ニュース

3・22富士大会 杉浦軍新メンバー・関根シュレック秀樹がノア初参戦で大暴れ GTLへ杉浦も好感触 試合後コメント

インフォメーション
2020.03.23

杉浦軍新メンバー・関根シュレック秀樹がノア初参戦で大暴れ GTLへ杉浦も好感触▼潮崎とメイン熱戦…ナショナル挑戦へ稔がGHC王者相手に見せ場連発▼HAYATA手負いも反撃ピン ジュニアタッグへYO-HEY「RATEL'Sの年にしたる」

 

試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトでご確認ください。

http://dx-sp.gsj.bz

写真提供 プロレス/格闘技DX

 

 

第3試合

杉浦貴&関根シュレック秀樹&大原はじめ&NOSAWA論外vs拳王&マサ北宮&覇王&仁王

【試合後の杉浦&シュレック&大原&論外】
▼論外「関根シュレック秀樹、杉浦軍の新メンバー。まだまだスペイン語で言えば『Falta Mucho』(発展途上)だけど、なかなか息あってたんじゃないですか?」

▼杉浦「そう“ふぁるたむーちょ"だよ! 徐々に修正もしていくし、もっと試合すれば徐々にノアのリングにも慣れてくると思うから。もっと恐ろしい存在になるよ。ふぁるたむーちょだよ!」

▼論外「お前ら頭無いんだから、意味ちゃんと調べろ(笑) あとレネ・デュプリ! 杉浦軍インターナショナル! 勝手に一人増えたから」

▼杉浦「そう、勝手に一人増えてるんだよ! 今聞いたよ!」

▼論外「タッグリーグ、ぜひ優勝してもらって。たいしたチーム出てないでしょ? みんな即席だろ、AXIZ以外は。まぁここ(杉浦&シュレック)も即席だけど…。まぁ俺たち(シュレック&論外&大原)は横浜でも、さらに面倒くさい桜庭、鈴木秀樹入れて、金剛とやるけど、相手との闘いじゃないよ。チーム、仲間との闘いだから」

▼大原「いかに(意思を)統一させるかってことですね…」

▼論外「まぁ、これもボスの人望ってことで…」

▼杉浦「そう、俺の人望だよ。ふぁるたむーちょだよ!」

――関根選手はどのような感想を?

▼シュレック「そうだね…やっぱ杉浦軍っていうのは、外から見ていても個々が強い。プロレスはね、タッグの連係とか言うけど、まず個の強さが無いと意味がないと思う。その点杉浦軍は一人でも全員チャンピオンクラスのモノを持ってると思うんで、俺も負けないように相手をぶっ飛ばしていきます」

――ノアへの印象は?

▼シュレック「やっぱりね、自分が若い頃、三沢さんが創った団体。当然ね、僕たちの世界からしたらノアだけはガチ……ノアだけは本物っていうね。そういう印象を持ってますね」

――杉浦選手は元自衛官、関根選手は元警察官…という背景もあるが?

▼シュレック「自衛隊も警察も国家の安全を守る仕事。そこで鍛えた精神力、体力。プロレスを通じて発揮できたらと思ってるね」

▼杉浦「一緒だよ。俺は30でプロレス界入ったけど、彼は40で入ってるからね。日の丸背負ったところから飛び出してきて。勇気あるでしょ。もう後には退けないんだよ、俺らは。後には退けない。そういう気持ちでリング上がってんだよ」

――磨けば光るチームになると…

▼杉浦「(※薄毛の記者に)だから“なる"つってんだろハゲ! カラムーチョだよ!」

 

 

第5試合

小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司vs原田大輔&タダスケ&HAYATA

【試合後の原田&HAYATA&YO-HEY】
――STINGERサイドは3カウント入っていない…と

▼原田「あぁ!? ワン、ツースリー、入ってるやろ!? なぁ? 俺たちは今日勝ったぞ!? あと1週間ある。HAYATAも完治する。そして俺は後楽園ホールで小川良成を倒して、HAYATA&YO-HEYがあいつら倒して、俺たちがGHCのジュニアベルト、3つ獲るからな! 以上や!」

▼YO-HEY「2020年はRATEL'Sの年にしたるさかいの! なぁ、嫁さんよ!? 今日も見とったやろ? 骨折しとるのかしらんけど、痛みに耐えて。RATEL'Sのチームワークがあっての勝利、勢いは俺たちRATEL'Sが持ってると思うから。もうちょい万全になったら…この(手負いの)状態でもRATEL'Sが勝っちゃってるからな! あと1週間で完治するかは分からんけど、1週間後はもっともっと恐ろしい俺たちが見られると思うから。しっかりと覚悟しとけよ、この野郎。(※HAYATAに)なんか最後にしゃべっとけよ、なんか…」

▼HAYATA「……(※無言で去る)」

 

 

第6試合

潮崎豪&中嶋勝彦vs丸藤正道&田中稔

【試合後の潮崎】
――興行側にも観客側にもリスクのある中での2連戦を終えたが?

▼潮崎「そうですね。リスクというのは高いかもしれない。だから正直、無責任に観に来てくれ、会場に来てくれとは言えない部分もあります。でも俺たちはこうしてリング上で、そして観に来てくれるみんなと一緒に闘ってますよ。みんなのパワーで乗り越えていきたいです」

――ナショナル挑戦者の稔から追い込まれるシーンもあったが?

▼潮崎「そうだね…危うい。いつも対戦するとはまた違うタイプの相手だったし、やりづらさ、攻めづらさがあった。ナショナルの次期挑戦者としての使命、重さを感じているからこそ、一発一発の攻撃も重かったですよ」

――そして自身はちょうど1週間後に藤田和之を迎え撃つ

▼潮崎「あと1週間。ただただ決戦を待つだけじゃなく、自分から攻めていくためには何が必要か…と考えながら過ごしていきたい。俺の中では史上最強の外敵と位置づけてますし、それだけの力と強さがある。俺は藤田和之を倒すことだけを考えて、1週間を過ごしたいと思います」

――再開を待ちわびていたような手拍子もあったが?

▼潮崎「昨日もそうでしたし、第1試合が始まる前から皆さんの期待を感じましたし。それだけファンの皆さまがノアの闘いを待っていてくれたんだと思う。そして俺たちもリング上でみんなの前で闘いを見せるってことを待ってました。それが今日、昨日と良い雰囲気を作り出せたんだと思います」