ニュース

札幌大会 GTL天王山“AXIZvs海王"は熱闘ドロー “決勝再戦"誓い合う 4・14北海道・札幌マルスジム大会試合後コメント

インフォメーション
2019.04.15

GTL天王山“AXIZvs海王"は熱闘ドロー “決勝再戦"誓い合う▼“平成最後のGHCジュニア戦"で鼓太郎返り討ち 稔V1も「フリー同士で悔しくないの?」▼小峠“覚悟の頭突き"で杉浦大流血も KAZMAが長井沈めて2連勝…札幌大会詳報

 

試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトでご確認ください。

 
 
 

◆第1試合 6人タッグマッチ 20分1本勝負

齋藤彰俊&宮脇純太&吉田考志 vs マイバッハ谷口&大原はじめ&熊野準

 

【熊野の話】  俺のタイトルマッチはもうすぐ。でもここ1ヶ月の背面砕者達。負けすぎじゃねえのか? 大原どうした。俺たちがノアジュニアを盛り上げるんだろ? こんなんで終われねえんだよ。

 

◆第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負

モハメド ヨネ&Hi69 vs マサ北宮&稲村愛輝

 

【ヨネの話】  (ストームの欠場について)アクシデントでね、うん。もう一回ベルトへの近道を…って言ってたから、ひじょうに悔しい。でもクワイさんはもっと悔しいだろうし、俺に対しても申し訳ない気持ちがあると思う。でも、また頑張ってたら絶対チャンスは寄ってきますよ。まずはゆっくり休んで欲しい。頭なんでね。戻ってきたらすぐにでもやりたいとは言ってますけど。プロレスラーである限りは闘う姿勢は維持していきたいけど、やっぱり無理もして欲しくないんでね。

 

◆第4試合 GLOBAL TAG LEAGUE 2019 公式戦 30分1本勝負

杉浦貴&KAZMA SAKAMOTO vs 小峠篤司&長井満也

 

【試合後の杉浦&KAZMA】

――“ネタに走るな"と言っていた小峠と戦ってみて?

 

▼杉浦  (※流血した額を指さしながら)見てのとおりだ。できるじゃねえかよ。本物の闘い、できるじゃねえかよ。まだ早いんじゃないか? ネタに走るのは。“闘い"ありきだよ。

 

――それでも小峠は自身を貫く覚悟を示していたように見えるが?

 

▼杉浦  それは知らねえ。それはアイツが勝手にやればいいこと。

 

――リーグ戦はこれで2連勝となったが?

 

▼杉浦  なんの心配もいらないよ。

 

▼KAZMA  杉浦じゃなくて俺が直接勝つことができる…っていうのを見せられたってことは、信用されているのか、何なのかはまだ分からない。とにかく自分の手で勝つことができる。そのことが何より嬉しいよ。俺は長いものに巻かれるって決めたけど、下についたワケじゃない。俺は横についてる。そこは勘違いしないで欲しい。

 

――次は後楽園で優勝候補でもある清宮&拳王組と当たるが?

 

▼杉浦  あ? 誰が優勝候補なんだよ!?

 

――清宮&拳王…

 

▼杉浦  あぁ!? 誰が優勝候補なんだ?って聞いてんだよ!! どこのチームか言ってみろ!

 

――きよ…

 

▼杉浦  あぁっ!?

 

――杉浦&KAZMA組…

 

▼杉浦  そうだろ? そうやって書いとけバーカ!。

 

▼KAZMA  いいか? あいつらが新しい景色を見せるんだったら、俺たちだってできることを見せてやるから。俺たちだって見せられるんだ。優勝候補はあいつらじゃねえ。

 

◆第5試合 GHCジュニア・ヘビー級選手権試合 60分1本勝負

【第39代選手権者】田中稔 vs 【挑戦者】鈴木鼓太郎

 

【稔の話】 平成最後のGHCジュニアヘビー級チャンピオン・田中稔です。実は今日俺、26年前、藤原組に頭丸めて入門した、この世界に足を踏み入れた記念日なんです。4月14日。そんな日に防衛戦ができて良かった。対戦相手。タイトルマッチが立て込んでてだいぶお疲れだったようですけど、俺も3月末のジュニアタッグ選手権が終わってからも、16時間かけてニューヨーク行って、3試合して、また16時間かけて戻ってきて、また今日タイトルマッチ。それでも全然疲れてない。あいつ(鼓太郎)俺より年下でキャリアも浅いんでしょ? 情けねえこと言うなよ。鍛え方と意識の高さが違うよ。これからノアジュニアはジュニアタッグリーグ戦、シングルにジュニアリーグ戦がありますけど、今年もHi69くんと一緒に出るんで。優勝して、今度はもう一回、(王者の小川&鼓太郎組に)挑戦するから。とにかく俺はこのベルト、何度も言うけど“業界に響き渡らせるGHCジュニア"に戻していくから。でも、今日の平成最後のGHCジュニアタイトルマッチ。所属じゃないですよ? ふたりとも。それ見てノアジュニア勢、みんな腹のなかで何か思ってるはずなんですよ。そうじゃなきゃおかしい。だったら発信しないと。みんな大人しすぎるんですよ。自分がどれだけノアジュニアのことを思ってるのか。どれだけこのベルトが欲しいのか。それを発信してくれよ。業界に響かせるには、俺一人の力じゃ無理なんだ。俺はチョンピオンとして引っ張るけど、みんなの意識改革が必要なんだ。もっと欲出さないと。がっついた性格してんのは、良くも悪くも原田選手くらいでしょ。みんな悔しくないの? 業界にまったく響いてないよ? IWGPジュニア、世界ジュニアより確実にこっちのほうが上だっていうのを、証明していきますから。まずは今日、ちょちょっと終わらせて次のステップへ。まぁ、田中稔の任せとけってことですよ。

 

 

◆第6試合 GLOBAL TAG LEAGUE 2019 公式戦 30分1本勝負

中嶋勝彦&潮﨑豪 vs 清宮海斗&拳王

 

【試合後の中嶋&潮崎】

――フルタイムとなったが?

 

▼中嶋  結果的に“ノアは熱い"ってことじゃない? 時間足りなかったね。まだまだノアは熱くなるよ。

 

▼潮﨑  決まった!って思ったところでも返してきた。やっぱりGHC王者はダテじゃないね。あそこまでやるとは思わなかったよ。

 

――新しい景色を作るという清宮と拳王の覚悟は伝わってきた?

 

▼中嶋  言うのは簡単。やるのは大変。

 

▼潮﨑  俺たち相手じゃ、できなかったってことじゃない?

 

▼中嶋  でもお前、最近ノア熱いだろ? イエスかノーで答えてくれ。

 

――イエス

 

▼中嶋  聞こえねーな!

 

――イエス!

 

▼中嶋  おう! そしてお前はノアが大好きだろ!

 

――い、いえす

 

▼中嶋  声がちっちぇーな! 欲しがってんじゃねーぞ、このドMが!(笑)

 

――イエス!

 

▼中嶋  熱いノアが大好きか!

 

――イヘス!!

 

▼中嶋  そして何よりAXIZが大好きか?

 

――ぃえす…

 

▼中嶋  声がちっちぇーな! 一番大事なとこだよ!

 

――イエス!

 

 

▼中嶋  これからも俺たちAXIZから目を離すなよ。頼むぞ。