ニュース

6・12ノアTVマッチ NOAH In The Spotlight day3 ノアJr.混とん拍車 「原田vsHAYATA」大乱闘で決着持ち越し、小峠は鼓太郎急襲でGHCジュニア挑戦 試合後コメント

インフォメーション
2020.06.13

ノアJr.混とん拍車 「原田vsHAYATA」大乱闘で決着持ち越し、小峠は鼓太郎急襲でGHCジュニア挑戦▼“いちレスラー"カズ・ハヤシが吉岡粉砕 ノアでの元W-1対決に完勝▼狙うは小川?三冠? カシン「何かやり残したことある気が…」▼念願・武藤戦へ清宮自信満々

 

 

試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトでご確認ください。

http://dx-sp.gsj.bz

写真提供 プロレス/格闘技DX

 

 

▼第1試合

カズ・ハヤシvs吉岡世起

【試合後のカズ】
――吉岡とノアのリングで戦ってみて?
▼カズ「無礼すぎるんだよ。どうして、あいつがこのノアのリングに上がることができたのか…無礼すぎる! それを俺が成敗したまでです」
――ノアのリングで吉岡と闘うことに違和感は感じなかった?
▼カズ「ひとつ言えるのは、いち選手としてのプライドを持ってこのリングに上がってるってことですね。本当の意味での“個人闘争"ってモンが始まってる。WRESTLE-1というものにくるまれていた、そういうモノじゃなく。生きていくための個人闘争が始まったかなと。彼もそうだし、俺も一緒だから。ノアジュニア……おもしれえ。杉浦軍ジュニアとして、俺は闘っていきます」
――試合後に上を指差していたが?
▼カズ「それは僕のレスラーとしての思い。カズ・ハヤシが個人として闘っていく。そういうレスラーとしての思いです。どうとらえるかはお任せします。僕の中では“決まってる"んで。ブレないし。今日で(ノア)3試合目、体調も徐々に上がってきて。でも試合勘…やっぱり怖いな、プロレスって。怖いけど、やっぱり『レスラーやってて良かったな』って思いますね。お客さんの声援っていうのは今は無いけど、向こうに伝えられると思ってるし、やってて楽しいですね。僕は充実しています」

 

 

▼第2試合

ケンドー・カシン&NOSAWA論外vs覇王&仁王

【試合後の論外&カシン】
▼論外「……なんか、ありますか?」
――カシン選手、金剛というチームの印象は?
▼カシン「どっちが仁王で、どっちが覇王だかちょっと…」
――NOSAWA選手はチームワークについて?
▼論外「チーム…まぁ連係も無理にやる必要はないし、合わせるつもりも…」
▼カシン「いや俺、なんかやり残したことがある気がするんだよ。せっかくノアに上がってんだから。何かあったんだよな。(※入場中の小川良成のテーマ曲が流れてくると)あ、小川。愛想もクソもねえ、あの野郎。今ベルトは持ってないの?」
▼論外「今は持ってないっすよ。ちょっと前かな」
▼カシン「なんだっけなあ? 何かあった気がするんだけど」
▼論外「(※余計なことを言い出す前に話をまとめようとして)まぁまぁ杉浦軍の新勢力。ケンドー・カシンさんが来たってことで…」
▼カシン「違うな、それは違うな」
▼論外「え、ま、まぁ、しばらくこんな感じで続くと思うんで。今日も良い連係だった! カズさんも含めて僕らジュニアでいいんですかね?」
▼カシン「うん、せっかくだから三冠…」
▼論外「え…まぁwikipediaで調べてもらえれば分かるけど、あと一本ベルトが足りないから。でも、今は鈴木鼓太郎がチャンピオンで」
▼カシン「え、じゃあいいよ。小川だったらいつでも」
※カシンが去る
▼論外「まぁこれが二次災害。『なんで二次』って言われたけど、呼んだ時点で災害だったから。まぁ、こんなチームがあっても、まったくコミュニケーション取れないけど、取れてるのか取れてないのか分からないけど、いいんじゃないですかね」
――小川選手はジュニアタッグの王者だが?
▼論外「だから、それを言っちゃうとまた『挑戦させろ』ってなるから…。余計なこと言うと。今はベルトとかの前になじんでもらわないと。ただでさえ、はぐれてるんだから。いやぁ頭が痛い。ラスボスのせいだ。杉浦貴がちゃんと統括しないから杉浦軍が…。でも、新しい杉浦軍が創れそうだから。いやぁ、あとは煽るから、あなた方(メディア)が。俺の身にもなってくれよ。ホントに来ると思ってなかったんだから! 困った…。カズさんも会社潰してんのに吹っ切れてますよね。困ったもんですよ。なるべく煽んないようにお願いします」

 

 

▼第5試合

HAYATAvs原田大輔

【試合後のバックステージ】
▼鼓太郎「小峠、新しいチーム作って、これでいいのかよ? あそこまでして、やりてぇんだったら、やってやるからよ。フルスロットルで来いよ。俺はセカンドギアで相手してやっからよ」
※鼓太郎が去り、残ったHAYATAはダメージが残って立ち上がれない。小川が介抱しているところへ、原田&タダスケ&YO-HEYが殴り込んでくる

 

▼原田「おいHAYATA! お前なにがしたいんじゃコラ! もう1回やれ、俺と! タダスケともYO-HEYともやれ!」
※両軍もみ合いとなるが、小川とHAYATAは原田らを振り切るようにその場を離れる
▼原田「なんだオラ! ふざけんなオラ!」
▼YO-HEY「逃げんのか! また逃げんのか!?」
▼原田「おい待てHAYATA! しょうもない。こんなやり方しかでけへんのか!? ふざけんな! さっきも言った通りや! あいつが逃げんなら、俺たちは…俺は! あいつがどこ行っても追い詰めるぞ! とことん! 追い詰めるぞ!」
▼YO-HEY「ハイ、俺も!」
▼原田「みんなムカついとるねん! あいつに!…いや、あいつらや! ふざけんなこの野郎! ナメんな!!」