ノアカレンダー
G+サムライTV
2016年8月ツアー日程発表
ツアー最新情報はコチラ!
次回の大会

Summer Navig.2016

じゅうろくプラザ(岐阜市文化産業交流センター)

8月29日(月) 18:00~

詳細へ
[前売]
S席:7,000円
A席:5,000円
B席:4,000円

[当日]
S席:7,000円
A席:6,000円
B席:5,000円
高校生(要身分証):2,000円
小中学生:1,000円

TAKAみちのく
金丸義信
杉浦 貴
vs 大原はじめ 
拳 王
マイバッハ谷口
タイチ
鈴木みのる
vs 小峠篤司
丸藤正道
エル・デスペラード
飯塚高史
vs 原田大輔
潮崎 豪

選手の怪我などにより変更される場合があります

9月4日(日) 18:00~
長野アークスセンター
9月10日(土) 12:00~
後楽園ホール
9月13日(火) 19:00~
新宿FACE
9月14日(水) 19:00~
京都KBSホール
9月15日(木) 18:30~
米子コンベンションセンター ビッグシップ
9月17日(土) 18:30~
エディオンアリーナ大阪 第2競技場
9月19日(月) 18:00~
山形ビッグウィング
9月20日(火) 18:30~
所沢市民体育館サブアリーナ
9月22日(木) 17:00~
ふじさんめっせ(富士市)
9月23日(金) 18:30~
後楽園ホール
10月8日(土) 18:00~
後楽園ホール
10月11日(火) 19:00~
千葉ポートアリーナ・サブアリーナ
10月13日(木) 19:00~
新宿FACE
10月17日(月) 18:30~
福島市国体記念体育館 サブアリーナ
10月21日(金) 18:30~
銚子市体育館
詳細へ
詳細へ
試合結果

Summer Navig.2016

神戸サンボーホール

8月28日(日) 17:00~

詳細へ
チケット購入 ローソンチケット携帯からのご購入イープラス電子チケットぴあ
インターネット配信でNoahの試合を視聴!
サムライTVオンデマンド
プロ格DXスマートフォン対応

会場情報

2013年9月16日(月) 試合開始:17:00

博多スターレーン

1,700人(超満員)

試合結果

15分1本勝負

カイザー
カイザー vs 北宮光洋<br>(DIAMOND RING)

北宮光洋
(DIAMOND RING)

8分21秒

後頭部へのローリングエルボーバット → 片エビ固め

20分1本勝負

(BRAVE)

小峠篤司
小峠篤司 vs 炎!修市<br>(大分プロレス)

炎!修市
(大分プロレス)

9分11秒

キルスイッチ → 片エビ固め

30分1本勝負

マイバッハ谷口
マイバッハ谷口 vs 田中純二<br>(九州プロレス)

田中純二
(九州プロレス)

8分01秒

マイバッハプレス → 片エビ固め

30分1本勝負

小川良成
小川良成 vs 大原はじめ<br>(フリー)

(NO MERCY)

大原はじめ
(フリー)

12分07秒

横回転エビ固めをつぶして → 片エビ固め

GHCジュニア・ヘビー級選手権試合前哨戦タッグマッチ30分1本勝負

(BRAVE)

モハメド ヨネ
モハメド ヨネ vs シェイン・ヘイスト

(TMDK)

シェイン・ヘイスト

(BRAVE)

石森太二
石森太二 フェニックス<br>(AAA)

フェニックス
(AAA)

13分09秒

スパニッシュフライ → 片エビ固め

BRAVE vs NO MERCY タッグマッチ30分1本勝負

(BRAVE)

中嶋勝彦
(DIAMOND RING)
中嶋勝彦<br>(DIAMOND RING) vs 平柳玄藩

(NO MERCY)

平柳玄藩

(BRAVE)

丸藤正道
丸藤正道 杉浦 貴

(NO MERCY)

杉浦 貴

16分48秒

垂直落下式ブレーンバスター → 片エビ固め

GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合 60分1本勝負

(第18代選手権者)

タイガーマスク
(新日本プロレス)
タイガーマスク<br>(新日本プロレス) vs 熊野 準

(挑戦者)

熊野 準

(第18代選手権者)

獣神サンダー・ライガー
(新日本プロレス)
獣神サンダー・ライガー<br>(新日本プロレス) 原田大輔

(挑戦者)

原田大輔

21分12秒

垂直落下式ブレーンバスター → 体固め

※第18代王者・ライガー&タイガーマスク組が2度目の防衛に成功

GHCヘビー級選手権試合60分1本勝負

(第19代選手権者/NO MERCY)

KENTA
KENTA vs マイキー・ニコルス

(挑戦者/TMDK)

マイキー・ニコルス

23分05秒

GAME OVER

※第19代王者・KENTAが7度目の防衛に成功

もどる