ノアカレンダー
G+サムライTV
ツアー最新情報はコチラ!
次回の大会

GTLへのカウントダウン

横浜ラジアントホール

4月11日(火) 18:30~

詳細へ
[前売]
S席:7,000円
A席:5,000円

[当日]
S席:7,000円
A席:5,500円
高校生・シニア:2,000円
小中学生:1,000円

中嶋勝彦
マサ北宮
vs 潮崎 豪
小峠篤司
拳 王
vs 丸藤正道
杉浦 貴
vs マイバッハ谷口 

選手の怪我などにより変更される場合があります

4月14日(金) 18:30~
後楽園ホール
4月15日(土) 18:00~
島田市総合スポーツセンター サブアリーナ
4月16日(日) 15:00~
えすぽわーる伊佐沼(川越市)
4月22日(土) 18:00~
新潟市体育館
4月23日(日) 17:00~
【永源遥 追悼興行】
金沢流通会館
4月24日(月) 18:00~
じゅうろくプラザ(岐阜市文化産業交流センター)
4月27日(木) 18:30~
栃木県総合文化センター・サブホール
4月29日(土) 18:00~
名古屋国際会議場
4月30日(日) 18:30~
エディオンアリーナ大阪 第2競技場
5月3日(水) 18:30~
後楽園ホール
5月4日(木) 18:30~
【優勝決定戦】
後楽園ホール
5月13日(土) 17:00~
上越観光物産センター
5月14日(日) 14:00~
埼玉県産業技術総合センター・SKIPシティ (川口市)
5月21日(日) 18:00~
ふじさんめっせ(富士市)
5月23日(火) 18:30~
後楽園ホール
詳細へ
詳細へ
試合結果

Spring Navig. 2017

後楽園ホール

3月25日(土) 18:30~

詳細へ
チケット購入 ローソンチケット携帯からのご購入イープラス電子チケットぴあ
インターネット配信でNoahの試合を視聴!
サムライTVオンデマンド
プロ格DXスマートフォン対応
無題ドキュメント
ツアー

2016.12.31

「おもしろいものが観たいヤツは、俺についてこい!」2017年からヘビー級戦線に殴り込み! 拳王インタビュー!

 

 

1.7後楽園大会チケット好評発売中です!

2016年の12.24後楽園で大原はじめとの“ケンオーハラ”にピリオドを打ち、2017年からのヘビー級転向を宣言した拳王。日本拳法仕込みの鋭い蹴りの数々が、ヘビー級戦線で猛威を振るう!

ケンオーハラを続けても「俺の成長はないな」って思った 
――あらためて、ヘビー転向の経緯について聞かせていただけますか?

拳王 率直に言えるのは、やっぱりプロレス界の中心はジュニアじゃなくヘビーだから。11月のシリーズ(『グローバル・リーグ戦 2016』)がヘビー中心で、自分の中で目標のない戦いになったことで、「このままじゃダメだな」と思ったのは大きかった。もちろん、その前から「ゆくゆくはヘビーで」っていうのは考えてたけど。

――ノアでは丸藤正道選手やKENTA選手など、階級を越えて活躍する選手もいましたが、自分もそういう戦いをしていきたかった、と?

拳王 そういうことだね。11月のシリーズのタイミングで会社も新体制になり、鈴木軍もいなくなった。ノアが新しくなる中で、チャンスを見逃したくはなかったから。自分の中では「いまだ!」っていう思いは強かったね。

――では、自分の現状に満足はしていなかった、と?

拳王 14年から超危暴軍に入ってヒールとしてやってきたけど、自分のキャラクターやスタイルを考えたときに、もっと試合の部分を強く打ち出していきたいというのは、どこかでずっと思っていたから。それから1年経って、vs鈴木軍が始まったけど、そこでもケンオーハラというかたちを優先して、我を押さえていたところはあった。それはvs鈴木軍という部分で、ノアのためでもあったと思うけど。

――そして、鈴木軍が撤退し、2016年の12.24後楽園で拳王選手は大原選手に決別を言い渡し、ヘビー転向を宣言しました。

拳王 ケンオーハラに関しては、自分の中で「このまま続けても俺の成長はないな、もういいだろ」っていう気持ちはあったから。

――ケンオーハラは会場人気の高いタッグでした。桃の青春との抗争も名勝負を連発していましたが、解散にためらいはなかったですか?

拳王 たしかにノアジュニアを盛り上げていたユニットだったとは思う。でも、勝負にこだわって、自分のプロレスをしていきたいなと思ったときに、ケンオーハラのカラーに乗っかっていくのは限界があるなって。もう、潮時ってことだよ。

――大原選手にはいま、どんな気持ちを持っていますか?

拳王 もともと、好きな存在でもないし、プロとして二人で合わせてきたっていうのはあるからね。こういうことになって、向こうは向こうで言い分があると思うけど、タッグを解消したことでお互いが本来の自分をもっと出せればいいと思う。大原は大原なりに、ひとりでがんばってもらえればって感じだな。アイツにとってもチャンスだと思うし。

――では、ジュニアというカテゴリーに対して未練はないですか?

拳王 シングルのベルトは獲れなかったけど、ずっと自分はジュニアでは一番だと思ってやってきたから。自分の実力に自信があるからこそ、なんの負い目もなく、次の舞台に進める。だから、未練はないよ。
 

小峠のヘビー転向? おもしろくはないね
――拳王選手がヘビー転向発表した直後、同じジュニア戦線でしのぎを削ってきた小峠篤司選手が、GHCジュニアと同ジュニアタッグのベルトを返上して、ヘビーへの転向を発表しました。それについて、何か思うことは?

拳王 おもしろくはないね、それが素直な心境。小峠にはプロレスラーとして、負けている部分はまったくないと思っているし。

――しかも、小峠選手は1.7後楽園のヘビー転向初戦で、丸藤選手とのタッグでGHCタッグに挑むことになりました。

拳王 ……小峠がどんな思いでヘビーになるかは知らないけど、俺は俺の信じた道を突き進めば、必ず結果はついてくると思ってるから。先にチャンスを与えられたのは小峠だし、これが現状の会社の意向だと思うけど、この状況をとっとと覆してやりたいなって思うよ。

――いま、小峠選手と戦いたいという気持ちは?

拳王 いや、べつに。とくにおいしい相手だとも、いまは思ってないし。観る側が勝手に俺たちの戦いを比較すれば、自ずとその違いはわかるだろうしね。

――拳王選手は実際にヘビーの選手とタッグで当たる機会もありましたが、自分のファイトスタイルが通用するという手応えは感じていましたか?

拳王 全然、引け目は感じなかった。俺ならやっていけると思ったからこそ、こういう行動に出たわけだし。そもそも、俺がやっていた日本拳法は無差別の競技で、190cm以上、100kg以上のヤツとも渡り合ってきて、体力の差を感じることもなかったから。

――実際に拳王選手は日本拳法の世界大会で優勝した実績も持っています。1月シリーズでは、1.9後楽園で中嶋勝彦選手との注目のシングルマッチも組まれました。ノンタイトル戦ではありますが、もし1.7後楽園で中嶋選手が防衛した場合は現GHCヘビー級王者との一戦になります。

拳王 おいしい相手、その一言だね。たとえタイトルが賭かってなくても、これもひとつの大きなチャンスだと思うし、結果をつかみにいきたい。しかも中嶋勝彦は同じようにジュニアからヘビーに転向して、ベルトを巻いている人間だから、意識する部分もあるし。

――拳王選手は12.24後楽園で、「俺がノアの顔役になる!」というアピールもしていましたが、まさにいまのノアの顔役である選手との対戦というか。

拳王 勝ちを取りにいくし、俺がノアの顔役になるくらいのつもりで仕掛けていくよ。そのくらいの目標を持っていないと、ヘビーでやっていく意味はないと思ってるから。小さいこと言ってたら、小さいレスラーにしかならないし。

――中嶋選手も拳王選手と同じく蹴りを得意としますが、そのあたりについては?

拳王 俺は自分がプロレスラーの中でナンバーワンの蹴りの使い手だと思っているから。その自信をぶつければ、おもしろいものが観られると思ってる。

――では、ヘビーになるに当たって、自分を変化させようと思う部分は?

拳王 やっぱり一番の武器になるのは打撃だから、そこをもっと磨いていきたい。あとは体重も少しずつ増やしていきたいって思ってるし。

――いま、ノアの中でいろんな選手の動きがある中で、拳王選手は誰かと一緒に行動するのか、それとも一人で動いていくのか、そのあたりについては? 

拳王 もともと、俺は自分を一匹狼だと思っているから。まあ、組まれたカードはこなしていくけど、いろんな選択肢がある中で、ちゃんと見極めて動いていきたいね。

――ちなみに杉浦貴選手のことはどう見ていますか?

拳王 いま注目を集めているわけだから、おいしい存在かな。杉浦貴イコール強さっていうイメージだし、興味はある。でも、まず重要なのは、自分がノアでのし上がっていくために、目の前のことをクリアしていくことであって。その過程で杉浦とどんな遭遇をするのか、そこはまだわからない。

――最後に拳王選手のこれからの活躍に期待しているファンに、メッセージをお願いします。

拳王 おもしろいものが観たいヤツは、俺についてこい! この拳王がノアを盛り上げてやる!
【終】
 

「The First Navig.2017 開幕戦」1月7日(土)後楽園ホール大会 大会情報
◆日時
2017年1月7日(土) 開場17:00 試合開始18:00

◆会場
後楽園ホール(文京区後楽1-3-61)
【アクセス】
・JR、地下鉄「水道橋」駅、又は地下鉄「後楽園」駅より徒歩3分
・駐車場有り
好評発売中!「The First Navig.2017 開幕戦」1月7日(土)後楽園ホール大会 チケット情報
【前売り】
S席 7,000円
A席 5,000円
B席 4,000円

【当日】
S席 7,000円
A席 6,000円
B席 5,000円
C席 4,000円
一般立見(当日枚数限定販売) 3,500円
小中学生立見(当日枚数限定販売) 1,000円
「The First Navig.2017 開幕戦」1月7日(土)後楽園ホール大会 プレイガイド情報
ローソンチケット 【Lコード:32682】
ローソン、ミニストップ店頭ロッピーにて購入可能 0570-084-003

チケットぴあPコード予約専用 【Pコード=594-150】
ぴあスポット、サークルK・サンクス全店、セブンイレブン全店にて販売・発券可能 0570-02-9999
http://pia.jp/t

e+(イープラス) http://eplus.jp/
パソコン&携帯にて予約→セブンイレブン全店、ファミリーマート各店頭にて購入可能

後楽園ホール5階事務所 03-5800-9999
書泉ブックタワー(秋葉原) 03-5296-0051
書泉グランデ(神保町) 03-3295-0011
チャンピオン(水道橋) 03-3221-6237
うまい肉と麺の店 ヨネ家 03-3751-3050

★「The First Navig.2017 開幕戦」1月7日(土)後楽園ホール大会 大会情報詳細はこちらから

~皆様のご来場をお待ちしております~

シングルマッチ

小川良成
小川良成 vs 熊野 準

熊野 準

9分59秒

腕極キャメルクラッチ

シングルマッチ

Hi69
(フリー)
Hi69<br>(フリー) vs アレハンドロ・サエス

アレハンドロ・サエス

11分09秒

スパイラルタップ

シングルマッチ

原田大輔
原田大輔 vs 清宮海斗

清宮海斗

11分37秒

片山ジャーマンスープレックスホールド

タッグマッチ

齋藤彰俊
齋藤彰俊 vs 拳 王

拳 王

モハメド ヨネ
モハメド ヨネ マサ北宮

マサ北宮

12分37秒

フットスタンプ→片エビ固め

GHCジュニア・ヘビー級王座決定戦 時間無制限1本勝負

石森太二
石森太二 vs 大原はじめ 

大原はじめ 

18分07秒

ムイビエン


※大原はじめが第33代選手権者に

GHCタッグ選手権試合60分1本勝負

(第36代選手権者)

マイバッハ谷口 
マイバッハ谷口  vs 小峠篤司

(挑戦者)

小峠篤司

(第36代選手権者)

潮崎 豪
潮崎 豪 丸藤正道

(挑戦者)

丸藤正道

30分22秒

ショートレンジ豪腕ラリアット→体固め


※第36代選手権者マイバッハ谷口&潮崎豪組初防衛に成功

GHCヘビー級選手権試合60分1本勝負

(第28代選手権者)

中嶋勝彦
中嶋勝彦 vs 杉浦 貴

(挑戦者)

杉浦 貴

32分18秒

バーティカルスパイク→エビ固め


※第28代選手権者中嶋勝彦3度目の防衛に成功

もどる