ニュース

【両国参戦外国人選手紹介⑧】"Tex-Mex de la Lucha Lible" テハノJr.

インフォメーション
2022.04.26

 

4.29&4.30両国国技館大会へ参戦する"Tex-Mex de la Lucha Lible" テハノJr.をご紹介!

ぜひ大会前にチェックしてください!

 

 

 

"Tex-Mex de la Lucha Lible" Texano Jr.
テハノJr.(@ElTexanoJr)

【略歴】

1999年2月、CMLLにてケンポー・キッドなるリングネームのマスクマンでデビュー。
後に素顔となり、リングネームをエル・テハノ・ジュニア及びテハノ・ジュニアへと変更。

2005年10月7日にマキシモ、サグラドと組みドクトルX、ニトロ、サングレ・アステカを破りメキシコナショナルトリオ王座を奪取。

2005年から2007年まで新日本プロレスに参戦。2007年3月には稔の持つIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦。

2008年8月26日にエル・テリブレと組みレイマン、サグラド組を破り連邦区タッグチーム王座奪取。

2009年にはNO LIMIT(高橋裕二郎&内藤哲也)と抗争を繰り広げる。2010年2月にはエル・テリブレと組んでIWGPタッグ王座に挑戦した。またG1 TAG LEAGUEにも出場した。12月13日にはショッカーを破りNWA世界ヒストリックライトヘビー級王座奪取。

2011年11月、AAAに移籍。2012年12月2日、PPVであるグエッラ・デ・タイタネスにてエル・メシアスからAAA世界ヘビー級王座を奪取した。

近年だと2020年12月にはレイ・エスコルピオンとのタッグでフェニックス&ペンタゴンJr組のAAA世界タッグ王座に挑戦(3ウェイ。もう一組はミステシスJr&オクタゴンJr組)

2021年5月、ラ・イエドラ&レイ・エスコルピオンとのトリオ「ロス・メルセナリオス」でAAA世界トリオ王座を獲得(自身は9年ぶりの返り咲き)。同年7月には初防衛に成功し、現在も保持している。

オリジナルメンバーの参戦でさらに勢いを増すぺロス・デル・マール・デ・ハポンはNOAHジュニアの天下統一を成し遂げるのか?

メキシコ仕込みの連携にも注目せよ!

 

 

 

★4.29&4.30両国国技館大会特設サイトTOPはこちら

https://www.noah.co.jp/MAJESTIC_2022/

 

★4.29両国国技館大会特設サイトはこちら

https://www.noah.co.jp/MAJESTIC_2022_day1/

 

★4.30両国国技館大会特設サイトはこちら

https://www.noah.co.jp/MAJESTIC_2022_day2/

 

テハノJr.選手の活躍にぜひご期待下さい!