ノアカレンダー
ノアアプリ
G+サムライTV
インターネット配信でNoahの試合を視聴!
次回の大会

NOAHful Gift 2014 in DIFFER

ディファ有明

12月23日(火) 15:00~

詳細へ
丸藤正道
vs
小峠篤司
vs
拳王
(みちのくプロレス)
大原はじめ
(フリー)
vs

選手の怪我などにより変更される場合があります

12月27日(土) 18:00~
後楽園ホール
1月10日(土) 18:30~
後楽園ホール
1月12日(月) 17:00~
横浜ラジアントホール
1月18日(日) 16:00~
博多スターレーン
1月20日(火) 18:30~
薩摩川内市・サンアリーナせんだい
1月21日(水) 18:30~
北九州パレス
1月23日(金) 18:30~
広島産業会館 西展示館
1月24日(土) 17:00~
ボディメーカーコロシアム(大阪府立体育会館) 第2競技場
2月1日(日) 18:00~
グリーンドーム前橋・サブイベントエリア
2月4日(水) 18:30~
後楽園ホール
2月8日(日) 15:00~
えすぽわーる伊佐沼(川越市)
2月11日(水) 未定~
名古屋国際会議場
2月15日(日) 17:00~
清水マリンビル
2月22日(日) 18:30~
後楽園ホール
3月15日(日) 15:00~
有明コロシアム
詳細へ
詳細へ
試合結果

Winter Navig.2014

京都KBSホール

12月15日(月) 19:00~

詳細へ
チケット購入 ローソンチケット携帯からのご購入イープラス電子チケットぴあ
無題ドキュメント
ツアー注目情報

2013.12.15

「Winter Navig.2013」12月14日(土)高知サンピアセリーズ大会 試合後コメント

下記の通りお知らせいたします

「Winter Navig.2013」
12月14日(土)高知サンピアセリーズ大会 試合後コメント
コメント ■第5試合 マイバッハ谷口vs平柳玄藩

【試合展開】  

12・7有コロで柴田勝頼にマスクを剥がされ、スリーパーで絞め落とされたマイバッハ。「このまま終われない」と“第3形態”への変身を宣言し、この日はニュータイプのマスクをかぶり入場。黒を基調にしたマスクで目の部分は露出。先に入場する平柳を背後から襲撃すると、そのまま場外を引きずり回す。リング上では股間をつかんで対抗してきた平柳をチョークスラムで叩きつけるとマイバッハプレスを投下。カウント1で自ら引き起こすとスリーパーで絞め落とした。するとマイクを持ち「おいKENTA! KENTA! KENTA!!」と叫ぶ。KENTAが花道に現れると「お前と柴田を許さない」とアピール。失神している平柳にマウントパンチを浴びせると、慌ててKENTAがリングインすると、マイバッハはチョークスラムで叩きつけ、大の字のKENTAと平柳を見下ろし両手を広げマイバッハポーズを決め悠々と退場していった。

コメント ■第6試合 GHCヘビー級選手権試合前哨戦
KENTA&杉浦貴&大原はじめ vs 森嶋猛&中嶋勝彦&石森太二

【試合展開】
GHCヘビー級王座V9を達成した12・7有コロで、森嶋のアピールを受け、2014年1・5後楽園でGHCヘビーを争う2人が6人タッグで対峙。序盤、激しいエルボー合戦で火花を散らすが、中盤には森嶋がロープに走ったKENTAへカウンターのヒップアタックを決め、コーナーへの串刺し式ヒップアタックを3連発で優位に立つ。最後も大原をラリアットで一回転させ、バックドロップでKENTAの目の前で3カウントを奪った。


コメント ■第7試合 まつもとデイクリニック杯争奪ジュニア・ヘビー級バトルロイヤル

【試合展開】
森嶋のバックドロップで敗れた大原は、ダメージもありリングの下に隠れダメージの回復をはかる。
リング上は石森と原田の2人となり、原田が片山ジャーマンの態勢に入ると大原がリングイン。原田の背後から急所攻撃を見舞い、そのまま丸め込み失格に追い込むと、石森とのシングルマッチ状態に。石森がトラースキック、顔面ソバットから450゜スプラッシュを回避。続く石森のラリアットを両腕でガードし、そこから腕を足ではさんで2回転し変型十字固めで丸め込み3カウントを奪った。


【リング上にて】
<大原>「こんばんは!NO MERCYの大原はじめです。セコい勝ち方ですけど、勝ちは勝ち。石森太二から3カウントを獲った。自分も調子がムイビエンになってきてるので、そろそろあの先輩に挑戦したいと思います。あの先輩に勝って、僕がGHCのジュニアのベルトを巻いて、またここに帰ってきたいと思いますので、その時は是非観に来てください。よろしくお願いします!」


【バックステージにて】  

―GHCジュニア挑戦を表明?
<大原>「超セコい手ですけど、バトルロイヤルは最後まで勝ち残った人が勝ち。形はどうあれ石森太二から3カウントを獲った。これはひとつの結果。プロレスに復帰して半年。調子もムイビエンになってきたんで、そろそろ自己主張していきます。これからドンドン石森太二を追い込むためにアピールしていきたい」

―闘龍門の先輩。目標だった?
<大原>「そうですね。石森太二は僕が練習生の頃、東京ドームで日本デビューするくらいのスーパースターでした。一方の僕はウルティモ・ドラゴン校長から『お前はデビューできない』って言われてたくらいで、天と地との差がありました。でも僕もその後、メキシコでスペル・エストレージャと呼ばれるまでになった。だから、ちゃんとシングルマッチで大原はじめとして石森太二から勝ちたい。いずれ来るべき時が来たら…と思ってましたけど、今日のこの機会からアピールしていきます」


その他の試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトへアクセス!


NOAH vs DIAMOND RING 15分1本勝負

熊野 準
熊野 準 vs 北宮光洋<br>(DIAMOND RING)

北宮光洋
(DIAMOND RING)

6分15秒

逆エビ固め

暴走鉄仮面 vs NO MERCY 20分1本勝負

マイバッハ谷口
マイバッハ谷口 vs 平柳玄藩

(NO MERCY)

平柳玄藩

1分26秒

スリーパーホールド

BRAVEの核弾頭 vs ヤングマスター 30分1本勝負

(BRAVE)

モハメド ヨネ
モハメド ヨネ vs 原田大輔

原田大輔

11分46秒

キン肉バスター → 片エビ固め

日英テクニシャンコンビ vs Crazy Dynasty タッグマッチ30分1本勝負

ザック・セイバーJr.
ザック・セイバーJr. vs ペサディーヤ

(Crazy Dynasty)

ペサディーヤ

小川良成
小川良成 スペル・クレイジー

(Crazy Dynasty)

スペル・クレイジー

14分38秒

ヨーロピアンクラッチ

TMDK vs BRAVE タッグマッチ45分1本勝負

(TMDK)

シェイン・ヘイスト
シェイン・ヘイスト vs 小峠篤司

(BRAVE)

小峠篤司

(TMDK)

マイキー・ニコルス
マイキー・ニコルス 丸藤正道

(BRAVE)

丸藤正道

17分46秒

タンクバスター → 片エビ固め

GHCヘビー級選手権前哨戦 6人タッグマッチ60分1本勝負

(NO MERCY)

大原はじめ
(フリー)
大原はじめ<br>(フリー) vs 石森太二

(BRAVE)

石森太二

(NO MERCY)

杉浦 貴
杉浦 貴 中嶋勝彦<br>(DIAMOND RING)

(BRAVE)

中嶋勝彦
(DIAMOND RING)

(NO MERCY)

KENTA
KENTA 森嶋 猛

(BRAVE)

森嶋 猛

18分21秒

バックドロップ → 片エビ固め

まつもとデイクリニック杯争奪ジュニア・ヘビー級バトルロイヤル/時間無制限

○大原はじめ
(16分22秒 腕極め回転エビ固め)
×石森太二

【退場順】
(1)平柳玄藩 (2)スペル・クレイジー (3)ペサディーヤ
(4)小川良成 (5)小峠篤司 (6)北宮光洋 (7)ザック・セイバーJr.
(8)熊野準 (9)原田大輔 (10)石森太二

もどる