ニュース

11・3キラメッセぬまづ大会 W前哨戦過熱…潮崎“正規軍”で3連勝 清宮は「鬼の清宮」降臨予告 試合後コメント

インフォメーション
2020.11.04

▼W前哨戦過熱…潮崎“正規軍”で3連勝 清宮は「鬼の清宮」降臨予告

▼坊主&黒コス回帰…金剛離脱の稲村が“正規軍"で「イチから」再出発

▼谷口が“武藤殺法”しのいで横浜・武藤戦へ弾み

 

試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトでご確認ください。

http://dx-sp.gsj.bz

写真提供 プロレス/格闘技DX

 

 

第3試合 タッグマッチ

モハメド ヨネ&稲村愛輝vsマサ北宮&征矢学

【試合後の稲村】
――坊主、黒コスチュームに戻して、ノア正規軍として再出発したが?

▼稲村「心機一転! 新しい自分で。このコスチュームもデビュー当時使っていたものですし、新しい気持ちで、またイチからしっかり、自分のプロレス、強さっていうものを目指したいと思います」

 

――金剛からの風当たりは特に強くなりそうだが?

▼稲村「それは覚悟しています。覚悟したうえで、それをすべて自分の力にして、必ずもっと強くなって、上がっていきたいと思います」

 

 

第4試合 タッグマッチ

杉浦貴&NOSAWA論外vs谷口周平&吉岡世起

【試合後の谷口】
――武藤戦が正式に決まった、率直な思いというのは?

▼谷口「自分でお願いして組まれた試合ですから。武藤敬司をしっかりと体感して…体感するだけじゃなくて、そのうえで武藤敬司を上回っていきたいと思います」

 

――シャイニング・ウィザードや4の字といった武藤殺法を跳ね返しての勝利だったが、シミュレーションは進んでいる?

▼谷口「そうですね。対戦した時だけじゃなくて、他の試合も見ているので、しっかりと対策立てて、策を考えていきたいです」

 

――武藤敬司という存在は自身にとってどんな存在?

▼谷口「ホント、かつては雲の上の存在。それを体感することで、自分の位置も高めていきたい」

 

――殻を破れない状況が続いている

▼谷口「はい、いつも『これをチャンスに、これをチャンスに』って言ってきましたけど、もう後はないと思ってるんで。しっかりモノにしていきたいと思います」

 

――武藤は『俺にメリットがない試合』とも言っていたが?

▼谷口「試合終わったら、そう思わせないように、やってやりますよ」

 

 

第5試合 10人タッグマッチ

潮崎豪&清宮海斗&原田大輔&小峠篤司&宮脇純太vs拳王&中嶋勝彦&覇王&仁王&タダスケ

【試合後の潮崎】
――前哨戦3連勝となった

▼潮崎「前哨戦3連勝…まだ直接、中嶋勝彦から取ってはいないからね。中嶋勝彦から取って初めて有利になると思ってるんで。ただ、こうやって徐々にだけど、ノアの熱い思いがみんなに伝わってると思う。その闘いがリング上にはあるからね、ノアには。この思い、熱さを、もっと全国に広げていきたいですよ」

 

――『中嶋勝彦は何がしたいのか』と言っていたが、手応えは変わらない?

▼潮崎「やりあえば、やりあうほど、熱さ、凄さは存分に伝わってくる。でも俺はどんなに蹴られようが、GHCのベルトは渡さないよ。11・22、GHCヘビー級のベルトは俺が守る」

 

――拳王と清宮も激しくやりあっていたが?

▼潮崎「そうだね。もちろん同じ日にタイトルマッチがある。それにも負けられないし。あいつ(中嶋)だけじゃない。ナショナルにも負けられないよ。気持ちがより入るよね。すべてに勝って、横浜武道館、最高の…最高の舞台にしてみせます」

 

【清宮の話】

「まだまだ…まだまだやり足りない! 全然攻めたりない。もっともっと攻めて、横浜武道館“鬼の清宮"降臨させるから! ノアの絶景を見せられるのは俺しかいない」