ニュース

5・9 ノアTVマッチ 杉浦陥落…中嶋がナショナル王座奪取 “AXIZ"がシングル2大王者に 試合後コメント

インフォメーション
2020.05.10

杉浦陥落…中嶋がナショナル王座奪取 “AXIZ"がシングル2大王者に▼HAYATAまさかの造反&ぶち壊しで小川と合体▼新境地で桜庭輝き増す 杉浦軍にカシン新加入? 論外が4人の“一時解雇"発表▼望月が丸藤に“魔流不死制裁"約束▼清宮新兵器

 

試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトでご確認ください。

http://dx-sp.gsj.bz

写真提供 プロレス/格闘技DX

 

 

第3試合

桜庭和志&レネ・デュプリ&NOSAWA論外vs 拳王&征矢学&覇王

【試合後の桜庭&デュプリ&論外】
▼論外「この前、金剛と杉浦軍がやり合って、なんか拳王が『杉浦軍は寄せ集めの集団だ』って言ってたけど、まぁ言われてみればそうだな。ただ、寄せ集めでも金剛なんかより全然チームワークができてると思うよ。杉浦軍のほうが。桜庭さんの連絡先も知らねえけど。でもリングに上がれば、金剛の言う信念?ってヤツ、杉浦軍のほうがあるんじゃねえか? ラスボス(杉浦)見てみろ。なんだあの東京スポーツの記事。(防護服のカメラマンと)同じ格好して。あれが信念ってモンだよ。そこでだ。杉浦軍が寄せ集めって言われて、確かにそうだな…って思うこともあって、杉浦軍の中を一度整理しようと思って。一時解雇ってヤツ」
▼桜庭「…え?(汗)」
▼論外「杉浦軍の中を一時整理して、寄せ集めの集団って思われないようにしようかと…」
▼桜庭「ゆ、郵便番号教えるんで! それで連絡してもらえれば大丈夫なんで! せっかく慣れてきたんで!」
▼論外「とりあえず一時解雇メンバーは鈴木秀樹、KAZMA SAKAMOTO、関根シュレック秀樹、ディック東郷、この4人を一時解雇ということで…」
▼桜庭「ディックさんは同じ秋田出身なんで…!」
▼論外「残留メンバーが杉浦貴、大原はじめ、NOSAWA論外、GHCタッグチャンピオンのレネ・デュプリ、イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.、吉岡世起、あとは…桜庭さんまだやってくれるんですか?」
▼桜庭「はい、はい!(※かしこまって頭を下げる)」
▼論外「そして藤田和之。藤田和之に関しては一時解雇したいけど、音信不通のため連絡がとれないんで、暫定的な残留メンバー。で、あと一人、ケンドーカシン」
――…カシンが新加入する?
▼論外「え? 言ってない。じゃあ、もう一回言おうか。杉浦貴、桜庭和志、大原はじめ、吉岡世起、NOSAWA論外、レネ・デュプリ、イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.、あと藤田和之に限っては音信不通のため暫定の残留メンバー。で、あとケンドー・カシン。え? なんかおかしい? それが新しい杉浦軍の“寄せ集めじゃない"厳選したメンバー。それでもう一回やろうぜ、あの(金剛との)イリミネーションとシングル。俺はもう一回拳王とやりたいね。拳王は桜庭さんと見たいなっていうのはあるけど。その中から6人選んで。いつでもいいよ。(※デュプリに)ユー・ノー・ファイヤーね」
▼デュプリ「センキュー!」
▼論外「ユー・タッグチャンピオンね! (桜庭とも握手しながら)末永く。まぁこの件に関してラスボスは何も知らないから。このあとラスボスはナショナルあるから、今日以外に(質問を)振ってあげたほうがいいんじゃない? 動揺されても俺のせいになるんで。この間、雨降っただろ? 俺が10年ぶりに練習しに道場に行ったから雨降って、ラスボスが雨で帰れなくなったんだよ。それでめっちゃ怒られたんだから。『来んなよ!』って。それくらい金剛より信念があるから、杉浦軍は。桜庭さんも、今日念願のプランチャをやって。それを聞いたほうがいいよ。俺が言ってないような名前のことを聞くんじゃなくて」
▼桜庭「いや、この前(プランチャを)イリミネーションでやろうとしたら、ダメだって言われて…」
▼論外「いやいや、(オーバー・ザ・トップロープで)負けちゃいますから(笑) ルール、ルール」
▼桜庭「でも今回は『やれ』って……さっきのメンバーといい言ってることが……」
▼論外「じゃあ桜庭さんも…」
▼桜庭「いやいやいや! 大丈夫ですから! 今のなし(笑)」
▼論外「ということで、俺は言ってないからね! 俺、なんて言った?」
――カシンと…
▼論外「うん、元気でやってくれてれば良いよね。よろしくお伝え下さい」

 

 

第6試合 GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合

HAYATA&YO-HEYvs小川良成&鈴木鼓太郎

【試合後の鼓太郎&小川&HAYATA】
――これは一体…
▼小川「(※HAYATAを示しながら)“こういうこと"だよ!」
――話ができていたということ?
▼小川「“こういうこと"だよ!」
▼HAYATA「……同じや!」

 

【試合後の原田&YO-HEY&タダスケ】
▼原田「おいHAYATA! フザけんなよ! 俺ら裏切ってどういうつもりやコラ。ナメんな! これから俺たちがな、思いっきりアイツを成敗したるからな。フザけんなHAYATA! 次、俺が行きたいけどな。タダスケとYO-HEYがやってくれるから俺は任せるぞ。だがな! 次、俺と当たった時は容赦せえへんからな!HAYATA! もう、このRATEL'Sも…(※おもむろにRATEL'S・Tシャツを脱ぎ)もうええやろ。とりあえず覚えとけよ、HAYATA。この落とし前、ガッチリつけたるからな!」
▼YO-HEY「……今、正直…何が起こっとるか頭の中パッパラパーになって、全然整理でけへんねんけど、ひとつ言えることは嫁?…いやHAYATAが裏切ったと。もう俺らと仲間じゃないと。俺ら夫婦も……離婚やと。…ということだけは分かっとる状態で。怒ったらいいんか、悲しんだらいいんか正直、全然意味分からんけど、俺にはまだ仲間が…こんな素晴らしい仲間がおるんや! RATEL'Sも、もう終わりかしらんけど、俺らは強い絆で結ばれてる同志やから。ちょっと次の試合に向けて、頭整理して、ボコボコにしたらいいだけの話でしょ? HAYATAを、あいつらをボコボコにしたったらエエだけの話やから。しっかり気持ち切り替えて。ペロンペロンのお調子モンのYO-HEYちゃんをナメんほうがエエ。アイツ(HAYATA)がそれを一番分かっとるかもしれん、でもそれをトコトン味わわせてやるから! ぶっ潰します、アイツ」
▼タダスケ「おい! 次…ホンマに絶対ベルト懸けてボコボコにしたるからな!!」

 

 

第7試合 GHCナショナル選手権試合

杉浦貴vs中嶋勝彦

【試合後の中嶋】
――まず杉浦戦を振り返って?
▼中嶋「振り返りたくもないねえ。なんでいつも俺たちの…というか、毎回いつも俺の前に大きな壁として現れるよね。まぁ、ありがたいですよ」
――今まで以上の壁の高さ、厚さを感じた?
▼中嶋「そうね。毎回死ぬかと思うけど、想像以上に。死ぬかと…いや、死んだかと思ったよ、今回もね」
――変化の幅が広そうなベルトを手にしたが、どう王者として振る舞っていく?
▼中嶋「獲った時から俺の一部だから。一緒に変化していくよ。むしろ、俺と一緒に変化するのが(ベルトも)楽しみなんじゃない? 想像つかないよね! どんな風になっていくのか。だから楽しいじゃん、ねえ!?」
――AXIZとしては潮崎がGHCヘビー、そして中嶋選手がGHCナショナル…と、揃ってシングルのチャンピオンになった
▼中嶋「HOMIESにはリング上から『獲ったよ』って言ったけど、一番言いたいのはね……(※TVカメラに向かって)豪さん! 獲ったよ」
――これから潮崎とはAXIZとして組んで盛り上げていく部分と、それぞれGHCヘビー級王者、GHCナショナル王者として存在感で競い合っていく部分とが生まれそうだが?
▼中嶋「いいよ。どんな見方でもいい。楽しいじゃん。想像は、可能性は広いほうが。だって俺たち、ノアの選手もスタッフも、HOMIESたちも一緒に走ってるから。今、こんな世の中だけど、ノアはTVマッチとしてまだ届けられるし、観てもらえる。この出会いと奇跡は当たり前じゃないし。でもこれを続けていくのが、やり続けていくのが俺たちプロレスラーでしょ。……ちょっと、らしくないこと言っちゃったじゃん!(笑) まぁTVマッチがノアにはあるからね! 見たいヤツは見てくれ。そして後悔はさせない。そのために俺たちはリングで命を張る。今日は新たなスタート。GHCナショナルが俺の手元にある。これが一番、今日大事なことじゃない?」
――自分自身でもどんなベルトか想像がつかない?
▼中嶋「つかないよ。だってまだ出来たばっかじゃん。これから創り上げていくんでしょ? 誰が?………俺が!」