ニュース

9・23後楽園ホール大会(夜) 潮崎負けた! 望月が今N-1値千金の初勝利 試合後コメント

インフォメーション
2020.09.24

▼潮崎負けた! 望月が今N-1値千金の初勝利

▼ノアJr.大混乱…“桃の青春"原田&小峠電撃復活 YO-HEYはFT入り

▼無敗・杉浦に土 中嶋が非情乱打戦制す

▼清宮が桜庭4の字葬! 会心の昼夜連勝

▼拳王が丸藤絞殺で3連勝 一気首位浮上

 

試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトでご確認ください。

http://dx-sp.gsj.bz

写真提供 プロレス/格闘技DX

 

第2試合 N-1 VICTORY 2020 Bブロック公式戦 30分1本勝負

丸藤正道 vs 拳王

【拳王の話】

「勝ったぞ、おい。最初はつまずいたけどな、もう1回勝てば、優勝する望みはあるだろ? いいか、おい。俺のな、強い信念見たか? 丸藤を絞め落としてやったぞ! いいか、丸藤も絞め落としたんだ。次は誰だ? 杉浦貴、テメーもな、絞め落としてやるからな! そして、N-1史上初連覇をする男はこの俺、拳王だ…」

 

第3試合

N-1 VICTORY 2020 Aブロック公式戦 30分1本勝負

桜庭和志 vs 清宮海斗

【試合後の清宮】
▼清宮「よし! よし! よし! いや、ホントにホッとしましたね」

――1敗もできない状況に追い込まれているが、桜庭選手に足4の字固めで勝った意味はどう捉えている?

▼清宮「今まで試合の中から盗んできて、それを自分で練習をやってきた。自分でこれをやり続けたというのを今日試合で出せたかなと思います」

――直近だと武藤戦でヒザ攻めを受けた。足4の字固めもある意味、武藤戦で会得したもののようにも思えるが、それが活きた?

▼清宮「はっきり言って、武藤戦から得たものもあって、それを出したというのはありますけど、桜庭さんも普段やってこないような技をやりたいなと思ってたんで。普段は試合で受けない技もあるじゃないですか。そういう技をやっていこうかなと思っていたんで」

――星取り的には2勝目。昼も夜も勝つことができた

▼清宮「このままいきますよ。絶対いきますよ。今日もね、桜庭さんとの試合は今までにないような緊張感だったけど、自分が絶対に優勝するんだっていうそういう気持ちだけだから。絶対俺がいきますよ。このまま優勝します」

――残りは1戦だが、そこに向けては?

▼清宮「残る相手が誰だと思いますか?」

――潮崎選手になる

▼清宮「負けるわけにいかないですよ」

 

第4試合

鈴木鼓太郎&小川良成&HAYATA vs 原田大輔&YO-HEY&岡田欣也

【試合後の原田&小峠】
――なぜ心境の変化があった?

▼原田「今はそれを話す前に、これからどんどん、ノアジュニアってモノを俺たちで創っていくから! 新潟でもう一人、同志が来ますし、3人でノアジュニアをどんどん創っていく。さっきも言ったけど、金剛ジュニアも、杉浦軍ジュニアも、FULL THROTTLEも、そしてSTINGERも全部俺たちが倒して、ノアジュニアってモンを創っていく」

――小峠選手は急な決断だったが?

▼小峠「今日に関しては分からんけど…身体が勝手に動いちゃうことってあるやん。まぁでも、結果的にこうなったんやから、俺はもう一回……もう一回じゃないな。俺たちでノアジュニアを創り上げる。それぐらいの気持ちで俺たちはいるから」

――FULL THROTTLEは脱退した?

▼小峠「アイツら(大原&吉岡)がもう俺と組みたくないのであれば、もうそれは仕方ない。俺が思ってやった行動だから」

――桃の青春再結成までしないと、一強状態のSTINGERを倒せないと思った?

▼原田「これから、あのSTINGERの一強状態、どんどんどん崩していくから! ほかも全部俺たちが倒す! それだけです。これからのノアジュニアを楽しみにしていてください。以上です」

 

【試合後の大原&吉岡&YO-HEY】

▼大原「おい! なんだアイツ! リーダーまで決めて今まで一丸でやってきて、なんであんな勝手な行動すんだよ!? なんであんな勝手なマネすんだよ!?」

▼吉岡「だいたい、アイツが俺たちを誘って組んだんだろ!?」

▼YO-HEY「俺からしたら聞いとった話と全然ちゃうことだけは分かるけどな」

▼大原「そうそう。YO-HEY入れて、俺たち4人(小峠&大原&吉岡&YO-HEY)で新しくやってこうって話もしてたのによ! なんでアイツが原田と組むんだよ! なんだあの裏切り方!! こんなんアリかよ! いっつもいいトコばっかり取りやがってよ!」

▼YO-HEY「まぁまぁ、そう言いたい気持ちも分かるけど、こうなったらからには、こうなったモンや。え~改めましてワタクシ、FULL THROTTLE新メンバーのYO-HEYちゃんです。僕たち3人でFULL THROTTLE、エンジン全開でブンブンやってくから、みんな応援のほう、よろしくおねしゃーっす」

 

【覇王の話】「おい鼓太郎! よくも毎回、好き放題言ってくれるな。最弱の挑戦者? おい見ろ! ピンピンしてるぞコノヤロー! 勝負はあくまでも10月の大阪だ。最後はワン、ツー、スリー…!で勝つのはこの俺、覇王だ!」


【試合後の論外&カズ】
▼論外「なんか小川良成のベルトに挑戦しに行こうかと思ったら、なんか変な喧嘩に巻き込まれて。売られた喧嘩は買うしかないから。クソ、鼓太郎に裏切られた。クソ、鼓太郎め」

▼カズ「“行き損"にはしないからな」

 

第5試合 N-1 VICTORY 2020 Bブロック公式戦 30分1本勝負

杉浦貴 vs 中嶋勝彦

【中嶋の話】

「(カメラに向かって)見た? 見た? 俺の試合、見たろ? どうだった? 俺らしいスリリングな試合だっただろ? なあ? 昼間は調子が出なかったよ。でも、安心してくれ。今夜、調子が戻った。次も楽しみだな。(カメラに向かって)ていうか、なにずっと見てんだよ! まあ、いいや。お前ならいいよ。これからもずっと俺を見とけよ」

 

第6試合 N-1 VICTORY 2020 Aブロック公式戦 30分1本勝負

潮崎豪 vs 望月成晃

【望月の話】

「ちょっと座らせてもらいますよ。(コメントブースの床に座り込むと)まあ、昨年は決勝ギリギリまで、行くか行かないかの惜しいところまでいきましたけど、さすがに今日で終わったと思った人は多いでしょう。俺も思ってた。清宮、桜庭、この試合で最低でも2点取っておかないと、今日は迎えられないなと思ったんですけど。でも、作戦がハマった、それに尽きますね。真正面からやって叶うわけないんで。俺もいろんなラリアット食らってきたし、最後のあそこはワンチャンスだと思って、なんとか立ち上がりました。残り2戦、征矢と北宮。2つ勝ったら、7点になるのかな? これは可能性あると思うんで。去年言わせてもらった言葉をもう1回言わせてもらいます。他団体から来た175cm、85kgの50歳が第2回N-1獲ったるからな。お前ら、見とけよ」