ニュース

【ご来場ありがとうございました】ホームセンター『セキチュー』にて青空プロレス開催!

インフォメーション
2019.05.20
5月18日、埼玉県のセキチュー上尾店にて、イベントプロレス『ホームセンタープロレス in セキチュー上尾店』が、セキチュー様、レック(株)様、プロレスリング・ノアの3社コラボとして開催された。
 
試合をフリーアナウンサーの辻よしなりさんが生実況。オープニングでは怪我で欠場となった丸藤正道が登場し、
ずっとテレビで見ていた辻さんと一緒に実況出来るなんて感動です
と語り、そのまま実況席に座り生解説を行なった。
 
 
第一試合は杉浦軍の杉浦貴と大原はじめ、金剛のマサ北宮と稲村愛輝が激突。
『GLOBAL TAG LEAGUE 2019』で磨きあげれたらコンビネーションで大原を追い込む北宮と稲村。特に稲村は前シリーズからの勢いを見せつけ杉浦に肉薄。終盤、杉浦の猛攻を受けるもラリアット、ランニング・ニーは自力で返す。
しかしとどめのオリンピック予選スラムは返せず杉浦が貫禄勝ちを納めた。
第2試合は清宮海斗&谷口周平&原田大輔と中嶋勝彦&潮﨑豪&熊野準が激突。
清宮組はセキチューのジャケットとそれぞれ着用して入場。GHCヘビー、タッグ、IPWジュニア王者の登場に会場のボルテージが上がる。
場外乱闘では会場に展示してある『激落ちくんタワー』に潮﨑に投げられた谷口が突っ込み大破させてしまう一幕も。また原田は普段は見せないその場飛びムーンサルトプロレス、フランケンシュタイナー、プランチャーなど飛び技を次々と披露。
終盤、清宮が中嶋&潮﨑の猛攻に捕まるも谷口との同時パワースラムで形勢逆転。最後は熊野をジャーマンスープレックスからタイガースープレックスの必殺フルコースで仕留めた。
 
試合後は、辻よしなりさんの提案で両チームノーサイドで記念撮影。
セキチューの関口社長からは、500人以上のお客様が来場し、過去4回のホームセンタープロレスで今回が最多動員となった事も発表された。
また関口社長から
「活躍した選手に金一封を…」
と出されるも渡されたのは解説の丸藤。これには会場からブーイングがおこる。苦笑いの丸藤は賞金を勝者の清宮に渡した。
最後は丸藤の
「ホームセンターと言えばセキチュー!激落ちくんと言えばレック!プロレスと言えばプロレスリング・ノア!」
で大会を締めくくった。
 
☆5月18日(土) 埼玉・セキチュー上尾店 特設リング
『ホームセンタープロレス in セキチュー上尾店』

▼第1試合 タッグマッチ 30分1本
大原はじめ
○杉浦貴
(18分45秒)
×稲村愛輝
マサ北宮
※オリンピック予選スラム→体固め

▼第2試合 6人タッグマッチ 30分1本
原田大輔
谷口周平
○清宮海斗
(18分22秒)
×熊野準
潮崎豪
中嶋勝彦
※タイガースープレックスホールド