ニュース

【6月2日(水)発売の「週刊プロレス」6月16日号】

インフォメーション
2021.06.03

★三沢光晴メモリアルを速報!…5・31後楽園大会リポート

大田区から舞台が後楽園に変わる中、武藤vs丸藤の最後の前哨戦、杉浦と桜庭のGHCナショナル王座戦などの注目カードがおこなわれた三沢光晴メモリアル大会の様子を速報でお届け!

★NOAHとDDTの違いとは?…拳王のクソヤローどもオレについて来い!!

サイバーフェス6・6さいたまが目前に迫る中、拳王コラムでは拳王がNOAHとDDTのスタイルの違いについて言及。独自の視点から、鋭い言葉の数々を飛ばしています。

★無観客配信中心という実験…巻末言

編集長がプロレス界を切り抜く巻末言では、6月は配信を中心として有観客を1興行しかおこなわないNOAHの方針について、武田有弘取締役の言葉を交えながら読み解きます。

「週刊プロレス」6月16日号(No.2125)は、定価530円にて6月2日(水)より全国の書店、コンビニ、駅売店で発売。※地域によって発売日は異なります。通販での購入、商品の問い合わせはベースボール・マガジン社受注センター℡0120・911・410まで。