮していかない限りは、存在が消されて、誰かに追い抜かれていく。その厳しさを身をもって経験しろという。見方によって暖かいと思うんですけど、非常に厳しい言葉を投げかけられています。

──ということは危機感が非常に強い状態での今回の参戦となるということですか? 背水の陣というか。

LEONA まあ、レスラー全員が抱えている葛藤というか、そういったものを改めて言葉で教えられたような気がします。もちろん自分も安心して今まで闘ってきたつもりはないですし、これからもそんな約束された何かがあるわけではないと感じているので、その時にトップに立つ選手というのはその時その時のチャンスをものにして、厳しい中でも自分のスタイル、レスリングを貫いてきた人が上に立つ。それは父の背中を見て大いに感じてきているので、そういう強い気持ちで臨んでいきたいと思います。

内田 ちょっと補足をさせていただきますけど、もちろんLEONA選手のお父さんも面識もありますし、お話したこともあります。また、LEONA選手自身も試合を何度か見たことがあります。ただ、その中で、昨日のノアの参戦をアピールした思いとか、なかなか今までちょっと距離を置いて見ていた時には、そういう熱さとか情熱は感じ取れなかったんですけど、昨日の参戦を要求した時の意志の強さ、思いの強さ、熱さっていうのを感じましたんで、プロレスリング・ノアの立場からこういう選手はぜひウチのリングに上がってもらって、当然私たちも点で考えてはいないので、結果を残してもらって、長く参戦していただくと。そしていつかベルトに挑戦するに値する存在になってもらいたいというふうに強く思っていますし、当然藤波さんという偉大なレスラーの影が見え隠れしますけど、我々としてはキャリア3年、4年の選手と同等の扱いで、拳王と「火祭り」で闘って、負けた時の悔しさをぶつけてもらって、そして拳王という選手がどういう環境で育って、ああいうレスラーになったのか、ああいう強さを持った選手になったのかというのを肌身で感じていただいて、LEONA選手の糧になって、ノアで一皮も二皮も剥けたLEONA選手になってくれればいいなという期待感があります。という中で8月6日、丸藤選手と組んで試合をしますけど、相手がKAZMA SAKAMOTO&コーディ・ホールと一癖二癖もある人間とどういう闘いをするのか、非常に興味あります。非常に期待感もあって、興味もあります。このきっかけを作った拳王選手も8月31日にZERO1で世界ヘビー級への挑戦も決定していますし、そういう目標とした選手に離されないようにLEONA選手にはどんどんがんばっていっていただきたいと思っております。

【終】
チケット好評発売中!
8月6日(日)後楽園ホール大会情報
大会
DEPARTURE2017
8月6日(日)11時15分開場、12時試合開始


会場
後楽園ホール
東京都文京区後楽1-3-61
〔アクセス〕
・JR、地下鉄「水道橋」駅、又は地下鉄「後楽園」駅より徒歩3分
・有料駐車場有り
チケット好評発売中です!
8月6日(日)後楽園ホール大会チケット情報
前売料金
S席 7,000円
A席 5,000円
B席 4,000円

当日券
S席 7,000円
A席 6,000円
B席 5,000円
C席 4,000円
一般立見 3,500円※当日枚数限定発売
小中学生立見 1,000円※当日枚数限定発売
・小学生以上は有料です。 ・未就学児の方で保護者のお膝の上でご観戦いただく場合は保護者お1人につき、お子様1人まで無料となります。
チケット前売り所
ローソンチケット 【Lコード:34566】
ローソン、ミニストップ店頭ロッピーにて購入可能 0570-084-003

チケットぴあPコード予約専用 【Pコード=594-150】
ぴあスポット、サークルK・サンクス全店、セブンイレブン全店にて販売・発券可能 0570-02-9999
http://pia.jp/t

e+(イープラス) http://eplus.jp/
パソコン&携帯にて予約→セブンイレブン全店、ファミリーマート各店頭にて購入可能

Confetti(カンフェティ) 0120-240-540 http://www.confetti-web.com/
後楽園ホール5階事務所 03-5800-9999
書泉ブックタワー(秋葉原) 03-5296-0051
書泉グランデ(神保町) 03-3295-0011
チャンピオン(水道橋) 03-3221-6237
うまい肉と麺の店 ヨネ家 03-3751-3050

8月6日(日)後楽園ホール大会情報はコチラ!

~皆様のご来場をお待ちしております!~

お知らせ

弊社所属 Hi69選手は8月6日に開催される
PRO-WRESTLING A-TEAM“熊本特別興行”~The Door to Tomorrow~
に参戦のため、本大会を欠場となります。
皆様に於かれましてはご迷惑をお掛けすることをお詫び申し上げますと共に
ご理解賜りたくお願い申し上げます。

シングルマッチ15分1本勝負

小川良成
小川良成 vs 井上雅央<br>(フリー)

井上雅央
(フリー)

7分35秒

スモールパッケージホールド

タッグマッチ30分1本勝負

丸藤正道
丸藤正道 vs コーディ・ホール

コーディ・ホール

LEONA
(ドラディション)
LEONA<br>(ドラディション) KAZMA SAKAMOTO<br>(フリー)

KAZMA SAKAMOTO
(フリー)

10分32秒

みちのくドライバーⅡ→片エビ固め

タッグマッチ30分1本勝負

中嶋勝彦
中嶋勝彦 vs モハメド ヨネ

モハメド ヨネ

齋藤彰俊
齋藤彰俊 クワイエット・ストーム

クワイエット・ストーム

8分2秒

50cm腕ラリアット→片エビ固め

GHCジュニア・ヘビー級王座次期挑戦者決定戦進出者決定3WAYマッチ 時間無制限1本勝負

◯大原はじめ
vs
×諸橋晴也
vs
タダスケ

12分22秒

ムイビエンクラッチ


※大原はじめが8.12横浜ラジアントホール大会にて行われるGHC Jr.ヘビー級選手権次期挑戦者決定戦へ進出

GHCジュニア・ヘビー級王座次期挑戦者決定戦進出者決定3WAYマッチ 時間無制限1本勝負

◯原田大輔
vs
×熊野準
vs
HAYATA

10分45秒

片山ジャーマンスープレックスホールド


※原田大輔が8.12横浜ラジアントホール大会にて行われるGHC Jr.ヘビー級選手権次期挑戦者決定戦へ進出

シングルマッチ30分1本勝負

マイバッハ谷口 
マイバッハ谷口  vs 潮崎 豪

潮崎 豪

11分32秒

豪腕ラリアット→体固め

3WAYマッチ30分1本勝負

◯小峠篤司
vs
拳王
vs
×マサ北宮

13分35秒

片エビ固め※サイト―スプレックスを切り返して

GHCジュニア・ヘビー級選手権試合60分1本勝負

(第35代選手権者)

石森太二
石森太二 vs YO-HEY<br>(フリー)

(挑戦者)

YO-HEY
(フリー)

19分44秒

450°スプラッシュ→エビ固め


※第35代選手権者石森太二初防衛に成功。