ツアー注目情報

2012.02.25

「The Navig.in February 2012」2月25日(土)後楽園ホール大会 試合終了後コメント

下記の通りお知らせいたします

「The Navig.in February 2012」2月25日(土)後楽園ホール大会 試合終了後コメント
コメント
スペル・クレイジー選手コメント
第3試合 XNL世界選手権試合 60分1本勝負
(第2代選手権者)スペル・クレイジー vs リッキー・マルビン(挑戦者)

<スペル・クレイジー>
「マルビンをパートナーに(GHC)ジュニア・タッグに挑戦したい。チャンスが欲しい。お願いします。」
コメント   

第5試合 モハメド ヨネ&丸藤正道 vs 谷口周平&髙山善廣

▼谷口周平、髙山善廣リング上
<KENTA>「見た?新しいこいつ(谷口)、あんまり気に入っていない感じ?」
(場内から「あんまり変わっていないぞー」)
「いいよ、そういうの。これからこいつ(谷口)さらにやばくなるから見とけ。間違えないから。」
(場内から野次)
「そういうの大好き。嫌いじゃないよ、そういうの。今日からこいつ変わったから。」
大川リングアナウンサーをリング上に上げ耳打ち
大川「NO MERCY マイバッハ谷口」とコール
コメント GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
(第23代選手権者・DIAMOND RING)中嶋勝彦 vs 石森太二(挑戦者)

▼リング上
<平柳>「ちょいちょいちょい、おい、まさかカチュヒコ無視するとはな。待て待て待て。て言うかお前何だ?」
(青木選手場内に)
<平柳>「この中嶋と“石ノ森”の試合は俺への挑戦権決定戦で、カチュヒコが勝ったから次、俺とやるんだよ。お前さぁ、カチュヒコに負けたばっかりだよな?まだちょっと早い。だから青木、お前のかたき、俺がとってやろうか。」
(場内から「青木が良い」との声)
<青木>「お前、聞けば分かるだろ?!俺もこのベルトが欲しいから挑戦はしたい。でもここで俺が言っていても面白くないから、おい、お前が決めろ。」
<中嶋>「俺の目的はお前じゃない、お前でも無い(青木&平柳)。だけど口ばっかりうるさいから、お前(平柳)で良いよ。だけど俺、思いっきり行くから。」
<平柳>「俺だって、いつ?俺、後楽園がいいわ。後楽園好きだわ。3月7日がいい。俺の誕生日の2日前。それで検討しといて下さい。永源さん。中嶋もお前ら(会場)も、誰も俺が勝つなんて思ってないんだ。誰一人としてだ。でも俺も珍しく本気だ。中嶋、殺すぞこの野郎。」
<中嶋>「長いんだよ、マイク。検討なんか良い。3月7日、後楽園だろ?永源さん、永源さん、どうですか?永源さん。3月7日お願いします。」

  

▼インタビュースペース
―防衛戦を終えての感想を
<中嶋>「何かもうあの時の石森さんじゃないし、俺の知っている石森さんではないし、あんな石森さん初めてでした。初めて見ました。でも苦しくてうまく言えないですけど、でも何か勝ってホッとしたんですけど、でも石森さんとああやってサシでやれて、またこのタイミングも良かったと思います。自分も今ベルトを持っていて状態も良いし、石森選手もきっとこの日の為に、ベストな状態を作ってきたと思うんで、お互いベスト同志でやって、ベルトを賭けてやって良かった。石森さんとじゃないと出来なかった試合だと思う。良かったです。」

―戦っていて向こう(石森)のハートを感じましたか?
<中嶋>「もちろん感じました。ビシビシと。でもその気迫に負けられないし、ベルトもあるし、あとはもう意地。意地っ張りな試合だったと思います。」

―足攻めをする場面がありましたけど?
<中嶋>「はい。だって早いですからね。足潰しとかないと、次いけないです。新人のタッグを組んでいる時からそれは感じていますし、だから始めから足を狙っていった。じゃないと勝機が見えないと思った。とりあずチャンスがある方向を狙っていきました。」

―試合後には平柳選手と青木選手が出てきました。
<中嶋>「まあ口うるさいってのもありましたけど、もっと青木選手とはこの間やったばっかりと言うか、結果が出た。僕自身も向こうもきっと“まだまだ”だと思った試合だったかもしれない。もっと短期間にやるのも良いけど、もっと時間が経ってからやるのも良いんじゃないかなと思いますし、自分は今以上強くなった青木選手ともう一回肌を合わせたい。青木選手は強いから。お互い実ってから僕もまだまだだと思うし。そのためのベルトだと思うし、このベルトと成長していきたい。そしてノアのジュニアを盛り上げていきたい。口うるさいやるはとっとと消します。」
「自分の中では平柳選手、そこまで印象にないです。試合終わって来るのも良いけど、なんか違うんじゃないかな、と。簡単な気持ちで入って来られちゃたまりません。そんな簡単なものじゃない。俺だってやっととったんですよ。だから早く消す。」
コメント GHCヘビー級選手権前哨戦6人タッグマッチ 齋藤彰俊&秋山準&森嶋猛 vs 佐々木健介(DIAMOND RING)&潮崎豪&杉浦貴

▼森嶋選手リング上
「今日は負けたけど締めて良いか?分かってる?」
「やる気、元気(場内から“モリシ―”)、Don't Stopだ(場内“バカやろー”)」

▼森嶋選手バックステージ
<森嶋>「横浜文体、セミがビッグなカードだから負けないようにやるだけ。」

―杉浦選手は?
<森嶋>「一発一発が効くし、肉体が続く限りは会話したい。」


  

▼潮崎選手バックステージ

―秋山選手から試合後に“武藤敬司を口説いて来い”と言われていましたが?
<潮崎>「武藤敬司を口説いて来いって??タイトルマッチ、武藤敬司、俺の隣に立ってもらいます。タイトルマッチ、GHCタッグ、武藤さんに声をかけさせてもらいます。絶対に実現するから!」

15分1本勝負

井上雅央
井上雅央 vs 北宮光洋<br>(DIAMOND RING)

北宮光洋
(DIAMOND RING)

10分31秒

逆エビ固め

タッグマッチ20分1本勝負

梶原慧
(DIAMOND RING)
梶原慧<br>(DIAMOND RING) vs ハーレム・ブラバド

ハーレム・ブラバド

宮原健斗
(DIAMOND RING)
宮原健斗<br>(DIAMOND RING) ランス・ブラバド

ランス・ブラバド

10分16秒

原爆固め

XNL世界選手権試合60分1本勝負

(第2代選手権者)

スペル・クレイジー
スペル・クレイジー vs リッキー・マルビン

(挑戦者)

リッキー・マルビン

17分58秒

エビ固め


※第2代王者・スペル・クレイジー選手が9度目の防衛に成功

タッグマッチ30分1本勝負

(ANMU)

青木篤志
青木篤志 vs 平柳玄藩

(NO MERCY)

平柳玄藩

(ANMU)

鈴木鼓太郎
鈴木鼓太郎 金丸義信

(NO MERCY)

金丸義信

6分30秒

両者KO

タッグマッチ45分1本勝負

モハメド ヨネ
モハメド ヨネ vs マイバッハ谷口

(NO MERCY)

マイバッハ谷口

丸藤正道
丸藤正道 高山善廣<br> (高山堂)

(NO MERCY)

高山善廣
(高山堂)

13分29秒

変型パワーボム → エビ固め

GHCジュニア・ヘビー級選手権60分1本勝負

(第23代選手権者)

中嶋勝彦
(DIAMOND RING)
中嶋勝彦<br>(DIAMOND RING) vs 石森太二

(挑戦者)

石森太二

24分20秒

右ハイキック → 体固め


※第23代王者・中嶋選手が2度目の防衛に成功

スペシャル6人タッグマッチ 60分1本勝負 ※GHCヘビー級選手権前哨戦

齋藤彰俊
(フリー)
齋藤彰俊<br>(フリー) vs 佐々木健介<br>(DIAMOND RING)

佐々木健介
(DIAMOND RING)

秋山 準
秋山 準 潮崎 豪

(ANMU)

潮崎 豪

森嶋 猛
森嶋 猛 杉浦 貴

杉浦 貴

22分41秒

ムーンサルトプレス → 片エビ固め