ツアー注目情報

2012.07.30

「Summer Navig.2012」7月29日(日)アクトシティ浜松大会 試合後コメント

下記の通りお知らせいたします

「Summer Navig.2012」7月29日(日)アクトシティ浜松大会 試合後コメント
コメント ■石森太二 vs シェイン・ヘイスト

【第1試合終了後、バックステージにて】
(今大会を最後にニコルスとともにオーストラリアに帰国)
<ヘイスト>
「一度オーストラリアに帰るけど、最初に日本に来た時からイシモリとはたくさん試合をした。勝ててよかった。すぐに戻ってくる。日本を愛しているから。タッグ?シングル?両方チャレンジしたい。俺たちTMDKはパーフェクトアスリートだよ。コンディションは完璧にコントロールしているから。いつでも挑戦できるよ。(ファンのみんなを)愛してるよ。みんなの前で試合ができて本当に光栄だよ。またすぐに会おう!」

コメント ■モハメド ヨネ vs 小峠篤司

 

【試合終了後、リング上にて】
<小峠>「皆さん、本日はご来場ありがとうございます。ひとつ主張していいですか?9月にジュニアタッグリーグがあります。大阪プロレスからノアに入団するキッカケとなった大会です。しかし、どこのユニットにも属していない僕にはパートナーがいません。一人“この人だったら”という先輩がいます…石森さん、出てきてもらっていいですか?」
(石森リング上へ)
<小峠>「石森さんとは失礼ながら(他団体から)ノアに入団した経緯も似てますし、石森さんのパートナーの丸藤さんはリーグ戦不参加を表明しました。もし、パートナーがいなかったら、僕と組んでください!」
<石森>「小峠君、僕をパートナーに選んでくれてありがとう。僕もちょうど君となら“てっぺん”を目指せると思ってた。一緒にノアジュニアのてっぺんまで行こう!」

 

【バックステージにて】
―改めて石森選手と組む理由は?
<小峠>「言い方は変かもしれませんけど、ヨソからノアに入ってきた境遇が似ているので。ノアに入る前から色々相談させてもらってました。石森さんからもパートナーに選んでもらえて光栄です。本当にノアジュニアでてっぺんが獲れるパートナーは石森さんしかいないと思ってたので。」
<石森>「同じような境遇からノアに上がってきたんで。ノアジュニアを面白くするのに、生え抜きとか外様とか関係ない。ヨソから来たってできる!ってところを証明していきたいと思います。」
<小峠>「外様だから面白くできない、っていうより、むしろ生え抜きより危機感を持って盛り上げる自信は本当にあるんで」

―小峠選手はBRAVEに入る?
<石森>「入れます。僕がいれる。みんなBRAVEに欲しいと思ってるし、僕が責任を持って。」
<小峠>「僕も生意気に選ぶほど偉くないんで。石森さんと組めるなら入りますよ。今回のジュニアタッグリーグに賭けてるんで。石森さんと組むことを最重視してのBRAVE入りです。」
<石森>「自分してもなかなか結果が出ていないんで、これを浮上のきっかけにしたい。ジュニアタッグリーグも去年怪我をして出れなかったんで、その分、今年は爆発します。

コメント ■森嶋 猛&丸藤正道 vs 潮崎 豪&佐野巧真

【試合終了後、リング上にて】
(森嶋がリング上にBRAVEのメンバーを呼び込む。杉浦、ヨネ、石森がリング上へ)
<森嶋>「本日は浜松のみなさん、ご来場ありがとうございます。」

(マイクを石森に渡す)
<石森>「みなさん、森嶋さんの締め知ってますか?これから一緒に練習しましょう。」
(リングサイドを見渡して小峠を呼び込んで)
<石森>「ほら、小峠君も入って。」(自分の着ていた『BRAVE』Tシャツを渡す)
<小峠>「よろしくお願いします。(と言ってTシャツを着る)」
<丸藤>「BRAVE入り記念で今日は小峠君がやりますよ」
<小峠>「それでは森嶋さんの『やる気、元気締め』やらせていただきます。皆さん、ご起立の程よろしくお願いします。」
<小峠>「やる気、元気…」(小峠がマイクを持ち、唱和した)

 

 

【バックステージにて】
―昨日の上尾大会で潮崎選手がリベンジを要求していましたが
<森嶋>「ノアの人間としてベルトが欲しくないと思っている人間はいないだろうから、俺としては問題ない。でも潮崎だけなのか?挑戦したいなら(火祭りで)しっかり結果を出して、周りもお客さんも管理委員会も納得させるんだったら俺はいいよ。もちろん、ヨネさんが(火祭りで)優勝してきたら発言権があるし潮崎の発言権は下がる。丸藤さんが(G1で)優勝してきたら発言権はあるだろうし。俺から指名する可能性のある杉浦貴だって復帰する、KENTAだって復帰してきた。秋山準だって三冠チャンピオンだし。だから潮崎だけなのか?って。俺は“ドントストップ”だけど、次期挑戦者に関しては“ドントコイヤ!”だよ。俺が熱中症になるくらい熱いヤツに来てほしい。」

コメント ■秋山 準&鈴木鼓太郎&青木篤志 vs KENTA&マイバッハ谷口&金丸義信

【試合終了後、リング上にて】
<KENTA>「ノアを本当に引っ張って行くのは、ぬるい人間たち(BRAVE)でも、お前ら(S・A・T)でも、森嶋でもない。俺たちなんだよ。お前(秋山)とやれんの楽しみにしてたよ。これからガンガン言い合って、ガンガンやり合って、最後は俺がお前を潰す。」
<秋山>「口だけじゃねーぞ!やるぞ?やるぞーっ!」
<KENTA>「お前、逃げんなよ?浜松でここで約束したんだ。逃げんなよ。俺は当然逃げねぇ」

 

【バックステージにて】
―復帰前から意識していた秋山と激しくやり合ったが
<KENTA>「何回も言うようだけど、この団体を変えるのは秋山じゃなくて俺なんだよ!秋山でも、BRAVEの連中でもない。何だよ?あのセミのヌルいやり取り。唱和っていうの?本気で変えようと思ったらあんなことするか?ダッセーし。杉浦もあんなのに混じって一緒にやって、正気か?あれは“本気”じゃねぇだろ」

―どうやって改革していく?
<KENTA>「昨日も今日もメインを俺たちが締めてる。これを続けていくよ。昨日は現ジュニアタッグ王者(クレイジー&マルビン)に勝った。今日は前ジュニアタッグ王者に勝った。どういう事かわかるだろ?」

―ジュニアに敵なしで次はヘビー?
<KENTA>「そういう事になるね。」

―ノア改革を宣言したのは秋山より先だった
<KENTA>「確かに俺が先に言ったけど、俺は欠場して実現できていない。それはダメ。次に秋山が言ったけど実現できていない。それもそれでダメ。だったら俺が復帰して改めて新しくやる。やるって決めて帰ってきたから。やるよ、本気だよ。時間だってないんだ。できるときにやり切る。」

―次のツアーでは森嶋&ヨネ(8/18神戸)、秋山&齋藤(8/19名古屋)とヘビー級勢との対決も控えているが
<KENTA>「そこで結果を残せれば絶好のチャンになるね。とにかく欠場した分、今年の残りで一気に取り返すよ。できる自信あるから。」


BRAVE vs TMDK 15分1本勝負

(BRAVE)

石森太二
石森太二 vs シェイン・ヘイスト

(TMDK)

シェイン・ヘイスト

11分52秒

ボム・バレー・デス → 片エビ固め

NO MERCY vs TMDK 15分1本勝負

(NO MERCY)

平柳玄藩
平柳玄藩 vs マイキー・ニコルス

(TMDK)

マイキー・ニコルス

9分15秒

デスバレーボム → エビ固め

20分1本勝負

(BRAVE)

モハメド ヨネ
モハメド ヨネ vs 小峠篤司

小峠篤司

12分11秒

キン肉バスター → エビ固め

タッグマッチ30分1本勝負

(BRAVE)

リッキー・マルビン
リッキー・マルビン vs マーシャル・フォン・エリック

マーシャル・フォン・エリック

スペル・クレイジー
スペル・クレイジー ロス・フォン・エリック

ロス・フォン・エリック

9分48秒

足折り回転エビ固め

タッグマッチ45分1本勝負

(BRAVE)

丸藤正道
丸藤正道 vs 佐野巧真<br>(フリー)

佐野巧真
(フリー)

(BRAVE)

森嶋 猛
森嶋 猛 潮崎 豪

(S.A.T)

潮崎 豪

17分14秒

バックドロップ → 片エビ固め

S.A.T vs NO MERCY6人タッグマッチ60分1本勝負

(S.A.T)

青木篤志
青木篤志 vs 金丸義信

(NO MERCY)

金丸義信

(S.A.T)

鈴木鼓太郎
鈴木鼓太郎 マイバッハ谷口

(NO MERCY)

マイバッハ谷口

(S.A.T)

秋山 準
秋山 準 KENTA

(NO MERCY)

KENTA

24分17秒

go 2 sleep → 片エビ固め