ツアー注目情報

2012.03.19

森嶋猛選手&中嶋勝彦選手記者会見

下記の通りお知らせいたします

森嶋猛選手&中嶋勝彦選手記者会見
コメント   

■森嶋猛選手&中嶋勝彦選手記者会見

―中嶋選手から組みたいいうのはなぜ?
<中嶋>「森嶋さんがいっている「Don't stop」自分もすごい感じる部分もあって、僕も僕で止まれないし、止まれない者同士ベルトをもってリーグ戦を突破できたらいいなと思ってます。僕はジュニア、森嶋さんはヘビーを持って気持ち部分で共通するという事が感じたので、是非組ませていただけたらと自分からお願いしました。リーグ戦の途中で15日(北沢)に防衛戦があるんで、しっかり防衛してリーグ戦を突破したいです。」

―このタッグの可能性は?
<森嶋>「(中嶋選手とは)散々やりあってもいたし、ジュニアでチャンピオンとして暴れているんで、俺は軍団じゃないしお互いチャンピオンとして負けられないリーグ戦だと思うし、優勝は大前提でいきたいと思います。あとここで取ればタッグのベルトも狙えると思うんで全部俺らが取ってもっともっと盛り上げていきたいです。」

―佐々木選手以外のヘビー級と組むのは
<中嶋>「普段は佐々木さんと組んででてましたが、自分の中で佐々木さんと試合がしたいということと、対ヘビーという部分で自分の幅を広げていきたいという個人的な思いもあるので。佐々木さんと組んでいても意味がない、森嶋さんと組んで自分の幅を広げていきたいという気持ちもある。チャンピオン同志気持ちが一致した部分をリーグ戦に生かしてこの勢いで突破したい。」

―警戒するチームは
<森嶋>「タッグチャンピオンチームも気になるし“X”も気になるし、タイトルマッチの相手マイバッハどうなのか、楽しみにしてます。」
<中嶋>「個人的には佐々木さんと健斗のチームと、もちろんチャンピオンチーム、勝てばチャンスが広がってくるし見えてくるものがあると思うんで。でもこのメンバーの中で一番輝いて、一番勢いのあるチームは俺達だというのを見せていきたいです。」

―“X”で来てほしい選手は?
<中嶋>「誘導的な質問ですか? 橋本大地選手ですか。すごい素晴らしい選手だと思うし気持ちのいい選手だと思うが、でも1年目というのもあるし、もし“X”が橋本大地選手であるならば前回の対戦した僕じゃないというのを見せられるかなと。まぁそこはあまり深く考えてはいないです。」

―具体的な連携は?
<森嶋>「まだない。この前1回組んで(2月26日前橋)、馴染んでくるまで時間がかかるかもしれないし、状況でなにかできればいい。」
<中嶋>「森嶋さんのパワーだったり自分の柔軟性だったり、お互い補える幅の広いチームだと思います。」

―GHCタッグは?
<中嶋>「それはもう憧れのベルトなんで挑戦できるチャンスがあればいいですけど、その前に今できることをやっていきたいし確実にモノにしていきたいと思っている。この勢いのままただ行くんじゃなくて意味のある1歩を踏み出していきたいし、次にも繋げていきたいしその先にあるGHCタッグのベルトだったらすごく光栄だし絶対取りにいきたいです。」

―GHCヘビーはジュニアの選手も挑戦している。将来的には見据えている?
<中嶋>「そうなればいいのかもしれないですけど、今ジュニアのベルトを持っていてジュニアを盛り上げたいというのがあるんで中途半端にならず、やるべきことをした上で見えてくるのがあると思うし。ジュニアですが幅を広げていく上で対佐々木さんというものも見据えているのでジュニアの枠だけには収まりたくない。すげぇジュニアを目指していきたい。」

グローバルタッグリーグ2012の詳細は【グローバルタッグリーグ2012】をご参照下さい


~ご来場お待ちしております~