ニュース

2・9後楽園試合後コメント 藤田早くもベルト“強奪"で「俺がノアだ」連呼 GHC獲りへ王者・中嶋を完全KO

インフォメーション
2022.02.10

藤田早くもベルト“強奪"で「俺がノアだ」連呼 GHC獲りへ王者・中嶋を完全KO

▼GHCジュニア王者・原田が「ジュニアだけ」の両国開催を表明 タダスケ撃破で初防衛、クレイジー迎撃へ

▼潮崎が4番勝負2連敗 田中と激闘も10年越し勝利ならず

▼YO-HEYが吉岡ピン、論外も挑戦前向きに

 

試合詳細、コメントはノアパートナー携帯サイトでご確認ください。

http://dx-sp.gsj.bz

写真提供 プロレス/格闘技DX

 

第2試合

キング・タニー モハメド ヨネ 齋藤彰俊vsマサ北宮 稲村愛輝 岡田欣也

【試合後のタニー&ヨネ&齋藤】
▼ヨネ「本当にね、最後のアッキーの岡田を見る顔が全てを物語っていると思います。これからはちょっとでもダメかなと思ったら、やられる存在まで彼はなってきています。そんな感じですね。そして、ABEMAさんに試合前にシェイクシェイクのハンバーガーをいただきましたんで、それがちょっと力になっているんじゃないかと思いますね。どうですか、アッキー?」

▼齋藤「試合楽しんでもらったと思うから、次は解説を思いっきり楽しんでくれ」

▼タニー「アッキーの怖さに僕もビビってしまいました」

▼ヨネ「おい、ビビるんじゃねえよ。仲間仲間。仲間でよかったね」

▼タニー「でも、一緒にやっていて頼もしい。まだまだファンキーエクスプレス、どんどんいっちゃうよ~なんてね。レッツ・ファンキー!」

 

第3試合

大原はじめ 覇王vs仁王 亜烈破

【試合後の大原&覇王】
▼覇王「よし! 獲ったぞ。でも、これで借りを返したなんて思ってないですから」

▼大原「ここからだよ、ここから。今日、俺も初めて組んだから。今日ここからだよ」

▼覇王「今日、初めて大原さんと組ませていただいて。これで結果を出したなんて思ってない。1つ1つ積み上げていくんで、これからよろしくお願いします」

▼大原「お願いします。またこれから切磋琢磨して盛り上げていこうよ、ノアジュニアを」

▼覇王「ありがとうございます」

▼大原「ありがとうございました」

 

第5試合

清宮海斗vsHAYATA

【試合後の清宮】
▼清宮「よっしゃ。ああ、スゲェな。いやあ、きつい。ノアジュニアスゲェな。面白いな、ノアジュニア。怖かったね、今日の腕攻め」

――今後に向けては?

▼清宮「今このコロナっていう状況の中で、本当に誰が欠けてしまってもおかしくない状況だからね。そこを守っていくように、俺が試合で見せていかないと」

――今日はHAYATA選手がまさに小川良成選手の戦い方をしてきたが?

▼清宮「どうかな? もう根本にあるものと違って、今HAYATAさんやっていることってオリジナリティが入っているから、凄いきつかったですよ。そう感じましたね」

――最後、HAYATA選手の手を握ってからリングを降りたが、その気持ちは?

▼清宮「いや、HAYATAさんは凄いですよ。キャリアは全然僕よりも長くやられている中で、途中でこのスタイルにあったものを変えていくって普通はできないじゃないですか。そこで一緒にやってたというのもありますからね」

 

 

第6試合

小川良成 吉岡世起 進祐哉vsNOSAWA論外 YO-HEY Eita

【試合後の論外&YO-HEY】
▼論外「よしやるぞ。名古屋だ、名古屋」

▼YO-HEY「OK、OK。そういうこっちゃ。NOSAWAがミチミチテンション上がっちゃったよ。進&吉岡、これは覚悟したほうがええんちゃいますの?」

▼論外「テンションなんて全然上がってねえよ。しょうがねえからやってやるんだよ」

▼YO-HEY「それでもいいよ」

▼論外「挑戦するヤツもいねえから、挑戦してやるんだ。ありがとうございますだろ? あんな剥奪したベルトを持ってチャンピオン面している吉岡と進の顔を見てたら、ちょっとムカついちまったよ。ただそれだけだよ。スイッチなんて入ってねえよ。仕方がねえからやってやるんだよ。決まってるからやってやるだけだよ。それだけだよ」

※論外が先に去っていく

▼YO-HEY「それでもええよ。それでもええねん。今日終わって、明日終わって、明後日終わって、その“あささって"か。島田もあるな。のう、吉岡、進よ。しっかり覚悟しとけよ」

【進の話】「クソ。やるぞ。名古屋。俺らがチャンピオンだ。クソが。やってやろうぜ」

 

 

第7試合 GHC Jr.ヘビー級選手権

原田大輔vsタダスケ

【原田の話】「(正規軍のメンバーに拍手で迎えられると)ありがとうございました。今、リング上で言ったように、4月29日にN Innovationを両国でやります。テーマは挑戦です。目標はヘビーに負けないジュニアを創る。そして、このノアジュニアを世界に広げて、N Innovationをもっともっと本格的なブランドにしていきます。昔言ったら、SUPER J-CUPとかありましたけど、それとはまた違った新しいジュニアの形を俺たちが創っていきます。今、ノアジュニアもいろんな選手が来て。俺たちもそう、ペロスもそう、STINGERもそう、金剛もそう、いろんなチームがあって、いろんなスタイルがあります。俺はでもここに自信と誇りを持って戦ってます。でも、やっぱり今のプロレス界、永遠のテーマなのかもしれない。ヘビーとジュニア。いつまで待っても比べられる時が起こります。だから、この4月29日両国を、N Innovationとして、ジュニアの世界を創り上げて、試合内容はもちろん、集客でも話題性でも2日目のヘビーと真っ向から勝負していきます。今このメンバーがいますけど、まだまだコロナが苦しい状況なんでわからないですけど、1\%でも可能性があったら、俺は海外の選手も呼んで、このN Innovationを盛り上げていきたいと思ってます。だから、何回でも言わせてください。ノアジュニアは凄いんです。それを絶対に証明するから。4月29日両国、N Innovation期待してください」

【クレイジーの話】「俺がお前の次の挑戦者になってやる。そのベルトに挑戦してやる」

 

 

セミファイナル

拳王 中嶋勝彦 征矢学vs杉浦貴 藤田和之 ケンドー・カシン

【試合後の藤田】
▼藤田「はい、質問。なに?」

――最初の前哨戦で中嶋選手を叩きのめしたが、対戦してみてどうだった?

▼藤田「ああ? 俺がノアだよ。俺がノアだよ。俺のノアだよ。な? 俺がノアなんだよ。わかった? それだけだよ。ああ。なにがおかしい? 来るべき所に来たんだよ、ベルトが。ノアは終わりだよ」

 

 

メインイベント

潮崎豪vs田中将斗

【田中の話】「結果としてはね、10年前と同じ。俺が勝った。10年前って言ったら一昔やし、俺は彼に10年前に勝っていたという結果だけしかないと思うし。シングルやる前は本当に勝てるのかなとか。自分に自信はあったとはいえ、10年経ったら本当に一昔で、人はガラッと変わるから。まあ、勝てたことはホッとしてます。まだまだ俺は下を向いていられへんので。彼は復帰して間もないとはいえ、ノアのトップでは間違いないわけやしね。1人1人トップを倒していけば、ベルトにつながると思ってるから。そこは1つ、シングルだろうと、タッグだろうと、6人、8人でも。M's allianceは船木さんにつづいて、武藤さんも戦線離脱というか。そういう言い方が正しいのかどうかわからないですけど。まあ、残った人間でM's allianceを守るしかないし。武藤さんいなかったら、船木さんいなかったら、M's allianceは面白くなくなったとか、勢力が減ったとか、そういうことを言われたら…。丸藤君もそうやし、望月(成晃)さんもそう、(宮本)裕向もそうやし、俺だってそういうことを言われたら一番腹立つから。それは肝にずっと銘じて、M's allianceとしてこれからも戦っていきます」

【潮崎の話】「これが俺の望むところだ」