ノアカレンダー
G+サムライTV
2016年8月ツアー日程発表
ツアー最新情報はコチラ!
次回の大会

日テレG+ presents「第10回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦」

後楽園ホール

7月30日(土) 18:30~

詳細へ
[前売]
S席:10,000円
A席:7,000円
B席:5,000円
C席:売り切れ

[当日]
S席:10,000円
A席:7,000円
B席:6,000円
C席:売り切れ
D席:4,000円
一般立見:3,500円
小中学生立見:1,000円

丸藤正道選手、中嶋勝彦選手は新日本プロレスG1 CLIMAX26出場の為、欠場となります。
皆様に於かれましてはご迷惑をおかけすることをお詫び申し上げますとともに、
ご理解賜りたくお願い申し上げます。

潮崎 豪
vs 杉浦 貴
リーグ戦1位
リーグ戦1位
vs リーグ戦2位
リーグ戦2位

選手の怪我などにより変更される場合があります

8月6日(土) 18:00~
ディファ有明
8月18日(木) 19:00~
新宿FACE
8月21日(日) 15:00~
有明コロシアム
8月24日(水) 18:30~
新百合トウェンティワンホール
8月25日(木) 19:00~
ディファ有明
8月27日(土) 17:00~
清水マリンビル
8月28日(日) 17:00~
神戸サンボーホール
8月29日(月) 18:00~
じゅうろくプラザ(岐阜市文化産業交流センター)
9月4日(日) 18:00~
長野アークスセンター
9月10日(土) 12:00~
後楽園ホール
9月13日(火) 19:00~
新宿FACE
9月14日(水) 19:00~
京都KBSホール
9月15日(木) 18:30~
米子コンベンションセンター ビッグシップ
9月17日(土) 18:30~
エディオンアリーナ大阪 第2競技場
9月19日(月) 18:00~
山形ビッグウィング
詳細へ
詳細へ
試合結果

日テレG+ presents「第10回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦」

新宿FACE

7月25日(月) 19:00~

詳細へ
チケット購入 ローソンチケット携帯からのご購入イープラス電子チケットぴあ
インターネット配信でNoahの試合を視聴!
サムライTVオンデマンド
プロ格DXスマートフォン対応
無題ドキュメント
ツアー

2012.04.08

グローバル・タッグリーグ戦2012公開記者会見

下記の通りお知らせいたします

グローバル・タッグリーグ戦2012公開記者会見
記者会見   

グローバル・タッグリーグ戦2012公開記者会見
2012年4月8日(日)後楽園ホール5階展示場

・リーグ戦にかける意気込み
・マークしなければならないチーム


  

(1)秋山準選手&齋藤彰俊選手
<秋山>
このグローバル・タッグリーグ戦そのものを盛り上げなければいけない。チャンピオンとして前年度優勝。全チームと良い試合をして、全部勝って、ノアを前へ前へと進めないといけないと思っています。
<齋藤>
この緊張感をちょっと楽しんでいます。マークするチームは全部が全部新しい組み合わせ。昨年組んでいた佐々木さんのところもダイアモンドリングという名前で色んな面で変わっているから新しくなっていると思います。データは無いと思うんで感性でぶっつけ本番。くだけるまで頑張りたいと思います。


  

(2)森嶋猛選手&中嶋勝彦選手
<森嶋>
二人でこのリーグ戦でどれだけできるか。最低限優勝を目指していく。僕らは止まらない。(中嶋選手の)機動力と僕は大きい技でいく。タッグチャンピオンとタイトルマッチが決まっているのでマイバッハが気になる。
<中嶋>
緊張しすぎて今真っ白です。
このすごいメンバーでここに座れて光栄、何を残せるか期待と不安とでいっぱいです。とりあえずリングに上がれば立場は関係ない。今の自分としては立場ははジュニアのチャンピオン、森嶋選手はヘビーのチャンピオン。お互いチャンピオン同志のチームなので負けられないし負けちゃいけないと思っている。全戦全勝でいきたいと思います。


  

(3)丸藤正道選手&モハメド ヨネ選手
<丸藤>
このメンツを見ると、僕とヨネ選手もしかしたら優勝候補と思われていないかともしれませんが、先日出した新技、マッスルドッキングが決まればどのチームでも勝てると思います。あとはヨネ選手が担いでもらえれば、俺がそこにヘルプをするので、これさえ決まれば必ず勝てる。横にいるタッグのチャンピオン(チーム)というのは非常に意識しています。
<ヨネ>
杉浦選手が欠場、そういう無念の思いを背負ってじゃないですけど、そいうのも思いながら戦っていきたいと思います。もちろん狙うのは優勝ですけどチャンピオンチーム秋山、齋藤組を絶対潰したいなと思います。


  

(4)潮崎豪選手&本田多聞選手
<潮崎>
本田さんと久々にに組んで大きい大会に出て、優勝を狙ってバーニングを復活させようと思います。
<本田>
バーニングというチームから声をかけていただいて、今回出場することになった。潮崎選手とのタッグチームでなかなか思いで深いのもあるし、新しいことチャレンジもしなければいけない。これまでやってきたものをすべて私が出して、新しいことに二人でチャレンジできれば。マークするというよりも、一つ一つのチームと最高のことをしていれば結果が後からついてくるのかなぁと思います。でもやはり、最初がチャンピオンチームとですから、どれだけできるか。あとは一人しか来ていないチームどんなことをするのか、だと思います。


  

(5)佐々木健介選手&宮原健斗選手
<佐々木>
今日はこのメンバーに入ってこの席にいられるってことを嬉しく思う。嬉しく思う以上に興奮している。健斗がどれだけやってくれるのか。俺自身も勝ちをガッチリ狙っていきますけれど俺よりもに勝ちに向かっていってほしい。ダイアモンドリングになって輝く男がどこに進むのか見てみたいし、そいういう意味で頑張ります。でもそれは健斗の話であって俺だってデビューして26年。たらたら生きてきたわけじゃない。俺の戦いっぷりをこのメンバーに味あわせるというかしっかりとがっちりと受け止めてもらいたい。そうい意味では目いっぱい戦います。チームとして絶対勝ちたいのは全員だけれど、やはりベルトを持っている森嶋&勝彦、秋山&彰俊。このチームには俺もだけど健斗が面白いんじゃないかなと。俺は俺で意地を出してやっていきます。
<宮原>
昨年も出させて頂いた。今の僕は結果を出したい。このリーグ戦で結果を出して更に上を狙う糧になれば良いなと思っています。優勝を狙います。よろしくお願いします。


  

(6)大谷晋二郎選手&橋本大地選手
<大谷>
大変光栄に思っています。今回このタッグリーグ戦ご覧の通り強豪ばかり。これといってこのチームというのはないけど今後バチバチやっていきたいのは丸藤選手のチームと森嶋選手のチームを意識して。ゼロワンから殴りこんできて、大地はデビューして2年目。優勝したら痛快だと思いませんか?僕はそう信じています。そう信じてリーグ戦に挑みます。
<橋本>
ノアのタッグリーグ、大谷さんに声をかけていただき、ノアのリングに立てるのは光栄。でも出るからには結果を自分なりに残したい。優勝する気になっています。ここにいる選手は全員マークしなければいけないと思っているので全力でやるだけです。


  

(7)髙山善廣選手
<高山>
(マイバッハ谷口は)暴れて皆さんに迷惑をかけると申し訳ないので控室の中にしまってきました。
マイバッハをうまく操縦できるかドキドキで緊張しています。彼がうまく暴れてくれれば何とかなると思います。マークするチームは強いて言えばチャンピオン。

グローバルタッグリーグ2012の詳細は【グローバルタッグリーグ2012】をご参照下さい

もどる