ノアカレンダー
ノアアプリ
G+サムライTV
インターネット配信でNoahの試合を視聴!
次回の大会

ジュン・オート presents SEMex. In CHIBA

千葉Blue Field

11月30日(日) 15:00~

詳細へ
[前売]
S席:7,000円
A席:5,000円

[当日]
S席:7,000円
A席:6,000円
小中学生:1,000円

丸藤正道
北宮光洋
vs 杉浦 貴
齋藤彰俊
原田大輔
ヒロ・トウナイ
(KAIENTAI-DOJO)
梶トマト
(KAIENTAI-DOJO)
vs 小峠篤司
中嶋勝彦
(DIAMOND RING)
熊野 準
森嶋 猛
マイバッハ谷口
拳王
(みちのくプロレス)
大原はじめ
(フリー)
vs マイキー・ニコルス
シェイン・ヘイスト
スペル・クレイジー
ペサディーヤ

選手の怪我などにより変更される場合があります

12月6日(土) 17:00~
有明コロシアム
12月11日(木) 18:30~
名古屋市千種文化小劇場・ちくさ座
12月13日(土) 14:30~
高知サンピアセリーズ(旧ウェルサンピア高知)
12月14日(日) 17:00~
高松シンボルタワー展示場
12月15日(月) 19:00~
京都KBSホール
12月23日(火) 15:00~
ディファ有明
12月27日(土) 18:00~
後楽園ホール
1月10日(土) 18:30~
後楽園ホール
1月12日(月) 17:00~
横浜ラジアントホール
1月18日(日) 16:00~
博多スターレーン
1月20日(火) 18:30~
薩摩川内市・サンアリーナせんだい
1月21日(水) 18:30~
北九州パレス
1月23日(金) 18:30~
広島産業会館 西展示館
1月24日(土) 17:00~
ボディメーカーコロシアム(大阪府立体育会館) 第2競技場
2月1日(日) 18:00~
グリーンドーム前橋・サブイベントエリア
詳細へ
詳細へ
試合結果

Voyage for Colosseum

後楽園ホール

11月24日(月) 18:30~

詳細へ
チケット購入 ローソンチケット携帯からのご購入イープラス電子チケットぴあ
無題ドキュメント
ツアー注目情報

2012.04.29

「グローバル・タッグリーグ2012」最終戦 4月29日(日)後楽園ホール大会 試合後コメント

下記の通りお知らせいたします

「グローバル・タッグリーグ2012」最終戦
4月29日(日)後楽園ホール大会 試合後コメント
コメント ■髙山善廣、マイバッハ谷口 vs エディ・エドワーズ 、コルト"Boom Boom"カバナ
  


[髙山善廣&マイバッハ谷口組試合後]

※ノーコメント
コメント ■潮崎豪、本田多聞 vs 佐々木健介、宮原健斗
  

[潮崎&本田 試合後コメント

― あの肩固めにデッドエンド、バーニングの絆を見ました。
<潮崎> 「俺がただ真似しただけだけど。まぁだけど"本田多聞ここにあり"っていうのを見せたかったんで。そういう気持ちがありました。」

― 本田選手は潮崎選手の動きを見てどうでしたか?
<本田> 「同じチームなんだけど、立場が変わったというか、ヘルプを受けてデッドエンドするんじゃなくて、ヘルプする側に回った。あれは嬉しかった。肩固めも、カットをして肩固めする方に回った。それは非常に嬉しかった。変わっているようで変わっていなくて、実は立ち位置が変わっている。今回ずっとやっていて、リーダーシップを彼が出してくれた時は結果がついてきたんで、私はレスラーとしてリングにあがって、自分の持っている物を全て出せるということの幸せを感じながら、試合をしていました。チョップはね、バーニング魂だね。あそこの最後のところよりも最初の1分に集約されていた。みんな気持ちが入っているものにはついていきますよ。」

― リーグ戦は優勝に手が届きませんでした。振り返って?
<潮崎> 「優勝よりも本田さんと、試合に対する絆、それを深めることができてそれだけですごい収穫があった。」
<本田> 「バーニングでリーグ戦全戦を戦えたのは、感無量。最後の最後にやり切れた感じがある。」

― 次なる戦いに向けて一言。
<潮崎> 「正直、佐々木健介という男にしか向いていなかったけど(佐々木さんが宮原を)成長させる為にリーグ戦、組んだと思うんだけど、(こちらが)危なかったね(笑)。俺はやっぱり"負けてなるか"って気持ちがあいつは強いし、俺も乗せられてあんだけお客さんもワーッとなる熱い試合ができたと思うし、これからもそういう戦いをしていきたい。みんなにそういう試合を見てもらいたい。」

― 本田さんはご自身の今後は?
<本田> 「まだまだ生涯現役です。」
コメント ■森嶋猛、中嶋勝彦 vs 大谷晋二郎、橋本大地

※森嶋&中嶋組はメインを会場内にて観戦。
  

  


[大谷&橋本組試合後コメント]

― 今日チャンピオンチームとの対戦でしたが?
<大谷> 「さすがチャンピオンですね、強いですね、なんて言うと思ったか、このヤロー!ちゃんと言ってやる。強いですね。熱いですね。毎日毎日熱い相手をぶつけてきやがってこのヤロー。ようやってくれたな。見てみろこいつを。おめーらのせいだぞ、ノア!おめーらのせいで、こいつはプロレスがメチャクチャ好きになっちゃったぞ、熱い団体、ノア。熱いレスラーばっかり!言ってやる。じゃましたな。おい、こんな団体な、こんな熱い団体な、来るなと言われても来てやる!バカヤロー。」

― そういう戦いのなかで、橋本選手とタッグを組みましたけど、いかがでしたか?
<大谷> 「大地と組んで正解でした、と言うと思ったか!言ってやる。大地を選んで正解だったよ!おい、こいつは優勝だ!立て、意地でも立て!最後にこのくそヤローどもに言え、お前の思いを全部言え。」
<橋本> 「はい!今回こういう結果になりましたが、僕の中のもう一つの目的のノアの全滅、いつか絶対、ZERO1全滅の時のかたき、それを覚えといてくれ!」

― ファンからは大きな拍手も送られましたが
<橋本> 「正直、全く聞こえていない。はっきり聞こえたのはブーイングだけで。色々な先輩方とあたりましたけど、ノアは全滅させる団体としか思っていないので、いつか絶対かたき討ちします。」

― 大谷さん、最後に一言。
<大谷> 「これだけやられてノアを全滅させるって言っている。いるかこんなヤツ?まだ一年だぞ?!これがZERO1なんだ!何回やられても立ち上がる、これがZERO1なんだ。覚えとけよ!じゃましたな、ノア。」
コメント ■秋山準、齋藤彰俊 vs 丸藤正道、モハメド ヨネ

秋山&齋藤組試合後コメント

<齋藤> 「何もない!」

― 負けなければ優勝でしたが
<秋山> 「負けなければね、負けたから」

―試合は優勢に進めていましたが
<秋山> 「横綱相撲過ぎたのかな。丸藤にそれだけ返す余裕があったということ。」

― リーグ戦を通じてどうでしたか?
<秋山> 「チャンピオンだから優勝してやりたかった。ノアはずっとチャンピオンが優勝していなくて、優勝したかったけど、同じ"一チャンピオン"になってしまった。」

― チャンピオンとしての責任もあった
<秋山> 「ベルトを持っているんで。腰に巻いて。暫定王者でも…。一回(ベルトを)戻しても良いかな。齋藤さんに聞いてみないと。チャンピオンとして勝って改めて巻いて。こうやって負けてそれも2つも。偉そうにベルトを巻いている場合じゃない。一回相談したい。齋藤さんも腕が使えない、力が入らない。負けたのは俺がアシストできなかった。(齋藤さんには)最後まで横に立ってくれてありがとう。」 「これでしゅんとしている訳にはいかない。」
※公式戦終了時に森嶋&中嶋組、丸藤&ヨネ組が
共に勝ち点11点だった為、優勝決定戦開催。
コメント ■森嶋猛、中嶋勝彦 vs 丸藤正道、モハメド ヨネ
  


(試合終了後リング上、記念撮影後、秋山&齋藤、丸藤&ヨネ組で言葉を交わす)

[丸藤&ヨネ組試合後コメント]

― 秋山、齋藤選手と言葉を交わしていましたが?
<ヨネ> 「ベルト、やるしかないでしょ!」
<丸藤> 「俺達は挑戦者じゃない。リーグ戦のチャンピオンで、あっちはタッグベルトのチャンピオン。チャンピオン同志の戦いをしたい。」

― 改めてリーグ戦を終えて
<ヨネ> 「本当にきつかったけど、最高です!」
<丸藤> 「しんどい。しんどいけど、ヨネが担げば俺が飛ぶ!」

― ファンの方に一言
<ヨネ> 「本当に今日はありがとうございます!最後、心が折れそうだったけど皆さんが居たから森嶋猛を担げました。ありがとうございます!(場内からヨネコール)」

― ファンの方が帰らないで残っています。
<丸藤> 「まだ電車があるから…(苦笑)。でもそんなこと関係なく応援してもらえる、そんなプロレスリング・ノアにしたいです。」
※谷口が乱入。森嶋が止めに入る。
<丸藤> 「今日、この場を締めるのは…、やっぱり森嶋さんの合言葉が似合うのは俺達のユニットだ。最後、締めてくれ!」
<森嶋> 「俺は、ノアをもっともっと盛り上げたい!負けたけど、締めます。いいですか?」 「やる気、元気、(場内"モリシ―!!")」 「Don't Stopだ、(場内"このヤロー!!")」

  


(丸藤&ヨネインタビュースペース)

― 優勝、おめでとうございます。
<2人> 「ありがとうございます。」

―激戦を振り返って
<丸藤> 「体、ボロボロですよ。正直言って俺は戦い抜く自信があまりなかった。でもヨネさんの頑張りと、ファンの皆さんの応援が力になりました。」

― ヨネ選手、どんなリーグ戦でしたか?
<ヨネ> 「ただ"信頼"の一言しかないですね。隣にいるパートナーを信じて、最後担ぐだけ。それが俺の役目。あとは全部やらても立ち上がって。最後信頼して担ぐ、それしか無かった。丸さんが言ったように本当にしんどかったし、まさか俺らがこういう位置にくるなんて、誰も予想していなかったし、俺らも信じられない部分もあるけど、でもそれを信じるしかないのが強いのかな、というのは思っています。」

― 今日の2試合を振り返って。
<丸藤> 「秋山、齋藤が盤石というのはその通りだと思う。一瞬の隙をつかせてもらっただけで。強い、強いけど勝ったんだよ、俺達は。だから勝てるっていうこと。それを乗り越えてチャンピオンチーム(森嶋、中嶋)より強力な2人だったけど、そこ(秋山、齋藤組)に勝ったからここにも負けてられないしね。ただただ勢いだけで勝ったような感じだよ。」

― 新生マッスルドッキング、なかなか決まらない場面があったが?
<丸藤> 「ちゃんと昨日、ゆでたまご先生にメールしたもん。」
<ヨネ> 「モリシ―、担いだ時は頭がボーっとしてたけど、飛んでくるのが見えたんでね。これは決まったな、と。お客さんの力で担げた。パワーが出た。」

― リング上で秋山、齋藤組と会話をしていましたが、ベルトへ挑戦か?
<丸藤> 「俺達をチャレンジャーとして見ていない言葉をいっていた。しっかりベルトを奪いに行きたい。」
<ヨネ> 「このリーグ戦を勝ったというのはものすごい自信になった。ベルトの戦いにそのまま持っていけば絶対に獲れると思っています。」

― 森嶋選手は正式に加入?
<丸藤> 「前から欲しいと言っていたし、あの"陽"を一番活かせるのは俺達のところだと思うし、みんな明るいキャラクター、森嶋選手活かせると思う。」

― ファンの皆さんへ
<ヨネ> 「今日で新しい動きが出来たと思うんで、これからドンドンかき回していって、BRAVEだけじゃなくノア全体、プロレス全体を揺るがす、そんなチームにしたいと思います。」
<丸藤> 「俺達はチャンピオンに勝った。なんなら返上しても良い。チャンピオン対チャンピオンだ。面白くしようぜ。」

グローバルタッグリーグ2012の詳細は【グローバルタッグリーグ2012】をご参照下さい

15分1本勝負

(NO MERCY)

平柳玄藩
平柳玄藩 vs 井上雅央<br>(フリー)

井上雅央
(フリー)

7分13秒

首固め

タッグマッチ20分1本勝負

(秋山軍/ANMU)

青木篤志
青木篤志 vs リッキー・マルビン

(BRAVE)

リッキー・マルビン

(秋山軍/ANMU)

鈴木鼓太郎
鈴木鼓太郎 石森太二

(BRAVE)

石森太二

4分55秒

マスドライバー → エビ固め

20分1本勝負

(NO MERCY)

金丸義信
金丸義信 vs ザック・セイバーJr.

ザック・セイバーJr.

5分22秒

タッチアウト → エビ固め

「グローバル・タッグリーグ戦 2012」公式戦 30分1本勝負

(NO MERCY)

マイバッハ谷口
マイバッハ谷口 vs コルト“Boom Boom”カバナ

コルト“Boom Boom”カバナ

(NO MERCY)

髙山善廣
(髙山堂)
髙山善廣<br> (髙山堂) エディ・エドワーズ<br>(ROH)

エディ・エドワーズ
(ROH)

6分07秒

反則(レフェリー暴行、イス攻撃)

「グローバル・タッグリーグ戦 2012」公式戦 30分1本勝負

本田多聞
(フリー)
本田多聞<br>(フリー) vs 宮原健斗<br>(DIAMOND RING)

宮原健斗
(DIAMOND RING)

潮崎 豪
潮崎 豪 佐々木健介<br>(DIAMOND RING)

佐々木健介
(DIAMOND RING)

14分38秒

ゴーフラッシャー → 体固め

「グローバル・タッグリーグ戦 2012」公式戦 30分1本勝負

中嶋勝彦
(DIAMOND RING)
中嶋勝彦<br>(DIAMOND RING) vs 橋本大地<br>(ZERO1)

橋本大地
(ZERO1)

森嶋 猛
森嶋 猛 大谷晋二郎<br>(ZERO1)

大谷晋二郎
(ZERO1)

20分34秒

バックドロップ → 片エビ固め

「グローバル・タッグリーグ戦 2012」公式戦 30分1本勝負

齋藤彰俊
(フリー)
齋藤彰俊<br>(フリー) vs モハメド ヨネ

(BRAVE)

モハメド ヨネ

秋山 準
秋山 準 丸藤正道

(BRAVE)

丸藤正道

18分58秒

フランケンシュタイナー → エビ固め

「グローバル・タッグリーグ戦 2012」優勝決定戦 無制限1本勝負

(BRAVE)

モハメド ヨネ
モハメド ヨネ vs 中嶋勝彦<br>(DIAMOND RING)

中嶋勝彦
(DIAMOND RING)

(BRAVE)

丸藤正道
丸藤正道 森嶋 猛

森嶋 猛

14分11秒

新生マッスルドッキング → 片エビ固め


※丸藤&ヨネ組が「グローバル・タッグリーグ戦 2012」優勝

もどる