ニュース

7・3横浜ラジアント試合後コメント 第1試合で「丸藤vs杉浦」シングル前哨戦実現 王者・丸藤「負けに等しい」15分ドロー

インフォメーション
2021.07.04

▼第1試合で「丸藤vs杉浦」シングル前哨戦実現 王者・丸藤「負けに等しい」15分ドローで「強さ」に課題

▼タダスケが大原メイン粉砕 仙台Jr.タッグ戦へ「ギラギラに磨いとけ!」

▼HAYATAが日高直接ピン、小川ベルト殴打で論外KO STINGER反撃で抗争激化

 

試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトでご確認ください。

http://dx-sp.gsj.bz

写真提供 プロレス/格闘技DX

 

第1試合 15分1本勝負

丸藤正道vs杉浦貴

【試合後の杉浦】
――シングルでの前哨戦は異例だったが、試合を振り返って?

▼杉浦「足りないんじゃない? 15分じゃ。15分じゃ仕留められないし」

――改めて仙台はどんな試合にしたい?

▼杉浦「想像つかないね。裏の読み合いになるかもしれないし、俺のいつも通りの叩き潰しにいく試合になるかもしれないし。それは試合の流れによって違ってくるから、想像できないね」


――読み合いなど試合の深みが増している

▼杉浦「これだけ(丸藤と)試合数やってると、引き出しがいっぱいあるから。こうしたら、こう返されるし、そう来たらこっちはこう返さないといけないと思うし。そうなってくるでしょ、自然と。進化するでしょ」


――改めて丸藤戦への思い入れというのは?

▼杉浦「大切にしたい。大切にして、丸藤正道とのGHC戦を堪能したいね。楽しみだよ」

――時間が足りなかった?

▼丸藤「いや! 足りてたよ。あれ以上、時間があったら、もしかしたら俺、負けてたかもしれない。あいつを攻略するために、こういうカードを組んでもらったのに、8割がた押されてたね…。俺が狙ってたその先も(杉浦は)しっかり頭に入れてきたし。やっぱり一筋縄じゃいかないよ」

――仙台とは真逆の試合をしたい…とも言っていたが?

▼丸藤「そうだな…杉浦貴のスキを見つけるつもりが、逆にスキが無くなってしまったかもしれない。逆にこれをやることによって今日、自分で自分を追い込んじゃったかもしれない。さすがだよ」

――パーフェクトキーロックとフロントネックロックの読み合いが激しさを増している

▼丸藤「まぁ、そこだけじゃないからね、俺たち。何だかんだ言ってお互いに温存してるモノもあるし。でも今日は……負けに等しいよ」

――教訓を生かして仙台ではどんな試合を?

▼丸藤「このままじゃ、強いチャンピオン像がまだみんなに見えてないと思うから。今日までは申し訳なかったけど、仙台ではしっかり、強いチャンピオン像を見せたいと思います」

 

第5試合

マサ北宮・清宮海斗・原田大輔・大原はじめvs中嶋勝彦・征矢学・覇王・タダスケ

【征矢の話】「タッグタイトルマッチはもう始まってんだよ! 一瞬一秒、どの瞬間も気は抜かん! 覚悟しとけ!」

【中嶋の話】「見ただろ? 今日の勢い。一言だけ言うよ…! 問題なし!!」


【試合後のタダスケ&覇王】
▼タダスケ「見ての通りや! なぁ覇王!?」

▼覇王「あいつらが個々の力が強いのは百も承知だよ! ただな、俺たち金剛はタダスケも仁王も3人思いは一緒だ! 仙台で必ずベルト獲るぞ!」

▼タダスケ「そういうこっちゃ! なぁ覇王!?」

▼覇王「そういうこっちゃ!」


【北宮の話】「とことんやるぞコノヤロー! 22日までとことんやってやるアノ野郎! ナメんじゃねーぞコノヤロー!」

【清宮の話】「ここで終わったら何も変わんねえよ! ぜってぇ這い上がってやる!」

【原田の話】「おいタダスケ、覇王! 俺らこのままじゃ終わらんぞ。タイトルマッチ! お前らを完膚なきまでに潰して、俺たちが必ず防衛する。以上だ!」