ノアカレンダー
ノアアプリ
G+サムライTV
インターネット配信でNoahの試合を視聴!
次回の大会

3・15へのカウントダウン

新木場1stRING

3月7日(土) 18:30~

詳細へ
[前売]
S席:7,000円
A席:5,000円

[当日]
S席:7,500円
A席:6,000円
高校生:2,000円
小中学生:1,000円

丸藤正道
中嶋勝彦
(DIAMOND RING)
小峠篤司
vs 鈴木みのる
飯塚高史
タイチ
拳王
(みちのくプロレス)
vs TAKAみちのく
平柳玄藩
vs エル・デスペラード

選手の怪我などにより変更される場合があります

3月8日(日) 18:30~
新木場1stRING
3月15日(日) 15:00~
有明コロシアム
3月21日(土) 17:30~
【開幕戦】
横浜ラジアントホール
3月28日(土) 18:30~
後楽園ホール
3月29日(日) 17:00~
アオーレ長岡アリーナ
4月11日(土) 18:00~
新潟市体育館
4月17日(金) 18:30~
栃木県総合文化センター・サブホール(宇都宮)
4月19日(日) 12:00~
【開幕戦】
後楽園ホール
4月23日(木) 18:30~
ベストウェスタンホテル仙台(仙台市泉区)
4月25日(土) 17:00~
~NOAH テイセン FINAL~
札幌テイセンホール
4月26日(日) 15:00~
~NOAH テイセン FINAL~
札幌テイセンホール
4月29日(水) 17:00~
長野市アークスセンター
4月30日(木) 18:30~
名古屋市千種文化小劇場・ちくさ座
5月1日(金) 18:30~
ボディメーカーコロシアム(大阪府立体育会館) 第2競技場
5月4日(月) 12:00~
【優勝戦】
後楽園ホール
詳細へ
詳細へ
試合結果

3・15へのカウントダウン

茨城県立スポーツセンター(水戸)

3月1日(日) 13:00~

詳細へ
チケット購入 ローソンチケット携帯からのご購入イープラス電子チケットぴあ
選手紹介
選手紹介
現タイトル: 第32代GHCタッグ選手権者
所属チーム: TMDK
生年月日: 1985年9月24日生
身長: 185cm
体重: 100kg
血液型: -
出身地: オーストラリア・パース
入場テーマ: IF YOU WANT BLOOD
得意技: ボム・バレー・デス、ブラックスワン・スプラッシュ
デビュー戦: 2003年2月 オーストラリア・パースにおける4WAY戦
タイトル歴: GHCタッグ、EPWヘビー級、EPWタッグ(パートナーはマイキー)
twitter: @shanehaste

学生時代はクリケット、柔道、マーシャルアーツで身体を鍛える。[03年]2月、高校在学中の17歳でデビュー。マイキーとのタッグ“TMDK”で活躍中。
[10年]秋にアメリカで行われたWLW&NOAHレスリングキャンプのトライアウトに合格。2・21初来日しマイキーと共に合宿所に入寮。2・23SEMで日本デビュー。3ヶ月の留学期間を終え5月に帰国し、10月6日に再来日。12月にはGHCJr.タッグに挑戦した。帰国すると米マットにも進出。ROHやNWAハリウッドでTMDK旋風を巻き起こした。5月から7月の3度目の来日ではトップ勢とのシングルも増え、着実に成長。9月27日にマイキーと4度目の来日を果たし、11月のGLでは丸藤、齋藤を破る金星を上げた。
[13年]4月の『GTL』でもTMDK旋風を巻き起こし、公式戦で新日本、矢野通&飯塚高史のGHCタッグ王者組を破り、ノア正式入団となった5・12後楽園で挑戦したが敗れた、しかし7・7有コロでリベンジに成功しノアの至宝を取り戻した。8・24後楽園、GTL公式戦で敗れている大日本・佐々木義人&石川晋也の挑戦を退け初防衛。9・7有明でKENTAのGHCヘビーに初挑戦。30分を越える激闘の末敗れてしまった。10・5横浜では杉浦&髙山にV2、12・7有コロで丸藤&中嶋を退けV3。2013年プロレス大賞「最優秀タッグ賞」を獲得。
[14年]1・25大阪で森嶋&マイバッハに敗れ陥落。森嶋率いる「超危暴軍」に矛先を向け、3・8有コロでの再戦を行ったが雪辱ならず。世界一のタッグを自負するTMDKが『グローバル・タッグリーグ戦2014』でも優勝を逃した。GHCタッグ王者、杉浦&田中の「名のある相手とやりたい」の言葉に反応し挑戦アピール。7・5有コロに続いて10・12横浜でも挑戦したが奪還はならなかった。
[15年] 1・10後楽園で「2014年プロレス大賞ベストタッグ賞」を受賞した杉浦&田中に3度目の挑戦で奪取。2015年、好スタートを切ったが鈴木軍との抗争勃発。2・11名古屋でK.E.Sとの初防衛戦が決まった。

もどる