ニュース

3.17博多大会 ノア最後のスターレーンで新生ノア創造の誓い 清宮&拳王が快勝発進 福岡・博多スターレーン大会試合後コメント

インフォメーション
2019.03.18

ノア最後のスターレーンで新生ノア創造の誓い 清宮&拳王が快勝発進▼スターレーンに捧ぐ死闘 杉浦が潮崎ねじ伏せGHC戦線で再浮上▼丸藤疲労困ぱい…小川と感謝の技巧戦▼稔&Hi69が王者ピンでJrタッグ挑戦表明 鼓太郎は「Hi69の計量」逆要求…博多大会詳報

試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトでご確認ください。
http://dx-sp.gsj.bz/pc/index.html

 

◆第1試合 6人タッグマッチ 20分1本勝負
原田大輔&タダスケ&HAYATA vs 大原はじめ&熊野準&田中純二

【試合後の原田&HAYATA&タダスケ】
――RATEL'S仕切り直しの勝利となったが?

▼原田 そうですね。このチームができたのは、ここの会場ですし、生まれた会場が無くなるのは寂しいですけど、勝つことはできたんで。このままの勢いで、続く豊中、世界館でも内容と結果を残していきたいなと思います。

――GHCのベルトからはチームとしては遠ざかってしまったが?

▼原田 ベルトが遠ざかっても、しっかり存在感を見せられるようなモノを残していきたいなと思います。

――タダスケ選手は?

▼タダスケ 結成の地・博多スターレーンが無くなってしまうのは……言葉が出てこない。でも、ここで結成できてホントに良かったなと思います。

▼HAYATA …同じや!

 

【熊野の話】 最後の博多スターレーン。色んな思い出があって。ベルトに初挑戦したのもこの会場でしたし。最後も勝ちたかったのも素直な気持ちですけど、自分の目標は決まったんで。そこを目指していこうと思います。具体的には? そこはまだ明言はしない。ま、着実に行動で示していきたいと思います。したーっ!

 

 

◆第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負
田中稔&H i69 vs 鈴木鼓太郎&YO-HEY

【試合後の稔&Hi69】
――ジュニアタッグ王座への挑戦を表明したが?

▼Hi69 これはもう必然的なこと。去年の札幌大会で俺らがトーナメント優勝して、チャンピオンになって、ずっとチャンピオンロードを続けて引っ張ってきたのは俺らだと思ってるんで。そして今、田中稔がシングルのチャンピオンになって、もうあとはタッグのチャンピオン狙うしかないでしょう。

▼稔 リング上でHi69君が言った通り、俺らイケイケですから。“イケイケ"が今、死語かどうかは別の問題ですけど、とりあえず今“イケイケ"なんで、新体制のノア、田中稔とHi69に任せとけ。

――計量を要求されたが?

▼Hi69 いつでもやりますよ、僕は。ノアのジュニアって何キロでしたっけ?

――100キロ以下です

▼Hi69 大丈夫です。いつでも体重計に乗ります。ただ、計量の前の日くらいには教えてください。

――ちなみに今の体重は…

▼Hi69 普段は102キロをキープ(?)してるんですけど、ちゃんと試合前は2キロ減量して出てるんで、何の問題ないです。大丈夫です。そこは大丈夫です。

――リング上で体重計に乗っても?

▼Hi69 あーもう大丈夫です。全っ然、大丈夫です。

 

◆第3試合 8人タッグマッチ 30分1本勝負
中嶋勝彦&マイバッハ谷口&齋藤彰俊&井上雅央 vs マサ北宮&稲村愛輝&宮脇純太&岡田欣也

 

【試合後の中嶋】
――試合を振り返って?

▼中嶋 もうね、今日はラスト・スターレーンだから、一言だよ。ありがとう。

――スターレーンでの思い出をあげるとすれば?

▼中嶋 いろいろありすぎるね。この会場で、いろんな他の団体にも上がらせてもらったりしたし。まぁノアで言ったら、俺はここで三沢さんとシングルをさせてもらった場所なんで、忘れることはできないね。

――改めてタッグリーグに向けて?

▼中嶋 このまま…いや、これ以上かな。AXIZは始まったばかり。成長するしか無いチームだし、そう考えるとこれから楽しみだろ? ラスト(スターレーン)だったけど、今日もAXIZの中嶋勝彦は良かっただろ? なぁ、イエスか、ノーかで答えてみろよ。

――イエス…

▼中嶋 聞こえねえなあ!

――イエス!

▼中嶋 おーそうか、いいぞ、それで。楽しみにしとけ!

 

◆第4試合 博多スターレーンメモリアルマッチ 30分1本勝負
丸藤正道 vs 小川良成


【試合後の丸藤】
※コメントスペースに着くなり座り込み

▼丸藤 …はぁ、はぁ…疲れた…

――大技の応酬があったワケではないが、なぜそこまで疲れている?

▼丸藤 完全に小川さんのペースだったからじゃないですか? いやぁ疲れた! 最後はちょっと、くじけそうになった…。何回やっても勉強になりますよ。今日だって小川良成の引き出しなんて10分の1も開けられなかったんじゃないか? いやぁ…まだまだだな、俺も。もう少し、自分探しの旅が続くかもしれない。

――ノアでは最後の博多スターレーン大会だったが?

▼丸藤 本当に博多スターレーン、本当に…本当にありがとうございました。いろんな会場があるなかで、凄いやりやすい雰囲気の会場だし、お客さんとレスラーの距離というのもあるし、東京の聖地と言われる場所よりも、もしかしたら盛り上がるんじゃねえか…っていう感覚を常に与えてくれた博多スターレーンに感謝したいと思います。そういう意味でも今日勝てて良かったです。

 

◆第5試合 博多スターレーンメモリアルマッチ 30分1本勝負
杉浦貴 vs 潮﨑豪

【試合後の杉浦】
――かなり激しい試合となったが?

▼杉浦 こうなるだろ、やっぱり。お互いのフィニッシュやっても決まらないから、いくらでも行くだろ。

――潮﨑に勝ったということは、シングル戦線でも再浮上のきっかけになった?

▼杉浦 おう。団体のロゴが変わろうが、マットの色が変わろうが、体制が変わろうが、新しい風が吹こうが、俺はベルトを狙うだけだから。そこはもう絶対ブレないから。プロレスラーってことは、ベルトをつかむってことだろ?。何も変わってないよ。周りは変わっても俺は変わらない。

――まずはタッグリーグという状況でもあるが?

▼杉浦 タッグリーグが始まるからな。ただ、いつでもまた、タッグもシングルもベルトに挑戦できる位置にいると思うんでね。まぁ、今“新しいノア"って騒いでるけど、俺はまたぶん取りに行くから。

――ノア博多スターレーン最後の大会となったが?

▼杉浦 寂しいよね。いろんな思い出があるし。今日やった潮﨑なんかはね、(三沢さんが亡くなった)広島の次の日、ここでタイトルマッチ決まって。試合前に柔軟とかアップしてる時、泣いてんだよ、アイツ。その時『泣くなら終わってから泣け』って言ったこともあったな。いろんな思いが詰まった会場だよ、ここは。

――自身の試合で思い出深いのは?

▼杉浦 ここじゃ色々やったし…佐々木健介ともやってるし。俺としても、いろんな人とやった思い出のある会場。寂しいよ。

 

◆第6試合 タッグマッチ 60分1本勝負
清宮海斗&拳王 vs モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム

【試合後の清宮&拳王】
――ノア最後のスターレーン大会で新生ノア創造の誓いを立てたが?

▼清宮 博多スターレーンが最後っていう思い出よりも、俺と拳王さんの“始まりの日"にできたんで、凄く良い思い出ができたと思います。

▼拳王 清宮も言った通り、最後だな…っていう気持ちもあるけど、ここからがスタートだな…って気持ちのほうが強かったな。新生ノア、スタートの日だ。連れてってやるよ。新しい景色、見させてやるよ。これだけお世話になった会場に、俺たちは誓ったんだよ。

――試合終盤には自然と二人で天を指さしたが、どんな気持ちで?

▼清宮 ここから駆け上がるってことで、二人の気持ちはつながったと思います。

▼拳王 なんか自然と手が出たよな。どこまででも行ってやるよ。指さしたとこ見てみろよ? どこまででも行けるだろ? 日本のプロレス界…世界のプロレス界にこんだけ期待できるチームあるか? 探してもいねえだろ? 俺たちがやってやるんだよ。そう、博多スターレーンに誓ったんだからな。

――最後は強烈な連係でフィニッシュとなったが、実際組んでの手応えは?

▼清宮 手応えもありますし、それが結果につながってるので。向こうは前タッグチャンピオンチーム。あのチームを倒せたことで、力は証明できたと思うので、これから俺と拳王さんで駆け上がります。

▼拳王 俺たちなんかな、ノアにいるレスラーのなかでもキャリアは下の方だよ。なんなら下のベスト5に入るくらいのヤツらだよ。でもプロレス、キャリアじゃねえだろ? ハートだよ! プロレスリング・ノアにいるヤツでも、メジャー団体だった頃を知ってるヤツらがいる。俺たちは知らねえよ。でもな、そこまで行きてえんだよ! その景色を、全国各地のクソヤローどもに見せてやりてーんだよ! 俺も見てえんだ。必ず連れていってやるよ。