ツアー

2017.11.01

【GHCジュニアタッグに挑戦表明、RATEL’S対決に異議あり!】グルクンマスク、首里ジョー に直撃インタビュー!

7月に行われた『第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦』に沖縄から参戦したグルクンマスク&首里ジョー。結果こそ残せなかったものの、唯一のマスクマンコンビでリーグ戦に華を添えた。9月に参戦した9.8熊本での6人タッグではグルクンマスクがYO-HEYをフォール。9.10博多で行われた8人タッグの3本勝負では首里ジョーがYO-HEYを、グルクンマスクがHAYATAをそれぞれフォールしチャンピオンチームから直接勝利をもぎ取り、王座挑戦をアピールしていた。しかしそのアピールが無視される形で10.28後楽園にてRATEL'S対決での防衛戦が行われた。グルクンマスク&首里ジョーに現在の心境を直撃インタビュー!


緑のリングは改めて感慨深かった(グルクン) レベルの高さを感じた(ジョー)
グルクンマスク情報_001

ーー10月上旬にツイッター上でGHCジュニアタッグ挑戦の件で異議を唱えていらっしゃいましたので今回お話を聞かせていただこうと思います。まずは7月に行われたグローバル・ジュニアタッグリーグ戦へ出場しましたが、そこでは好成績を収めることはできませんでした。ノアジュニアに触れてみていかがでしたか?

グルクンマスク 昨年SUPER J-CUPに出場した時に、別の組み合わせに石森選手、原田選手がいて、あーやっぱりすげえな、って素直に思いました。特に原田はもともと良い選手でしたが、さらに上に行ったなあと。で、試合後に「ここを点にせず線にして今後も新日本やNOAHのリングに上がりたい」って言いましたから、やっぱり緑のリングは改めて感慨深かったですね。リングという物質的な感想は「ロープが太くて回るしやりにくいな」と(笑)

首里ジョー 単純にレベルの高さを感じました。どの選手も心技体が高い次元で備わってると思います。その中で自分がどこまでやれるのかと、楽しみでもありました。


そんなに身内でベルト回して、大事にしたいんですかね。ベルトって過保護にするより、「可愛い子には旅をさせよ」くらいがちょうどいいんですよ(グルクン)
グルクンマスク情報_002

――9.8熊本大会、9.10博多大会のジュニア3本勝負と立て続けにHAYATA&YO-HEYから勝利を奪いジュニアタッグへの挑戦表明したものの、その後組まれたのはRATEL’S対決という事でそこに異議を唱えていましたが?

グルクン 公式戦で確かに結果は残せませんでしたけど、実質3カウントを直接取ったのに挑戦はないというのが、あーそんなもんかなって。そんなに身内でベルト回して、大事にしたいんですかね。ベルトって過保護にするより、「可愛い子には旅をさせよ」くらいがちょうどいいんですよ。それに身内でベルト回しても、ユニットは盛り上がるかもしれないけれど、それはNOAHを盛り上げる事になるのか、もっと言えばプロレス界が盛り上がるのか?と。

ジョー 自分達がチャンピオンチームからそれぞれ3つ取ったにも関わらず、挑戦は無かったので、やっぱり納得はいかなかったです。ここで何も言わなかったら、自分達が勝ったことすら無かった事になる。折角掴んだチャンスがふいになる。とにかく存在をアピールせねばと。


今度こそは自分達が挑戦します(ジョー)
グルクンマスク情報_003

――ご存知だとは思いますが10.28後楽園ホールでのRATEL’S同士でのタイトル戦に勝利したのはHAYATA &YO-HEYでしたが、次の挑戦はもちろんご自身たちのタッグでということでしょうか?

グルクン そりゃそうでしょう!沖縄はもちろん、内地(本土)のファンも其の方が面白いだろうし、チケットも売れるんじゃないですか?チケット売れるんなら、フロントが黙ってないでしょう(笑)

ジョー もちろんです。今度こそは自分達が挑戦します。


ーーもし挑戦するとしたら、日時や場所の希望はありますか?

グルクン 日程の希望は早ければ良いなと思うくらいでそんなに無いんですけど、場所に関しては目立てる所ですね。マスコミ来てくれる所。たくさん人が集まる所。こないだDNAの二人が横浜文体で挑戦していたのは僕の中で相当悔しかったですから。ということで関東近辺です。沖縄、どうせマスコミ来ないでしょ?どんだけビッグマッチやっても、来た事ないですから。僕らはそれで何度も忸怩(ジクジ)たる思いを抱えてきましたから。

ジョー より自分達をアピールできる所です。普段は沖縄なのでなかなかそういう機会に恵まれない。挑戦するのであればより多くの人の目に触れるような場が希望です。


ベルトを獲ったら防衛戦やってやるから、NOAHごと沖縄に来い(グルクン)
グルクンマスク情報_004

――GHCジュニアタッグベルトはどういうものだと考えていますか?

グルクン 僕の目標であり憧れである(獣神サンダー)ライガーさんが過去に巻いていたベルトという事で、権威あるベルトだと思います。獲ったら、すこしはライガーさんに近づけるんじゃないかなと。それにベルトが獲れたらこれを「手形」にしたいと考えてます。わかりやすく言うと「防衛戦やってやるから、NOAHごと沖縄に来い」と。NOAHさんって、沖縄だけ大会やったことないんですよね?だったら僕らがこのベルト獲って、それをキッカケに初の沖縄大会が開催されて、そこで僕らが地元の声援を受けてアウェイのタイトルを守る、なんてこんなにワクワクする話ないでしょう!

ジョー 権威ある素晴らしいベルトだと思います。ベルトが獲れれば今以上に琉球ドラゴンプロレスを、首里ジョーをアピールしていける。自分自身の価値をより高めていけるんじゃないかと。


――王者組のHAYAYA&YO-HEYに言いたいことはありますか?

グルクン ウチに出てもらったのは2年くらい前かな?其の頃からあまり変化は感じないけど、自信がそこかしこに見えましたね。ですけども、彼らと僕らでは背負う物が違う。彼らは個人であり、ラーテルズというチーム。でもぼくらは琉球ドラゴンという団体を、そして「沖縄のプロレス」を背負ってる。ベルトが相応しいのはどっちか、自ずと答えは出てるはず。また沖縄来たかったらベルト渡しなさい!(笑)

ジョー 自分達はチャンピオンチームから勝ってます、なので次も勝つ自信はあります。
ええからさっさと挑戦させろ!


ーー最後にノアファンへ一言お願い致します。

グルクン 僕たちは日本の端っこで、なんなら海外よりも情報が届かない沖縄というローカルで、プロレスを、歯を食いしばりながらやっています。ローカルだからといって何ら卑下する部分も臆する事もない。プロレスに対する愛情も負けてはいない。僕らがいつも通りやってるいつも通りのプロレスで、ベルト獲って、NOAHも沖縄も盛り上げます!それで防衛戦を沖縄でやるから、沖縄に来て下さい!

ジョー 沖縄のプロレスの凄さ、見せつけたります!そしてベルトも獲ったります!そして防衛戦はもちろん沖縄にて!その時は沖縄に自分達を見に!来てや~