ニュース

【8月4日(水)発売の「週刊プロレス」8月18日号】

インフォメーション
2021.08.04

★丸藤が師の技を解禁…8・1広島大会リポート

丸藤がエメラルド・フロウジョンを解禁して桜庭を下したGHCヘビー級王座戦、元金髪夫婦によるGHCジュニア、地元のでベルト奪取に成功した吉岡&進、清宮を血祭りに上げたムタ登場と、注目カードの連続になった広島大会を大ボリュームでリポート!

★金剛が川崎2連戦で活躍!…7・27&7・28川崎大会リポート

ジュニアによるイリミネーションマッチがおこなわれた7・27川崎、金剛とNOAH DOJO選抜による6番勝負がおこなわれた7・28川崎の2連戦をレポート。

★NOAHで空いていたポジションとは?…拳王のクソヤローどもオレについて来い!!

好評連載の拳王コラムは、金剛の新メンバーとして加わった「亜烈破」について。ハイフライヤーとマスクマンの必要性について、独自の意見が述べられています。

★武藤が語るタッグ論…武藤敬司の骨の髄まで

隔週連載の武藤コラムでは、タッグ論について。「勇気を持ってタッグマッチのルールを原点に戻してもいいかもしれない」と、タッグマッチのルールについての見直しを語っています。

「週刊プロレス」8月18日号(No.2135)は、特別定価580円にて8月4日(水)より全国の書店、コンビニ、駅売店で発売。※地域によって発売日は異なります。通販での購入、商品の問い合わせはベースボール・マガジン社受注センター℡0120・911・410まで。