ニュース

5・3 ノアTVマッチ 拳王“一騎打ち"で桜庭破る イリミネーション戦制して「Stay Together」の叫び 試合後コメント

インフォメーション
2020.05.04

拳王“一騎打ち"で桜庭破る イリミネーション戦制して「Stay Together」の叫び▼杉浦シングルで征矢を熱闘撃破、貫禄の6番勝負“決勝打" 赤ベルト中嶋戦へ弾み▼桜庭が柔術最新技で稲村料理 ムタ戦へ「反則やり返そうかな」▼覇王が意地、吉岡ノア初シングル戦は黒星

 

試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトでご確認ください。

http://dx-sp.gsj.bz

写真提供 プロレス/格闘技DX

 

 

 

第2試合 杉浦軍vs金剛 シングル6番勝負 シングルマッチ

吉岡世起vs覇王

【覇王の話】
「おい吉岡! スリー取ったのは俺だ! 1勝1敗、次つながっただろ! あとは残りの金剛のメンバーに託す!」

 

 

第3試合 杉浦軍vs金剛 シングル6番勝負 シングルマッチ 

桜庭和志vs稲村愛輝

【試合後の桜庭】
――稲村と闘ってみて?
▼桜庭「デカかった…。上半身取ってもダメかなと思って足狙ったんですけどね」
――まだキャリア2年経ってないが…
▼桜庭「え!? そんななんですか!? マジ……? デカい…。コーナー(に飛ばされて)結構キツかったっす…」
――桜庭さんの一員としての対抗戦だったが?
▼桜庭「ハイ、軍団としては白星つけられたんで良かったですけど、もうちょっと同じくらい(の体重)にしてくんないかな…って(笑) だって簡単に担ぎ上げられちゃうし…」
――軍団への愛着もだいぶ湧いてきた?
▼桜庭「そうですね。新日本の時にちょっと(軍団と共闘していたこと)ありましたけど、昔一緒に練習もしていた仲間でもあるんで。杉浦さんとか藤田(和之)だったり。やっぱり、やりやすいというか」
――イリミネーション戦がもう1試合あるが?
▼桜庭「ちょっと相手選んで、大きい相手の時は僕は出ないです(笑)」
――ムタ&魔流不死組と闘うことも決まった
▼桜庭「それはまぁ…ムタが結構反則やってくると思うんで。僕もやられたらやり返そうかな…ってカンジはありますけど」
――あえて向こうの世界観に踏み込むこともあり得る?
▼桜庭「もしかしたら、ハイ。こっちに引き込むこともありそうだし」
――今日のフィニッシュはヒールホールド? アキレス腱固め?
▼桜庭「いや、あれは(柔術の)デラヒーバフットロック。QUINTETでクレイグ・ジョーンズがやってたヤツ。普通のアキレスとかヒザ十字は分かると思うけど、デラヒーバあたりは分かんないんじゃないかな?と思って。デラヒーバ・フットロックだと、もしかしたら“騙される"んじゃないかなというのは頭にありました。初めから出しても良かったけど、初めは体力あるんで、ゴロゴロっと逃げられちゃうかな…っていうのもあったんで。ただ、腰いてえ…! コーナーに背中から叩きつけられたのが一番効きましたね。コーナーの作りが新日本とちょっと違うじゃないですか。(※新日本はコーナーポスト、ノアはターンバックル) 小さいところの出っ張りが背中に当たってめっちゃ痛かったです…。スリーパーやってたところを後ろに下がられてドーン!って…。面じゃなくて点で当たってドカーン!来て。あれはまた…気をつけないと。新日本やUインターの時はコーナーがポストだったんで当てられても何とかなったんですけど、そこにあの体重でドーン!ですから、かなりキツかったです…」

 

 

第6試合 杉浦軍vs金剛 シングル6番勝負 シングルマッチ

杉浦貴vs征矢学

【試合後の杉浦】
――そやせん…
▼杉浦「(※記者に)鼻クソほじんな! マスク着けろ!」
――改めて征矢選手と戦ってみて?
▼杉浦「力あるね、力はある。正面からガンガンくるんで。まぁ俺としてはやりやすい」
――金剛とのシングル6番勝負を勝ち越しに導いたが?
▼杉浦「まぁ、みんなに勝ったワケじゃないからね。全員当たって勝ったワケじゃないから。まぁ、まだイリミネーションあるでしょ? そこで勝たないと。そっちの方がチームとしての団結力を見せられるでしょ?」
――中嶋相手のナショナル王座の防衛戦も決まったが?
▼杉浦「前哨戦もやってないんだけどね。何度も闘ってる相手だし。タイトルマッチまでいかにテンション上げて臨むかだよね。前哨戦なく当たるのは今までにないパターンではあるけど、でも相手も同じことだから」
――どんな試合になりそう?
▼杉浦「アイツが逃げなきゃ、蹴りとエルボー、どっちかが倒れるまでやるんだけど……あいつたまにスカすからね」
――田中稔戦に続いて、無観客でのタイトルマッチとなる
▼杉浦「仕方がない。今は無観客でやってるけど、(カメラの)向こう側に観てくれてる人たちがいる。このコロナの状況が終息すれば、また会場に観にきてくれれば良いんで。見せられるものを見せるしかない。……(※質問していた記者がマスクをズラすと)マスクを着けろ!」

 

 

第7試合 SUGIURA-GUN vs KONGO 6vs6 イリミネーションマッチ

【試合後の拳王ら金剛】
▼拳王「今、“時が止まってる"ことが多々あるよな。だがな、プロレスリング・ノアはな、時を止めないぞ。俺たち金剛はな、時を止めないぞ。プロレスリング・ノアのリングを金剛のごとく、ダイヤモンドのように、これからも時を止めずに輝かせていくからな。そして! NOAH Stay Together。(※TVカメラに向かって)これを見てるクソヤローども。俺たちはな、いつも一緒にいるんだぞ? 金剛! NOAH Stay Together。お前らクソヤローどもと考えてること、強い信念は一緒なんだぞ? これからはな! 俺たち金剛がプロレスリング・ノアのリングをさらに輝かせていくからな。これからはな! 俺たち金っっ剛に………ついて来い!」
▼北宮「帰るぞ!」
▼稲村「はいっ!!」