ニュース

3/23後楽園ホール大会 試合後コメント 復活・潮崎が“I am NOAH"解禁でGHCヘビー挑戦へ 真っ向撃破で中嶋に雪辱

インフォメーション
2022.03.24

▼シュン、H・Y・Oら『Z-Brats』電撃乱入、ノアJr.正規軍を襲撃 4・29両国参戦を宣言

▼乱入“キラーHAYATA"がEita流血KOで報復 GHCジュニア挑戦表明

▼藤田が正規軍ファイト 礼儀正しく「I'm NOAH」連呼

▼ナショナル戦へ鈴木圧巻勝利

 

試合詳細、コメントはノアパートナー携帯サイトでご確認ください。

http://dx-sp.gsj.bz

写真提供 プロレス/格闘技DX

 

第2試合 タッグマッチ
キング・タニー モハメドヨネ vs 望月成晃 岡田欣也

【試合後のタニー&ヨネ】
▼ヨネ「望月は本当に昔から知ってますけど、その望月が岡田と組んでちょっとやりづらいというか、強敵ではありましたけど、うちにはキングがいますから。キングパワーでね」

▼タニー「ファンキーが揃えば怖いものがないんで」

▼ヨネ「間違いない」

▼タニー「これからもどんどんいっちゃうよ、って感じでね。レッツ・ファンキー!」


第3試合 6人タッグマッチ
原田大輔 アレハンドロ 宮脇純太 vs NOSAWA論外 鈴木鼓太郎 スペル・クレイジー

【シュン&H・Y・O&KENToの話】
※3人揃って仮面を脱ぎ捨てて高笑いを決めると

▼KENTo「おい、ノア! 俺たちZ-Bratsがノアのリングに乗り込んでやったよ。まあよ、俺たちが追放したEitaが最近GHCジュニアのチャンピオンになったらしいな? どんなものか俺たちが見学してた時に…しょっぱすぎるだろ?」

▼H・Y・O「全然ダメ。プロレスセンスないよ、全員。0点」

▼KENTo「原田、アレハンドロ…誰があいつ?」

▼H・Y・O「彼? 彼?」

▼シュン「宮脇」

▼KENTo「宮脇か。なんの覇気も感じねえしよ、なんの恐怖も感じねえんだよ。こんなものか、ノアジュニア? それよりも、なんだ? N-Innovation? なんだ、N-Innovationって。Nよりもな、ここに書いてあるZのほうが上だぞ。どうせだったら、N-Innovationじゃなくて、Z-Innovationに変更させてやってもいいんだぞ。まあな、長々と喋ったけど、俺たちが伝えたいことはただ一言。バミシリ…それだけだ」

▼H・Y・O「0点レスラーには頭脳派のこの俺がしっかりプロレスを叩き込んであげないといけないってことが今日わかったよ。俺はな、責任を持ってあいつらを教育してやるからな。バミシリ!」

 

【試合後の原田&アレハンドロ&宮脇】
▼アレハンドロ「クソ! 3人で相手してやりましょう」

▼宮脇「クソ! クソ!」

▼原田「Z-Bratsか。お前らええ度胸しとるな、コラ。両国か? 両国か? 4月29日、N-Innovation。俺たち3人でやってやろうやんけ。ふざけんな、コノヤロー! お前ら相手に俺たち3人やったるぞ。ノアジュニアの凄さをお前らにとことん見せたるからな。コノヤロー」

 

第4試合 タッグマッチ
清宮海斗 HAYATA vs 小川良成 矢野安崇

【清宮の話】
「(笑顔を見せると)いやあ、ちょっとやらないと、あんなに違うのか。自分もこのリングでいろんな経験させていただいているので、今日はちょっとでも矢野にとってプラスになったんじゃないかなって思います。でも、俺自身が矢野のあの目に、なんかスゲェ力をもらいました。矢野、ありがとう」


第5試合 6人タッグマッチ
杉浦貴 鈴木秀樹 田中将斗 vs マサ北宮 稲葉大樹 稲村愛輝

【試合後の杉浦&鈴木&田中】
――最後の技は?

▼鈴木「関節技です」

――特に名前はない?

▼鈴木「わからないです。逃げた順番に追いかけていって、あの技やっただけですから」

▼杉浦「最終的にあの形でハマったと」

――明日に向けていい弾みになった?

▼鈴木「いや、関係ないですね。明日は明日、今日は今日。明日のことを考えて勝てる相手じゃないです。最後にダブルアーム返されただけで、僕はダメージデカかったです。あのパワー凄かったですね。2年前とはパワーが違う。ビックリしました」

――杉浦選手は今カノと元カノとのタッグになったが、どうだった?

▼杉浦「男として幸せだよね。こんなハーレムで幸せことないでしょ?」

▼鈴木「僕は若干嫉妬が…。やっぱりこっち(田中)かなと思いましたよ」

▼杉浦「元カレのイメージがちょっと強いからね」

▼鈴木「やっぱり(杉浦と田中は)あうんでしたもんね。喋ってないですよ、試合中。ちょっと嫉妬しました」

▼田中「嫉妬された」

▼鈴木「でもまあ、田中さんだったらいいかなって。大人の関係で」

▼杉浦「俺たち大人だから」

――田中選手はどうだった?

▼田中「公認いただいたんで。大人の関係で大丈夫ですんで」


第7試合 8人タッグマッチ

藤田和之 丸藤正道 小峠篤司 覇王 vs 拳王 征矢学 大原はじめ 仁王

【試合後の藤田】
▼藤田「(笑顔で)なにかありますか?」

――普段組まないようなパートナーとのタッグだったが?

▼藤田「(質問には答えずに)I'm NOAH。I'm NOAH。I'm NOAH。I'm champion。I'm NOAH」


メインイベント シングルマッチ
中嶋勝彦 vs 潮崎豪

【試合後の潮崎】
――中嶋選手に雪辱を果たしたが、試合を振り返ると?

▼潮崎「まあまあまあ、強烈だしね。思った以上の強さ、思った以上のしぶとさ。自分自身をより上げるために、こうやってシングルを重ねて。その相手に中嶋勝彦は間違いないし。中嶋勝彦…中嶋勝彦…。こう言うのは変か。戦えてよかったよ」

――藤田選手を呼び込み、GHCヘビー級王座挑戦をアピールしたが、GHCに対する思いは?

▼潮崎「俺になくてはならないベルトだし。今日改めて『I am NOAH』と発言した時、GHCがないとまだ始まらないって思いが強くなりましたね」

――藤田選手からは「I'm NOAH」という言葉があったが、それを聞いてどうだった?

▼潮崎「まあ、GHCを巻いてるからね。『I'm NOAH』大いに結構。まさか藤田和之の口から『I'm NOAH』という言葉が聞けると思わなかったんで意外でしたけど、それだけその気持ちを持ってベルトを巻いているんだと思うし。その気持ちを持ってGHCを巻いている藤田和之からベルトを獲ることを楽しみにしてますよ」

――最近の礼儀正しい藤田選手をどう見ている?

▼潮崎「いいんじゃないですか? でも、試合に関しては変わってないですしね。より強烈になっていると思うんで。試合以外で抑えて、試合で爆発させている。そんな藤田和之を超えたいと思いました」