ツアー注目情報

2012.02.14

「The Navig.in February 2012」2月14日(火)後楽園ホール大会 試合後コメント

下記の通りお知らせいたします

「The Navig.in February 2012」2月14日(火)後楽園ホール大会 試合後コメント
調印式の様子   

GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合公開調印式 (第15第選手権者)青木篤志&鈴木鼓太郎vs(挑戦者)大和ヒロシ&近藤修司

―始めに、挑戦者チームから今の心境を。
<大和>「率直に言いまして、我々の勝ちです。この前の大阪で私が“地味だ”“スター性が無い”と言ったにも関わらず、チャンピオンとは思えない。タイトルマッチですからしっかりとやらせて頂く。」
<近藤>「ここまで来たら別に話すことはない。試合を見とけ」

―チャンピオンチーム、今の心境を
<鈴木>「地味、地味と言ってくれるが、大和選手は格好が派手なだけで、地味だと思うんですよね。俺らは地味じゃないということをリング上でしっかり証明したい。今日はバレンタインなんで、男として勝ちたい。」
<青木>「近藤選手と戦うのは楽しみ。絶対に防衛する。」

―チャンピオンチームの印象を。
<近藤>「相手が相手。インディーの選手相手にあんだけの試合をかけて試合をする。(場内からブーイング)ノアのファンは行儀が悪い。僕らは時間をかけずに試合を決める。」
<大和>「先ほど申した通り。このままチャンピオンが持っていても盛り上がらないので、我々がとってしっかり盛り上げていく。」

―鈴木選手いかがですか?
<鈴木>「どんな相手であれ、良い試合をして勝つ。そういうのをずっと学んできたので今日もそういう試合をして、最後にベルトを腰に巻いている。素晴らしい試合をする。近藤選手はなかなかいないタイプで僕は高評価している。大和選手は…(沈黙)」

―よろしいですか?青木選手は?
<青木>「負けないで、しっかり防衛する。全力を尽くして試合をしますので、応援よろしくお願いいします。」

―最後にファンの方に向けて。
<大和>「今日、我々がしっかりベルトをとって全日本、ノアのジュニアを大いに盛り上げていきますので皆さん応援よろしくお願いします。」
<近藤>「さっきの“良い試合をして勝ちたい”?勝ちたい気持ちが良い試合になるんだよ。その時点で俺らの勝ちだ」
<青木>「勝ちたい気持ちがあるからこそ良い試合になるのは当たり前だし。鼓太郎さんと自分と近藤選手と良い試合をして。ぜひ見ていてください。」
<鈴木>「今日、平日にも関わらず応援しに足を運んでくれたノアファンのためにベルトを守って勝ちます。」
コメント   

第3試合 潮崎豪 vs 谷口周平 試合終了後

▼リング上
<谷口>「俺は丸藤や秋山のところでやりたくない。NO MERCY!!」
(NO MERCY3人リング上へ)
<KENTA>「俺達はお前の本気度を知りたい。これは誰かに言われてやっているのか?それともお前が変わる気で自分で動いたのか、どっちだ?ここに居る誰一人お前が変われるなんて思っていねぇ。誰一人もだ。この意味、分かるか?お前自身が思っていないんだ。自分が変われるって。本気か?お前の最後のチャンスだお前は変われる。新しいメンバーを紹介する。谷口周平!」

▼バックステージ
―新しいメンバーが加わりました。KENTA選手、改めて谷口選手の意思表明をどう思いますか?
<KENTA>「本気なんでしょ、これが。なぁ。」
<谷口>「はい。」
<KENTA>「あとはこいつ次第でしょ」
<谷口>「とにかく勝って上に行きたい」
コメント   

第5試合 森嶋猛 vs 佐野巧真 試合後コメント

▼森嶋選手リング上
「俺、今日メインじゃないんだけど、締めて良いか?!やりたかったんだよ、みんなと!分かる?」
「やる気、元気 (観客席から「モリシ!!」)」
「Don't Stopだ (観客席から「このやろー!」)
「おおー、まぁいいや。これで行くから!応援」、よろしくお願いします!」

▼森嶋選手バックステージ
「浸透してないな、これ。OK!セミでもメインでもないけれどまだまだ。これで行くから今年は。まだまだ浸透していないからやっていくしかない。イイの喰らったよ、佐野さん。俺、腐っていないんでこのまま仙台に行く!」
コメント   

  

第6試合 8人タッグマッチ
石森太二&モハメド ヨネ&丸藤正道&杉浦貴vs平柳玄藩&金丸義信&谷口周平&髙山善廣(※試合前にカード変更) 試合後コメント

▼リング上
<KENTA選手>「おい谷口!お前そんなもんか、なぁ?!、次の後楽園で生まれ変われ!」

▼バックステージ
―丸藤、杉浦軍が一気に5人になりました。
<丸藤>「名前はいい、今度考えよう。これだけ人数が増えたんだ、考えよう。」

―ヨネ、マルビンが加入で良いのか?
<丸藤>「見てもらえればわかるでしょ?、俺は良いと思う。」
<杉浦>「谷口がああやって動いて、チームとしてはしてやったり。」

―ちゃっかりマルビンが入りました。
<マルビン>「そうですね。よろしくお願いします。頑張ります。」
<丸藤>「昔からちゃっかりだ、こいつは。世渡り上手だ。」

―ヨネ選手、最後を決めました。
<ヨネ>「俺が決めないと。また一からやり直しだから。もう今日は踏ん張り所だった。面白い事が起きそうな気がしますね。うずうずします。」

―このユニットはどうなっていく?
<丸藤>「見ての通り。リングを占拠したのは俺達。実力をもってしっかり証明する。」
コメント GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合
(第15第選手権者)青木篤志、鈴木鼓太郎vs大和ヒロシ、近藤修司(挑戦者) 試合後コメント

▼リング上
―4度目の防衛、おめでとうございます。
<鈴木>「近藤選手とやり合って、押さえるのがやっとで。そこは青木が結果を残してくれたので頼もしいと思います。近藤選手は良い選手だと思っていましたが、それを改めて(感じ)させるような良い選手でした。大和選手はもっともっと遠慮しないで来て欲しいです。これからに期待します。」

―最後、決めました。
<青木>「鼓太郎さんが言った通り、近藤選手は想像以上でしたし、大和選手は近藤選手の期待に応えようとする気持ちがすごくあって、ああいう信頼関係が大事だというのを改めて痛感させられた。勉強になりました。」

―ベルトの流出を防ぎました。
<青木>「なんとかベルトを守るのが優先だった。ありがとうございました」

―今後はどんなチャンピオンに?
<鈴木>「外とは結構やったと思うんで、中から(挑戦者が)出てきても良いかなと思う。」

―頭の中には誰が?
<鈴木>「残っているチームもあるし、一人あふれているひともいるし、パートナーを見つけて答えを出してくれれば俺達も動きますので、早めに動いてください。」
<青木>「ノアの中でベルトを狙いたいのなら、タッグパートナーがいないんじゃなくて見つけて挑戦してきて欲しい。誰でも良い。挑戦したいやつ、どんどん挑戦してきて欲しい。」

―最後に一言。
<鈴木>「今日は平日なのにこんなに来てもらって本当に感謝しています。プロレスリング・ノアの応援よろしくお願いします。」
<青木>「全日本プロレス、近藤選手、大和選手ありがとうございました。気持ちの強い選手とやると面白いです。俺らはまだまだ負けません。お客さんの声が僕らを盛り上げてくれるんで、ぜひ応援よろしくお願いします。」

  

▼バックステージ
―4度目の防衛に成功。今の気持ちを。
<鈴木>「ジュニアのシングルが流出しているので、絶対に負けられないという気持ちがあった。本当、ホッとしている。」

―ベルトへの思いは?
<鈴木>「このベルトは楽してとったベルトじゃないし、そろそろ中から挑戦者に出てきたもらいたい。」
<青木>「この前、中嶋に負けてシングルとれなかったんでこれ落としたら終わりだと思ってやりました。なんだかんだ強かった。色んなものと戦っていた。ホッとしています。」

―対戦相手にどんな思いを?
<鈴木>「大和選手はまだまだこれから伸びしろがある選手だなと思いました。まだまだ伸びるし。近藤選手は想像以上に素晴らしい選手だったし、あそこまで行く選手はなかなか居ないと思いますし。あそこまでやっぱり攻めて受ける選手もなかなかいないと思います。」

―鼓太郎選手のランニングエルボーが跳ね飛ばされるような重みを感じた。
<鈴木>「そうですね身長は俺と変わらないと体重は20キロ以上、筋肉が詰まっている。うちのジュニアの選手とやるよりも、肩に来るダメージは3倍位ありましたね。」

―青木選手試合中どんなことを感じていました?
<青木>「あの大和選手の気持ちですね一番は。近藤選手は予想通り、予想以上、ああいう選手だから、あたったことが無いわけじゃなかったのですが、大和選手は未知数というかタイトルマッチにどの程度くるのかなと思ったのですが、やっぱりなかなか良いですね。一筋縄じゃ決めさせてくれなかったし、近藤選手がコントロールしているのもありますけれど、応えるだけの頭が残っているというのは相当タフなんじゃないかなと思いました。」

―次なる対戦相手ということで、そろそろ中からという話がありましたが。
<鈴木>「そうですね、一人でパートナーが居ない選手もいるし。そこは自分で考えてパートナーを見つけて挑戦してくれば良いし。俺らは逃げも隠れもしない。」

―次もしノアの内部から名乗りを挙げたらどんな戦いを見せてくれますか
<鈴木>「そうですねノアから名乗りを挙げてくれば手の内もわかっているし、それに対するお客さんの期待もあるし、でもやっぱりそこを上回るような素晴らしい試合をして。」

―青木さんの頭のなかに浮かんでいる人はいますか?
<青木>「いや無いです。やりたいって人が出てこない限り僕は受けたくないです。たとえば誰かに用意されてきたようなやつとは絶対やりたくないです。やっぱり自分でこのベルトを欲しいという人間とやりたいんで、別に今まで組んで無かろうが、関係ない。やりたい、本当に挑戦したい、巻きたいそういう人間とやらないと」

15分1本勝負

リッキー・マルビン
リッキー・マルビン vs ハーレム・ブラバド

ハーレム・ブラバド

4分19秒

三角飛び式ハリウッドスタープレス → 片エビ固め

20分1本勝負

モハメド ヨネ
モハメド ヨネ vs ランス・ブラバド

ランス・ブラバド

4分28秒

キン肉バスター → 体固め

30分1本勝負

潮崎 豪
潮崎 豪 vs 谷口周平

谷口周平

8分20秒

反則(イス攻撃)

タッグマッチ30分1本勝負(GHCタッグ選手権試合前哨戦)

齋藤彰俊
(フリー)
齋藤彰俊<br>(フリー) vs 井上雅央<br>(フリー)

井上雅央
(フリー)

秋山 準
秋山 準 小橋建太

小橋建太

16分43秒

スイクルデス → 片エビ固め

シングルマッチ30分1本勝負

森嶋 猛
森嶋 猛 vs 佐野巧真<br>(フリー)

佐野巧真
(フリー)

6分33秒

バックドロップ → 体固め

8人タッグマッチ45分1本勝負

石森太二
石森太二 vs 平柳玄藩

(NO MERCY)

平柳玄藩

モハメド ヨネ
モハメド ヨネ 谷口周平

(NO MERCY)

谷口周平

丸藤正道
丸藤正道 金丸義信

(NO MERCY)

金丸義信

杉浦 貴
杉浦 貴 高山善廣<br> (高山堂)

(NO MERCY)

高山善廣
(高山堂)

12分33秒

後頭部への廻し蹴り → 体固め

GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権60分1本勝負

(第15代選手権者・ANMU)

青木篤志
青木篤志 vs 大和ヒロシ<br>(全日本プロレス)

(挑戦者)

大和ヒロシ
(全日本プロレス)

(第15代選手権者・ANMU)

鈴木鼓太郎
鈴木鼓太郎 近藤修司<br>(全日本プロレス)

(挑戦者)

近藤修司
(全日本プロレス)

22分43秒

オブジェクト(リストクラッチ式アサルトポイント)


※第15代選手権者・鈴木&青木組が4度目の防衛に成功