ノアカレンダー
ノアアプリ
G+サムライTV
インターネット配信でNoahの試合を視聴!
次回の大会

グローバル・タッグリーグ戦2015

長野市アークスセンター

4月29日(水) 17:00~

詳細へ
[前売]
S席:8,000円
A席:5,500円
B席:4,500円

[当日]
S席:8,000円
A席:6,000円
B席:5,000円
小中学生:2,000円

森嶋選手欠場に伴い、対戦カードが変更となります。
皆様に於かれましてはご迷惑をお掛けすることをお詫び申し上げますと共に
ご理解賜りたくお願い申し上げます。
丸藤正道
中嶋勝彦
(DIAMOND RING)
vs マイバッハ谷口
マイバッハ2号
鈴木みのる
飯塚高史
ランス・アーチャー
デイビーボーイ・スミスJr.
vs マイキー・ニコルス
シェイン・ヘイスト
ザック・セイバーJr.
ジャック・ギャンブル

選手の怪我などにより変更される場合があります

4月30日(木) 18:30~
名古屋市千種文化小劇場・ちくさ座
5月1日(金) 18:30~
大阪府立体育会館 第2競技場
5月4日(月) 12:00~
【優勝戦】
後楽園ホール
5月10日(日) 17:00~
横浜文化体育館
5月17日(日) 13:00~
埼玉県産業技術総合センター(多目的ホール)
5月21日(木) 19:00~
新宿FACE
5月23日(土) 18:00~
島田市総合スポーツセンター サブアリーナ
5月30日(土) 17:00~
ディファ有明
6月6日(土) 17:30~
横浜ラジアントホール
6月7日(日) 12:00~
新木場1stRING
6月11日(木) 18:30~
名古屋市千種文化小劇場・ちくさ座
6月13日(土) 16:00~
~三沢光晴メモリアルナイト2015~
広島グリーンアリーナ(小アリーナ)
6月14日(日) 17:00~
高松シンボルタワー展示場
6月15日(月) 18:30~
大阪府立体育会館 第2競技場
6月19日(金) 18:30~
後楽園ホール
詳細へ
詳細へ
試合結果

グローバル・タッグリーグ戦2015

~NOAH テイセン FINAL~

札幌テイセンホール

4月26日(日) 15:00~

詳細へ
チケット購入 ローソンチケット携帯からのご購入イープラス電子チケットぴあ
選手紹介
選手紹介
現タイトル: 第32代GHCタッグ選手権者
所属チーム: TMDK
生年月日: 1985年9月24日生
身長: 185cm
体重: 100kg
血液型: -
出身地: オーストラリア・パース
入場テーマ: IF YOU WANT BLOOD
得意技: ボム・バレー・デス、ブラックスワン・スプラッシュ
デビュー戦: 2003年2月 オーストラリア・パースにおける4WAY戦
タイトル歴: GHCタッグ、EPWヘビー級、EPWタッグ(パートナーはマイキー)
twitter: @shanehaste

学生時代はクリケット、柔道、マーシャルアーツで身体を鍛える。[03年]2月、高校在学中の17歳でデビュー。マイキーとのタッグ“TMDK”で活躍中。
[10年]秋にアメリカで行われたWLW&NOAHレスリングキャンプのトライアウトに合格。2・21初来日しマイキーと共に合宿所に入寮。2・23SEMで日本デビュー。3ヶ月の留学期間を終え5月に帰国し、10月6日に再来日。12月にはGHCJr.タッグに挑戦した。帰国すると米マットにも進出。ROHやNWAハリウッドでTMDK旋風を巻き起こした。5月から7月の3度目の来日ではトップ勢とのシングルも増え、着実に成長。9月27日にマイキーと4度目の来日を果たし、11月のGLでは丸藤、齋藤を破る金星を上げた。
[13年]4月の『GTL』でもTMDK旋風を巻き起こし、公式戦で新日本、矢野通&飯塚高史のGHCタッグ王者組を破り、ノア正式入団となった5・12後楽園で挑戦したが敗れた、しかし7・7有コロでリベンジに成功しノアの至宝を取り戻した。8・24後楽園、GTL公式戦で敗れている大日本・佐々木義人&石川晋也の挑戦を退け初防衛。9・7有明でKENTAのGHCヘビーに初挑戦。30分を越える激闘の末敗れてしまった。10・5横浜では杉浦&髙山にV2、12・7有コロで丸藤&中嶋を退けV3。2013年プロレス大賞「最優秀タッグ賞」を獲得。
[14年]1・25大阪で森嶋&マイバッハに敗れ陥落。森嶋率いる「超危暴軍」に矛先を向け、3・8有コロでの再戦を行ったが雪辱ならず。世界一のタッグを自負するTMDKが『グローバル・タッグリーグ戦2014』でも優勝を逃した。GHCタッグ王者、杉浦&田中の「名のある相手とやりたい」の言葉に反応し挑戦アピール。7・5有コロに続いて10・12横浜でも挑戦したが奪還はならなかった。
[15年] 1・10後楽園で「2014年プロレス大賞ベストタッグ賞」を受賞した杉浦&田中に3度目の挑戦で奪取。2015年、好スタートを切ったが鈴木軍との抗争勃発。2・11名古屋でK.E.Sとの初防衛戦が決まった。

もどる