ツアー注目情報

2014.04.12

「グローバル・タッグリーグ戦2014」会見の模様

下記の通りお知らせいたします

「グローバル・タッグリーグ戦2014」会見の模様
会見 4月11日(金)ディファ有明内プロレスリング・ノア事務所にて「グローバル・タッグリーグ戦2014」会見が行われました。
※モハメド ヨネ選手は所要のため欠席、コルト・カバナ選手&クリス・ヒーローは来日後コメント。

最初に前年度優勝チームのKENTA&髙山善廣、続いて丸藤正道&中嶋勝彦、杉浦貴&田中将斗、池田大輔、TMDKの順に入場。最後にGHCタッグ王者チームの森嶋猛&マイバッハ谷口が入場するが、森嶋が「かかってきなさい!かかってきなさい!!」と連呼し、マイバッハはその横で両手を広げマイバッハポーズ。そしてそのまま会見場を退席。その後、集合撮影を撮り、各チームがコメントした。

 
 


―明日から始まる『グローバル・タッグリーグ戦2014』に向け、意気込みをお願いします

 

<丸藤正道>この二人で組んで何か大きな結果を今まで残してないんですが、可能性というのは秘めていると思うので、以前タイトルマッチには挑戦したんですが結果を残せていないのでこのリーグ戦で優勝してベルトまで辿り着きたいと思います。
<中嶋勝彦>今回、丸藤さんと出るということで、2人の実力は優勝できると信じていますし、個人的にはBRAVEに入ってまだ結果を残せてないので、ここでしっかり結果を残して次につなげたいと思います。


 

<池田大輔>中嶋選手が(この後佐々木健介選手のパ引退記念ーティなので)早く帰れるようにがんばります。


 

<シェイン・ヘイスト>去年はベストタッグということで一年を終わることが出来た。でも今年に入ってこれといった結果を出せていない。このリーグ戦で優勝してオレたちの実力をまた証明したい。
<マイキー・ニコルス>優勝して大きな小切手(賞金)を受け取りたい。また自分たちの腰にベルトを戻せるようにしたい。


 

<田中将斗>パートナーが杉浦さんなので何の心配もなく俺らが全勝優勝したいと思います。まずは明日のKENTA&高山組を倒していいスタートを切ればあとは問題ないと思うので、頑張ります。
<杉浦貴>この会見を途中で退室するヤツとか、来ないヤツとかがいる中で、うちらが一番まとまってると思うので、強さも、この相方の黒さも…この黒さ見てよ!(田中を指差し)強さも黒さもどこのチームにも負けてないと思うので必ず全勝優勝でいきます。


 

<髙山善廣>また優勝させていただいて、次こそはベルトを獲りたいと思います。
<KENTA>いいリーグ戦にしたいと思いますし、明日、開幕、大事な試合、最初からヤマ場な試合が組まれてるのでしっかりそこを勝って、波に乗っていいリーグ戦にしたいです。この後タンニングでも行って焼いてこようかと思います。


―それぞれ気になるチーム、注意するチームは?

<丸藤>実力的にはフラットなメンバーだと思ってる中で、誰がというわけではなく、うちらがぶっちぎりでトップを走るのみなので、全勝するだけ。必ず全てに勝って優勝するだけです。

<池田>パートナーが欠席なので帰って、パートナーに確認してから考えます。

<ニコルス>気になるチームといえばモリシマ&タニグチ。他のチームは自分たちのことを気にした方がいい。自分たちは世界でもベストタッグ。改めてそれを証明したい。

<田中>特にこれっていうチームは無いですね。全てのチームが優勝してもおかしくないリーグ戦だと思ってるんですけど。その中でも僕らが頭一つぬけてると思っているので、他のチームで“どれ"っていうことはありません。

<杉浦>タッグチームとしてはTMDK、丸藤&中嶋が完成されてるなと思うんですけど、それでもやっぱりうちらのチームが強さも、黒さも群を抜いていると思うので。(田中を指差し)うちのこの相方の黒さ見てよ!強さも黒さも負けないと思います。

<髙山>どこも強いんでしょうが、明日初戦、“弾丸モンキーズ"ですか?黒光りしてるヤツラ。強そうなんで気をつけます。

<KENTA>開幕であたるのでまずは杉浦&田中っていうのはまずは意識するところですね。

―ディフェンディングチャンピオンチームKENTA&髙山として注意するチームに名前が出なかったことに対して?

<髙山>最近あまりKENTA&高山組っていうのはやってないんで。忘れちゃったんじゃないの?オレらの怖さを。
<KENTA>実際やってもう一回優勝すればいいだけのことなので。そういった気持ちは特には無いです。

―タッグ王者の超危暴軍が入場だけして会見をボイコットしたが?

<ヘイスト>ヤツラは少しシャイなんじゃない?タッグ王者なのにベルトの意味、“崇高"さが無。ここにいるチームは彼らに比べたらよっぽど凄さを持ってるよ。

<ニコルス>彼らにはリスペクトが無い。こらしめてやる。

<池田>まじめにやった方がいいと思います。

<中嶋>ベルトを持っているのは時間の問題だと思います。今回のリーグ戦、俺たちが優勝してあのベルトを俺たちの物にしたいと思います。

<丸藤>悪者だから出ないのか、しゃべるのが苦手だから出ないのか、わかりませんが。一応、仮にもタッグのチャンピオンということで、ノアのタッグの中では一番強い位置にいる二人なので、“かかって来なさい"ということなのでかかって行きたいと思います。

<KENTA>谷口に関して言えば、あの数秒のために目の周りを黒く塗ったりしてるわけですから、意気込みは凄い感じました。なによりの主張だったんじゃないかと思います。

<髙山>KENTAと一緒で、なんだかんだ言って会見前に顔を出すのは偉いなと思います。頑張って欲しいですね。

<杉浦>チャンピオンとして、自覚もプライドも無いと思うし、こういう会社の公式な会見をキャンセルするというのは、会社にも迷惑かけると思うし、時間を割いて来て頂いたマスコミの皆さんにも失礼だと思うんで代わりに僕が謝罪いたします。(立ち上がって)大変失礼いたしました(深々とお辞儀をする)。

<田中>杉浦さんが言ってくれたので僕からはないんですが、あれで帰るんだったら最初から来なければいいのにな、と思いました。


―杉浦選手は最終戦が札幌ということでゲンがいい場所だと思うんですが?

<杉浦>そうですね、札幌はタイトルマッチも何度かして、ベルトを獲った地でもありますし、モチベーションは凄いあがっていますし、優勝してスッキリして、その後、すすきのでもう一回スッキリしてやろうかなっていうのをうちの相方が言ってるので宜しく!


クリス・ヒーロー&コルト・カバナ コメント
 

―明日から始まる『グローバル・タッグリーグ戦2014』に向け、意気込みをお願いします
<クリス・ヒーロー> 『グローバル・タッグリーグ2014』クリス・ヒーローとコルト・カバナが日本に戻ってきたぜ!オレは3度目のタッグリーグ。もうどうするべきかはわかってるよ。クリス・ヒーローとコルト・カバナ、俺たちを急増チームだと思うなよ!俺たちは16年前から知ってるんだぜ。この二人が組むってことは・・・そう、もう何をするべきかはわかってるぜ!
<コルト・カバナ>よ~く考えてみな。16年前、子供だった俺たちがプロレスラーになって、日本に来てノアの『グローバル・タッグリーグ』に出るんだ!クリス・ヒーローとコルト・カバナ、そう、俺たちが『グローバル・タッグリーグ2014』で勝って優勝するだけだぜ!

―注意するチームは?
<ヒーロー>グレートなレスラーが集まってるな。先週、ニューオリンズでタナカのローリング・エルボーで負けてるんだ。気を付けないといけない。スギウラは元シングル&タッグチャンピオン。このチームは要注意だ・・・
<カバナ>(ヒーローのコメントを遮って)ヘイ!クリス、これだけのレスラーが集まっているんだ。『グローバル・タッグリーグ』凄いタッグチームが集まってくるんだぜ。どこか1チーム選ぶなんてできないよ。タナカ&スギウラ、KENTA&タカヤマ・・・、モリシマ&マイバッハがどんなことやってるのかも知っている。どのチームも自分たちのやり方で優勝を狙ってくる。全チームに気を付けないと・・・
<ヒーロー> (カバナのコメントを遮って)注意するならクリス・ヒーロー&コルト・カバナ、俺たちに気をつけたほうがいいぜ。

―メッセージをお願いします
<カバナ>クリス・ヒーローとコルト・カバナがアメリカからやってきたぜ!『グローバル・タッグリーグ』を制するよ!そうだよな、クリス!
<ヒーロー>俺たちのチーム名は“BIG IN U.S.A."。“BIG IN GLOBAL"になってやるよ!クリス・ヒーローが負ける?コルト・カバナが負ける?とんでもない。参加する全チームがそうだと思うけど、俺たちは勝つためにやってきた。俺たちは“ビジネス=優勝"するために来たんだ!
<カバナ>ビジネス!