ニュース

【パキスタンの英雄の末裔、NOAHからパリ五輪を目指す‼️】アビッド・ハルーン ノア所属のお知らせ

インフォメーション
2022.02.24

レスリング97kg級のアビッド・ハルーンがプロレスリング・ノア所属となりましたことをお知らせいたします。

 

アビッドはパキスタンの伝説的レスラー、アクラム・ペールワンの親族であり、アントニオ猪木氏の援助を受け来日。現在は日本体育大学レスリング部で研鑽を積んでおりますが、今後はプロレスのトレーニングも取り入れ、2024年のパリ五輪にパキスタン代表としての出場を目指してまいります。

 

なお、プロレス入りにつきましては、パリ五輪終了後あらためて道場に入門、プロデビューを目指す予定としております。

 

 今後のアビッド・ハルーンの活躍にご期待ください。

 

【アビッド・ハルーン プロフィール】

 

氏 名:                     アビッド・ハルーン(ABID HAROON)

生年月日:                  1999年 8月 17日生(22歳)

出 身:                     パキスタン・イスラム共和国パンジャーブ州ラホール

スタイル:                  フリースタイル

階 級:                     97kg/120kg

身 長:                     182cm

略 歴:                    

「史上最高のレスラーの一人」と称されるグレート・ガマを先祖に持ち、アントニオ猪木氏と激闘を繰り広げたアクラム・ペールワンの親族という、伝説の格闘技一族の末裔にあたる。

2014年にパキスタンを訪問した際、恩讐を超えてペールワン一族と邂逅を果たした猪木氏の支援を受け、日本に留学する。来日するまで格闘技の経験はなかったが、来日後の一年間は日体大荏原高校で柔道を、日体大柏高校時代はレスリングのトレーニングを積み、メキメキと頭角を現す。2019年アジア・ジュニア選手権97kg級5位、2021年にはレスリング全日本大学選手権125kg級で準優勝となる実力者に成長、同年の東京オリンピックにはパキスタン代表として1996年アトランタ大会以来の本戦出場を目指すも、アジア予選で惜敗。今後の活躍が期待されている。