ノアカレンダー
ノアアプリ
G+サムライTV
インターネット配信でNoahの試合を視聴!
次回の大会

ジュン・オート presents SEMex. In CHIBA

千葉Blue Field

11月30日(日) 15:00~

詳細へ
[前売]
S席:7,000円
A席:5,000円

[当日]
S席:7,000円
A席:6,000円
小中学生:1,000円

丸藤正道
北宮光洋
vs 杉浦 貴
齋藤彰俊
原田大輔
ヒロ・トウナイ
(KAIENTAI-DOJO)
梶トマト
(KAIENTAI-DOJO)
vs 小峠篤司
中嶋勝彦
(DIAMOND RING)
熊野 準
森嶋 猛
マイバッハ谷口
拳王
(みちのくプロレス)
大原はじめ
(フリー)
vs マイキー・ニコルス
シェイン・ヘイスト
スペル・クレイジー
ペサディーヤ

選手の怪我などにより変更される場合があります

12月6日(土) 17:00~
有明コロシアム
12月11日(木) 18:30~
名古屋市千種文化小劇場・ちくさ座
12月13日(土) 14:30~
高知サンピアセリーズ(旧ウェルサンピア高知)
12月14日(日) 17:00~
高松シンボルタワー展示場
12月15日(月) 19:00~
京都KBSホール
12月23日(火) 15:00~
ディファ有明
12月27日(土) 18:00~
後楽園ホール
1月10日(土) 18:30~
後楽園ホール
1月12日(月) 17:00~
横浜ラジアントホール
1月18日(日) 16:00~
博多スターレーン
1月20日(火) 18:30~
薩摩川内市・サンアリーナせんだい
1月21日(水) 18:30~
北九州パレス
1月23日(金) 18:30~
広島産業会館 西展示館
1月24日(土) 17:00~
ボディメーカーコロシアム(大阪府立体育会館) 第2競技場
2月1日(日) 18:00~
グリーンドーム前橋・サブイベントエリア
詳細へ
詳細へ
試合結果

Voyage for Colosseum

後楽園ホール

11月24日(月) 18:30~

詳細へ
チケット購入 ローソンチケット携帯からのご購入イープラス電子チケットぴあ
無題ドキュメント
ツアー注目情報

2012.12.09

「GREAT VOYAGE 2012 in RYOGOKU vol.2」12月9日(日)両国国技館大会 小橋建太選手コメント

下記の通りお知らせいたします

「GREAT VOYAGE 2012 in RYOGOKU vol.2」12月9日(日)両国国技館大会
小橋建太選手コメント
コメント ■第5試合終了後、小橋建太選手がリング上より皆様にご挨拶申し上げました

 

【小橋建太選手リング上ご挨拶】
「まず最初に言っておきたいことがあります。一部報道されたノアからの戦力外通知、解雇などという事は一切ありません。ですが、実は4年前から首の影響で左足に力が入らなくなってきていました。医師から緊急手術をするか引退するかどちらかを決めてほしいと言われました。今年7月に思い切って首を手術しました。この間、復帰を目指して頑張ってきました。しかし、依然として状態は悪くここに来て私自身、完全復活は無理だと判断し、引退することを決意しました。でもプロレスは僕の命です。もう一度もう一度だけリングに上がって完全燃焼して自分のプロレス人生に区切りをつけたいと思います。これからの人生はプロレスで学んだ不屈の精神、一生懸命頑張っていきたいと思います。本当に皆さん、何も無かった自分がここまで来れたのは、皆さんの本当に応援があったから。だから頑張れたと思います。皆さんに対して出る言葉は本当に感謝の気持ちしかありません。でも、もう一度もう一度だけ自分のコンディションを作ってリングにあがります。もう一度だけお願いします。皆さんありがとうございました。自分がこうして引退宣言をする日が来るなんて思わなかったです。小橋建太に世代交代は無いと言ってきましたが、自分でこういう日が来るなんて思いませんでした。しかし、時代は動いています。人間必ずこういう時が来ます。しかし人生が終わったわけではありません。これからもう一度頑張ってこの充実したプロレス人生に負けない人生を送りたいと思っています。皆さん本当にどうもありがとうございました。」

 

【バックステージ】

―最後に赤コーナーに立って頭を下げていましたが、今の気持ちは?
<小橋>
「自分が小橋建太のプロレスが出来ないと判断して、自分で決めたことなので。誰に言われたことでもなく、自分自身で決めたことなので。自分で決めたということをはっきりしたかったというのはあります。」

―夏の手術を経て状態が思わしくなかったということですが?
<小橋>
「首だけじゃなくて、膝、腰というのも。首の影響からも膝はなかなか完治し辛いところもあったので。それ以外、首だけじゃなくて膝はもともと悪いですしね。両国大会があって7月の力(力皇猛)の引退セレモニーがあってそこだけはどうしても出たかったので。本当はそれ以前に医師からは手術をすすめられていたのですけど、そこだけは出たかったので。7月の終わりに手術をしました。退院してから骨盤から首に移植をしたのですけど、その骨盤が真っ二つに割れましてそれがアクシデントになりまして、またリハビリが遅れてきたというのもありました。」

―リング上での挨拶中もファンの皆さんから声があったと思います。いかがですか?
<小橋>
「だから言葉が出てこなかった。何か言ったら…、みんな聞きたくないのかなって、聞きたくなくてもそこは言って、でももう一回だけ上がりたい、それまでにコンディションをもう一回作って、そういう体を作って、しっかり、1試合だけやりたいですね。」
「最後の試合っていうのもまだ決まっていないですし、まだあの、手術して半年くらいしか経っていなくて、骨がつく段階ですし、まだコンタクトの練習、人とぶつかる練習はしていないですけど、ウェイトトレーニングはしていますけど、後は骨がついてどれだけ動けるか。腕の神経、足の神経にも来ていたんですけど、先生が言うにはやっぱり『スポーツ選手では最悪な状態。小橋君の場合はスポーツ選手じゃなくて普通のサラリーマンの人が来ても即手術と言われたんですけど。自分としてもはいそうですか、とはならないので。力が入らなくなってきたというのは分かっていたんですけど、そこは、首だけは手術したくないというのがあったので。」

―7月に手術して最終的に決断をしたのはいつですか?
<小橋>
「いつというのは分からない。悩みに悩んだというか。もうやっぱりプロレスを引退というのは自分の頭の中にはなかったので。さっきも言いましたけど小橋建太には世代交代は無いと言ってきましたけど、やはり時代は動いているんだなと。まあでもやっぱり出来ないんだなあと。」

―自分で表明するとなったのは?
<小橋>
「本当は年末までと思っていましたけど、自分自身の口からファンのみんなに一番最初に言いたかった。」

―最後の試合はどういった試合にしたい、という希望は?
<小橋>
「いや、まだ白紙です。」

―今の体重は?
<小橋>
「今、107、8はあるんじゃないですか。一時より練習ができるようになったんですね。左腕とか左足が全く力が入らなかった。首が悪いというのは分かっていたのですけど。力が入らなくて練習とかも左が力が入らないという事は右が出来ないじゃないですか。だから体がしぼんできていたのも自分で分かってきたのですけど、何とか人の何倍も時間をかけてやっていれば何とか。そうしてやるしかないな、と。やっぱり限界というのはありましたけど。」

― 一番調子の良い時の体重はどれくらい?
<小橋>
「チャンピオンの時は115から120の間です。」

―葛藤は?
<小橋>
「苦しいです。まだやっと力が入るようになってきて練習もだいぶできるようになってきた。ウェイトトレーニングとかもできるようになってきた。力が入るようになってきた。でもやめなくちゃいけない。そこの葛藤というのはすごくありますね。体を作ることができるようになってきた。だけどやめなくちゃいけない。首をカバーする膝、腰、肘がないということ。」

「手術をしてもまた試合をしようとしているというこは考えられないと医師からは言われましたけど、先生、僕はプロレスラーなんです。これで生きてきたんです。バカだと言われるかもしれないけど、それだけ好きなんです。いつもプロレスのことを考えてきました。急にやめろといわれても決断できないです。」

―誰かに相談は?
<小橋>
「自分で決めました。小橋建太のプロレスが出来ないという事で自分で決めました。」


もどる