ニュース

【1.1日本武道館大会】ファンキー加藤さん、書き下ろしテーマ曲作成決定‼️

インフォメーション
2021.10.11

株式会社CyberFight(所在地:東京都新宿区)が運営する「プロレスリング・ノア」は、来る2022年1月1日(祝・土)に日本武道館にて同年最初の大会「ABEMA presents NOAH "THE NEW YEAR" 2022」を開催いたします。

 

この度、大会開催に先駆けましてプロレスファンとしても知られるアーティストファンキー加藤さんが、同大会のテーマ曲を書き下ろしで作成することが決定いたしました。

このテーマ曲の公開日は未定ですが、作詞・作曲・歌唱:ファンキー加藤で近日中にレコーディングを予定しております。

この曲については、10日ファンキー加藤さん自身がゲスト出演したABEMAでのプロレスリング・ノア大会中継「GRAND SQUARE 2021 in OSAKA」番組内で次のように語っています。

 

2022年初頭を飾るビッグマッチ、日本武道館での「ABEMA presents NOAH "THE NEW YEAR" 2022」にご期待ください。

 

【ファンキー加藤さんコメント】※ABEMA プロレスリング・ノア大阪大会生中継番組内より

前回、ABEMAのNOAH中継にゲスト出演させていただいた時に、ボクのノア愛がほとばしって爆発した訳です(笑)。おそらくそれを見てスタッフの皆さんが、そういうことならば、という感じで(テーマ曲のお話を)いただけたんだと思うんですけども、もうホント二つ返事で「やらせていただきます!」ということで(引き受けました)。

 

(話をもらって)早速スタジオに入りまして、ある程度トラックとかメロディがイイ形に固まったので、これからその上に歌詞を添えていこうかな、と。(歌詞の構想は)まさにこのNOAHの大阪大会を観ながら、一方で頭の中で歌詞の世界観というか使えそうなワードみたいなものを拾っていけたらイイなというふうに思っています。

 

(プロレスに)寄せようと思えば、ナンボでも寄せられるんですけど(笑)。せっかくなので、いろいろな場面場面でも、しっかりと今後自分のライブとかでも歌い続けていけるような、それでいてプロレスファンの人たちが「あれ?このワードって、もしかして(ニヤリ)」みたいな、そういった遊び心のあるような、大会テーマソングにしていきたいなと思っています。プロレスファンにしかわからない「共通言語」みたいなの、あるじゃないですか(笑)。そういう感じを楽曲の中に忍び込ませていきたいなと思います。

 

ずーっとファンモン時代から、いわゆる応援ソングみたいなものを中心に(曲を)作ってきたんですけど、やっぱり10何年応援ソングを歌っていると、「人を励ます言葉」ってのが、だんだん無くなってくるんです。でもそこからは逃げられないので、一生懸命書くんですけど(笑)。 だから今回みたいな「お題」をいただけるのは非常にありがたいというか、またちょっと違った視点で曲を書けたりするので。今日も帰って自分のスタジオにこもって歌詞書いたりするんでしょうけど(笑)、大好きなプロレスですからやり甲斐はあります!

【ファンキー加藤 プロフィール】

※ファンキー加藤OFFICIAL WEBSITE (https://funkykato.com/)より

1978年12月18日 東京都八王子市生まれ。

2004年1月 地元八王子にてFUNKY MONKEY BABYSを結成。リーダーを務める。2006年1月 「そのまんま東へ」でメジャーデビュー。NHK「紅白歌合戦」に4年間連続出場。TBS「輝く!日本レコード大賞」にも3年連続出演し、作曲賞、優秀作品賞、優秀アルバム賞の各賞を獲得するなど、国民的大人気アーティストの仲間入りをするも、2013年6月 人気絶頂の中、夢の舞台でもあった「東京ドーム」にて同グループを解散し、結成から約10年間の活動に幕を閉じた。60万件もの申し込みが殺到した解散ライブには2日間で超満員10万人の動員を記録した。

 

グループ解散後の2014年2月12日、ファンキー加藤としてシングル『My VOICE』でソロデビュー。ソロデビュー曲で、オリコンシングル週間ランキング初登場3位を記録する。同年9月にはソロ初のワンマンライブを日本武道館にて開催。

歌手としてだけでなく、俳優としても映画「サブイボマスク」(2016年6月公開)にて初主演を務め、主題歌、劇中歌も書き下ろした。

 

2019年8月に自身で企画した、初めての主催イベント「OUR MIC FES」を新木場スタジオコーストにて開催。

楽器ではなく、マイク一本でパフォーマンスを行う自身と同じライブスタイルのアーティストのみで構成されたイベントはアーティストもファンも一体となるイベントとなり大成功を収め、今後も定期的に開催を望む声が後を絶たない。

 

2021年はデビュー15周年を迎え、3月13日(土)に「デビュー15周年記念 春ワンマン ファンキー加藤 爛漫ライブ」を開催。自身初めての2部制ライブを見事大成功させた。

 

2021年3月11日。東日本大震災から10年『未来へ響け!歌のチカラ』と題して、歌の力でこの10年の記憶を風化させずに未来に繋いでいくという番組の趣旨に賛同し、TBS系「音楽の日」にてFUNKY MONKEY BABYSが一夜限りの復活。それをきっかけに、ファンキー加藤とモン吉の2人となっても一緒に歌っていきたいという想いが強くなり、ソロ活動に加え「FUNKY MONKEY BΛBY’S」としても2人でFUNKY MONKEY BABYSを歌い繋いでいくことを決断。

 

FUNKY MONKEY BΛBY’Sとしてもソロのファンキー加藤としても、日本中、世界中の人に力一杯の応援歌を届け続ける。