ツアー

2018.09.06

【9.8開幕!GLOBAL Jr. LEAGUE 2018】『一心不乱に優勝目指します!』田中稔選手ミニインタビュー

 
田中稔選手インタビュー_001

9.2後楽園でZERO1の日高郁人&菅原拓也組を退けGHC Jr.タッグ王者として『GLOBAL Jr. LEAGUE 2018』に臨む田中稔選手のミニインタビューです。


ーーGJTL戦ではタッグ王者として優勝決定戦にも進出できず、優勝したHAYATA&YO-HEYに今回のシングルのリーグ戦を提唱されてしまいました

▼稔 普通なら優勝チームはジュニアタッグ挑戦表明するとこなのに全くジュニアタッグには触れずにシングルリーグの話しだったんで「ナメられたもんだな」と腹立ちました。


ーー8.18川崎では、HAYATA&YO-HEYを下して見事に2度目の防衛に成功しました

▼稔 公式戦で負けてますし、ベルト賭けてまた負けて……じゃ俺ら何も残らないですから意地でも勝ちたかったんで安心しましたね。


ーー今回シングルのジュニア・リーグ戦は3年ぶりの開催になります。田中選手は過去に、「BEST OF THE SUPER Jr.」などいろいろのシングルリーグ戦に出場していると思いますが?

▼稔 実はこういうシングルリーグ戦の優勝ってバトラーツ時代の1999年に色んな団体のジュニア選手を集めて開催した「JJC争奪リーグ戦」と2006年の「BEST OF THE SUPER Jr.」の2回しかなくて、ベルト賭かったタイトルマッチと違ってジュニアリーグ戦となると偉そうなこと言える結果を出してないんです。でもオレはGHCジュニアのシングル王座を獲りたくてNOAHに来てますから、このリーグ戦を制したら確実にシングル王座に近づくのでリーグ戦は苦手とか言ってられないのでなりふり構わず優勝目指します!


ーー同じブロックにHi69選手がます。9.15博多でパートナー対決となります

▼稔 優勝したかったらまずは同じブロックのヤツは全員倒さないといけないわけだから、同じユニットだとかタッグパートナーだから…とかは全く考えてないです。


ーーBブロックでHi69選手以外で要注意な選手は?

▼稔 こっちのブロックも違うブロックも要注意とか意識してるとかはいないです。このリーグ戦を制するってことより1年前にNOAHに来たときにオレが言った「GHCジュニアいただきに参りました」っていう原点に戻って邪魔なヤツを全員片付けてくことのみです。


ーー9.2後楽園ZERO1の日高&菅原組に防衛しましたが、日高選手が同じブロックにいます

▼稔 日高は元バトラーツで同じ年なんだけど、キャリアはオレが3年上と言う関係になるんです。アイツがデビューした1997年から何十回試合したかワカンナイくらいやってますから、Bブロックの中では一番やりやすいようで一番やりにくい相手ですかね。オレの最終公式戦が横浜の日高戦なんで、ケガなく最高のコンディションを保ったまま横浜を迎えてキッチリ仕留めたいですね。


ーーブロックは違いますが9.2両国で鈴木鼓太郎選手が「今のノア・ジュニアは最弱です」と言ってましたがそれについてどう考えられますか。

▼稔 両国のリングで彼は「NOAHジュニアに関わる全員」って言ったんでソレならオレにも言ってんだな、と思ってムカついたので必殺ライダーキックかましましたけど、打倒コタローがテーマではないし、当たることがあればガッチリいってやろうっていうだけですかね。


ーー最後にこのジュニアリーグ戦への意気込みをお願いいたします

▼稔 リーグ戦は苦手とは言いましたけど、とにかくワクワクしてるんで一心不乱に優勝目指します!


『GLOBAL Jr. LEAGUE 2018』情報はこちら