ノアカレンダー
ノアアプリ
G+サムライTV
インターネット配信でNoahの試合を視聴!
次回の大会

Voyage for Colosseum

後楽園ホール

11月24日(月) 18:30~

詳細へ
[前売]
S席:7,000円
A席:5,000円
B席:4,000円

[当日]
S席:7,000円
A席:6,000円
B席:5,000円

杉浦 貴
田中将斗
(ZERO1)
vs 丸藤正道
モハメド ヨネ
拳王
(みちのくプロレス)
vs 獣神サンダー・ライガー
(新日本プロレス)
大原はじめ
(フリー)
vs タイガーマスク
(新日本プロレス)

選手の怪我などにより変更される場合があります

11月30日(日) 15:00~
千葉Blue Field
12月6日(土) 17:00~
有明コロシアム
12月11日(木) 18:30~
名古屋市千種文化小劇場・ちくさ座
12月13日(土) 14:30~
高知サンピアセリーズ(旧ウェルサンピア高知)
12月14日(日) 17:00~
高松シンボルタワー展示場
12月15日(月) 19:00~
京都KBSホール
12月23日(火) 15:00~
ディファ有明
12月27日(土) 18:00~
後楽園ホール
1月10日(土) 18:30~
後楽園ホール
1月12日(月) 17:00~
横浜ラジアントホール
1月18日(日) 16:00~
博多スターレーン
1月20日(火) 18:30~
薩摩川内市・サンアリーナせんだい
1月21日(水) 18:30~
北九州パレス
1月23日(金) 18:30~
広島産業会館 西展示館
1月24日(土) 17:00~
ボディメーカーコロシアム(大阪府立体育会館) 第2競技場
詳細へ
詳細へ
試合結果

Voyage for Colosseum

横浜ラジアントホール

11月16日(日) 18:00~

詳細へ
チケット購入 ローソンチケット携帯からのご購入イープラス電子チケットぴあ
無題ドキュメント
ツアー注目情報

2012.11.23

「グローバル・リーグ戦2012 最終戦」11月23日(祝・金)後楽園ホール大会 試合後コメント

下記の通りお知らせいたします

「グローバル・リーグ戦2012 最終戦」11月23日(祝・金)後楽園ホール大会
試合後コメント
コメント ■グローバル・リーグ戦2012 Bブロック公式戦30分1本勝負
齋藤彰俊【3勝3敗=6点】 vs 中嶋勝彦【2勝4敗=4点】

 

―最終戦で勝ち点6をあげました
<齋藤>「そうですね。あとは他力本願しかないからね。でもね戦いの部分ってどうなるか分からないからね。こっちにね天が味方してくれればいくでしょうし、でも、みんな強いし。今日、中嶋も近い将来ヘビー級を背負っていく選手だろうし。」

―最後、中嶋選手と言葉を交わされていましたが?
<齋藤>「そうですねやっぱり向こうも空手日本チャンピオンになっていますし、色んな逆境の中、若いところからこの世界に入っているのである意味尊敬しているので、そういった意味で、プロレス界を頼むぞ、というようなことは言いましたけど。悔しさはあるし。また今日、いつもだったら彼もつっかかるのでしょうけど、そうじゃない部分でさらなる器の大きさを。大きくなったなぁということを見て、また楽しみです。」

コメント ■グローバル・リーグ戦2012 Bブロック公式戦30分1本勝負
丸藤正道【3勝3敗=6点】 vs 杉浦貴【4勝2敗=8点】

 

<杉浦>
「待ちだよ、待ち。次の試合を待つ。」

コメント ■グローバル・リーグ戦2012 Bブロック公式戦30分1本勝負
秋山準【3勝3敗=6点】 vs マイバッハ谷口【4勝2敗=6点】

※マイバッハ谷口選手、ノーコメント

コメント ■グローバル・リーグ戦2012 Aブロック公式戦30分1本勝負
モハメド ヨネ【3勝3敗=6点】 vs マイキー・ニコルス【1勝4敗1分=3点】

 

―総括を
<ヨネ>「何だろうな。このリーグ戦、永田裕志の名前を最初から出していてね、あそこを首を刈れたからね。そこが収穫。いつも言っても駄目なことが多かったからリーグ戦自体は残念な結果ですけど、俺の中では大きく燃える物があったし、これからも永田裕志ももちろんだし、対新日本、対他団体、もっともっとやっていきたいですよね。もちろんノアの選手は、このリーグ戦、潮崎、KENTA、森嶋、3人に負けてね、もちろんリーグ戦、ノアの選手が強いのは分かったけど、俺は外には強いんだぞ、ノアは強いんだぞ、って言うことを永田裕志戦で見せられたと思うので、だから外でノアの強さを見せていけたらと、そういう気持ちが一つあります。武者修行じゃないですけどね、修行に出てもう一回ノアのリーグ戦、来年今度こそは決勝戦に残りたいと思います。」

―マイキーはどうでしたか?
<ヨネ>「マイキーも敗退が決まっていたけど、勝ちに貪欲でしたよね。あんな最初から狙っていくなんて彼の戦法じゃないと思うけど、でもビックリさせてどんな手でも得点を獲りに行くというのは、俺もやらなければいけなかったことの一つなのかな。という思いはあります。」

コメント ■グローバル・リーグ戦2012 Aブロック公式戦30分1本勝負
潮崎豪【3勝3敗=6点】 vs KENTA【4勝1敗1分=9点】

 

<KENTA>
「もう後は結果を待つだけ。」

コメント ■グローバル・リーグ戦2012 Aブロック公式戦30分1本勝負
森嶋猛【4勝2敗=8点】 vs 永田裕志【4勝2敗=8点】

 

―王者として最後は締めくくりましたね?
<森嶋>「優勝を目標に掲げて、優勝出来なかった。それは認めます。しかし俺は、色んなヤツが文句を言おうが、俺は会社で顔としてこの一年守ってきた自負がある。両国もしっかり防衛して、俺がBEAVEが中心だっていうこと分かりますよ。今回、永田裕志、俺よりもキャリアがある先輩、他団体、あまりやったことのない、その中でがっつりと勝負してくれた。それはありがたい。でもあそこで握手をしないのが永田裕志だと思うし、まだまだやれると思う。やりがいがあった、それだけ。」

―頭の中は両国に向けて、ということになりますか?
<森嶋>「あと2週間あるから。この体を再生して、しっかり整えて、小島聡、色々言っているけど、俺はそんなに甘くないから。はっきり言っておくよ、覚悟しておいて。あたりは必ず強いと思うから。あの人よりは。ノアに来るっていうことはそういう事だから。俺はあたり強いから、ちゃんと整えてきて欲しい。俺は甘く見ていないし、彼が三冠だ?二冠?今を生きているんだよ。俺は。過去の話をしても意味が無いんだよ。俺は今を生きているんだ。今の顔なんだよ、それを覚悟してちゃんとかかってこい。以上。」

コメント ■第10試合『グローバル・リーグ戦2012』優勝決定戦時間無制限1本勝負
(Aブロック1位) KENTA vs (Bブロック1位) 杉浦 貴

 

【KENTA選手リング上コメント】

―改めて振り返ってどんな試合でしたか?
<KENTA>「あの声援で、もういくしかないって。」

―ファンの方の声援があったからこその結果?
<KENTA>「最近もう本当にせっかく声援をもらっているのに良いところで期待を裏切って…(場内の歓声でコメントを中断)。一人ずつ喋ってくれ。これで少しは恩返しできたかなと、思います。」

―ファンの皆さんに一言お願いします。
<KENTA>「俺がデビューした12年前、ここでこうやって立っている姿を誰も予想していなかった、誰も。でもここで立っているのは俺なわけで、不可能なものなんて無いことを。それはこの団体にも言えること。もう一回こうして沢山の人に見に来てもらえるように。俺なんか小っちゃい光かもしれないけど、明るく照らし続けたいと思います。まだまだこれから新しい景色の続きがあるから、まだまだ目を離さないように。今日は本当にありがとう。」


【KENTA選手バックステージ コメント】

―満員の観衆からの声援でした。
<KENTA>「またこういった空間で出来るように俺らもベストを尽くしていきたい。」

―潮崎戦から杉浦戦、ハードな試合でした。一戦一戦振り返っていただいて、まずは潮崎戦いかがだったでしょう?
<KENTA>「いやもう、きつかったし、もうギリギリなところだったのですけど、最後まであきらめずGAME OVER最後は決めれたので、良かったです。最後まで諦めないこと、これがこのリーグ戦のテーマだったので、結果が出て良かったし、ほっとしています。」

―そして杉浦戦も打撃も交えて厳しい戦いだったと思います。
<KENTA>「ハードな戦いになることは分かっていたし、予想以上でしたけど、それを勝てて非常に嬉しいですね。」

―それにしても今日はKENTA選手への声援が大変大きかったと思いますが。
<KENTA>「その意味を自分の中でしっかり捉えて、今後に活かしていきたいと思います。」

―リング上では安心したと言っていましたが?
<KENTA>「まだまだこれから。今日は何かの始まりの日になれば良いと思うし、またこれから良いもの見せて、こういった空間を一つでも全国につないで作っていきたいと思います。」

―NO MERCYとしても一つ結果を残した大きな意味があると思いますが。
<KENTA>「まだまだこれからです。ここで満足することなく、ここから…。」

―来年1月にGHC挑戦がほぼ見えてきたのでは?
<KENTA>「そうですね。もう決まりと考えて良いのでは。来年早々にも。」

―次の大舞台のカードはまだ?
<KENTA>「刺激的なカードになればと思っていますけど。ありがとうございました。」


「グローバル・リーグ戦 2012」の詳細は【グローバル・リーグ戦 2012 特設ページ】をご参照下さい


15分1本勝負

(TMDK)

シェイン・ヘイスト
シェイン・ヘイスト vs 宮原健斗<br>(DIAMOND RING)

宮原健斗
(DIAMOND RING)

4分36秒

横入り式回転エビ固め

『グローバル・リーグ戦2012』Bブロック公式戦30分1本勝負

(S・A・T)

齋藤彰俊
(フリー)
齋藤彰俊<br>(フリー) vs 中嶋勝彦<br>(DIAMOND RING)

中嶋勝彦
(DIAMOND RING)

8分28秒

ランニング・スイクルデス → 片エビ固め

『グローバル・リーグ戦2012』Bブロック公式戦30分1本勝負

(BRAVE)

丸藤正道
丸藤正道 vs 杉浦 貴

(BRAVE)

杉浦 貴

9分37秒

フランケンシュタイナー → エビ固め


※マイバッハ選手に直接対決で勝っているので杉浦選手が優勝決定戦進出

『グローバル・リーグ戦2012』Bブロック公式戦30分1本勝負

(S・A・T)

秋山 準
秋山 準 vs マイバッハ谷口

(NO MERCY)

マイバッハ谷口

7分33秒

マイバッハボム → 体固め

『グローバル・リーグ戦2012』Aブロック公式戦30分1本勝負

(BRAVE)

モハメド ヨネ
モハメド ヨネ vs マイキー・ニコルス

(TMDK)

マイキー・ニコルス

4分10秒

キン肉バスター → 片エビ固め

『グローバル・リーグ戦2012』Aブロック公式戦30分1本勝負

(S・A・T)

潮崎 豪
潮崎 豪 vs KENTA

(NO MERCY)

KENTA

11分03秒

GAME OVER


※KENTA選手が優勝決定戦進出

『グローバル・リーグ戦2012』Aブロック公式戦30分1本勝負

(BRAVE)

森嶋 猛
森嶋 猛 vs 永田裕志<br>(新日本プロレス)

永田裕志
(新日本プロレス)

15分05秒

バックドロップ → 片エビ固め

タッグマッチ30分1本勝負

(BRAVE)

小峠篤司
小峠篤司 vs 平柳玄藩

(NO MERCY)

平柳玄藩

(BRAVE)

石森太二
石森太二 金丸義信

(NO MERCY)

金丸義信

7分46秒

タッチアウト → エビ固め

6人タッグマッチ45分1本勝負

(ROH)

エディ・エドワーズ
(ROH)
エディ・エドワーズ<br>(ROH) vs ザック・セイバーJr.

ザック・セイバーJr.

(MEXITOSOS/BRAVE)

リッキー・マルビン
リッキー・マルビン 青木篤志

(S・A・T)

青木篤志

(MEXITOSOS)

スペル・クレイジー
スペル・クレイジー 鈴木鼓太郎

(S・A・T)

鈴木鼓太郎

4分49秒

クレイジードライバー → エビ固め

『グローバル・リーグ戦2012』優勝決定戦 時間無制限1本勝負

(Aブロック1位)

KENTA
KENTA vs 杉浦 貴

(Bブロック1位)

杉浦 貴

21分03秒

go 2 sleep → 片エビ固め

もどる