ニュース

【5・28後楽園にて開幕!】『GLOBAL Jr. TAG LEAGUE2019』杉浦軍へ電撃加入!NOSAWA論外とのタッグで出場!大原はじめミニインタビュー

インフォメーション
2019.05.15

『GLOBAL Jr. TAG LEAGUE2019』大原はじめ選手インタビュー

「積極的にアドバイスや教えを請い、(杉浦さんに)指導していただいています。杉浦さんとKAZMAさんに続かないと、流れを壊したくないね」

 

 

――改めて杉浦軍加入の意図とは?
▼大原 簡潔に言えば、強くなりたかった!自分のファイトスタイルとかなり違うのが杉浦さん。だからこそ今までの自分にないものを杉浦さんから学ぶ事により、自分が数段パワーアップできると思いました。あとは焦りです。周りがどんどん活躍して自分がなかなか結果出せなくて、、あと個人的な悩みがあって、サッカーで例えるとサポート的な役割に力を入れパス、ディフェンスは出来るけどいざ点を取りに行くと全く取れなくなっている。ゴールが決まらない、、、勝てなくなっていた。
もうサポート的な役割をしている場合ではないと感じました。そしてノアで試合をし始めて6年になるんですけどまだしっかりノアの真髄を学んだという感覚がなくて。闘龍門やCMLLで学んだ事、経験、そしてハッスルでのTAJIRIさん、安生さん、川田さんから学んだ事の経験値のベースで試合してきた感覚が自分にはあるんです。だからこそしっかりノアのプロレスを学び習得したいと思いました。やはりノアのプロレスといえば杉浦さんっていう印象があると思うんです。「強さの象徴」これを継承できるように頑張りたい。新生ノアという節目。平成から令和。このタイミングで過去の自分に縛られず成長、新たな学びのため杉浦さんにお願いしました。

 

――加入後、杉浦軍で何度か戦ってみていかがですか?
▼大原 まだまだ新たな杉浦軍の大原はじめは模索中ですが、試合を見てくださった方は今までの大原はじめとの変化に気が付いてくれていると思います。杉浦さんとの連携はまだまだ探り探りですが非常に良い手ごたえがあります。杉浦さんは気持ちのある人間には温かく指導してくれます。恥ずかしがらず積極的にアドバイスや教えを請い、指導していただいています。どんどん新しい闘い、振り幅が出来ています。

 

――NOSAWA選手とのタッグは‘たぶんやりやすいと思う‘とおっしゃっていましたが?
▼大原 実はNOSAWAさんとはデビュー戦の時から付き合いがあるので。あとあまり知っている人も少ないと思いますがNOSAWAさんのパレハのMAZADAさんは闘龍門のコーチの1人でした、なので自分には東京愚連隊の教えがあるかもしれませんね(笑)
日本ではなかなか評価対象にはなりませんがアレナメヒコで活躍するって凄いことなんです。1、2回出るのも大変だけど長く出るのは凄いこと。だからNOSAWAさんの凄さも自分はわかっています。心配なのは今のNOSAWAさん!なんかいつも膝痛そうですよね!?
まあ自分が勝ちにいきますし、そうならないといけないから問題ありません。

 

――熊野選手へ向けておっしゃりたいことは?
▼大原 特にありません、後楽園で試合を通じて伝えます。

 

――今回のエントリーをみてどこまでいけそう?
▼大原 決勝にはいくでしょう。厳しい闘いなのは間違いないけど、杉浦さんとKAZMAさんに続かないと、流れを壊したくないね。

 

――要注意チームは?
▼大原 YO-HEYとHAYATA。去年の決勝でカルッツ川崎でのタイトルを逃したのは未だに悔しい。特にHAYATAにはシングルでもベルトを獲られそれ以降、苦手意識があるし、何とかここは勝ちたい。

 

――理想の決勝のカードは?
▼大原 やっぱりチャンピオンから勝つってのもドラマあるし、去年の雪辱を果たすドラマもいいし、、小川、鈴木組かHAYATA&YO-HEY組かな。

 

――ファンへメッセージをお願いします。
▼大原 このジュニアタッグリーグは杉浦さんKAZMAさんに続くよう杉浦軍Jr.が一気にラーテルズやスティンガーだけじゃないってのを証明します。狙っていることもあるんで、、
まだまだ杉浦軍の大原はじめは始まったばかり。這い上がっていく姿、生き様を見せます。ジュニアタッグリーグは杉浦軍の大原はじめとNOSAWA論外が優勝いただきます。というわけでジュニアタッグリーグもムイビエン!