ニュース

米子大会 小川が初対決・論外を公開処刑 スティンガー無敗キープの首位快走 米子コンベンションセンター BIG SHIP大会試合後コメント

インフォメーション
2019.06.01

小川が初対決・論外を公開処刑 スティンガー無敗キープの首位快走▼好調タダスケ止めた Hi69&稔が“ウルトラソウル"な初白星▼49歳・杉浦が圧勝バースデー 26歳連破で二冠へ充実▼熊野組勝ち星先行▼地元・谷口も援護 清宮が金剛に反撃

 

 

試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトでご確認ください。

 

 

米子大会  小川が初対決・論外を公開処刑 スティンガー無敗キープの首位快走  米子コンベンションセンター BIG SHIP大会試合後コメント

 

◆第1試合 GLOBAL J r. TAG LEAGUE 2019 公式戦 30分1本勝負

熊野準&クリス・リッジウェイ vs 宮脇純太&諸橋晴也

 

【試合後の熊野&リッジウェイ】

――試合を振り返って?

 

▼熊野  前橋大会で引き分けた諸橋。やり合うのはキツいけど、凄く楽しい相手で。今日こうやってクリスが最後取ってくれたから、誰よりも先に2勝目をつかんだ、俺たちが。このまま優勝決定戦、ノアジュニアのトップを目指していきたいと思ってます。

 

▼リッジウェイ  今日は俺がタップを奪ったけど、それもクマノのおかげ。2ポインツ!

 

――チームワークについて?

 

▼リッジウェイ  どんどん攻撃性が上がってるね。このまま行けば良いケミストリーが生まれていくと思う。今夜は俺が勝ったけど、違う形でも勝てるはず。

 

▼熊野  日に日に良くなってると思いますよ。今日だって初めて連係出しましたけど、考えてたヤツが見事にハマって今日こうやって勝ったんでね。まだまだ僕たち“未知数"なんで。残る試合、RATEL'SでもSpecial4でも全員倒すだけです。そして決勝に行くのは僕たち二人です。

 

 

◆第2試合 シングルマッチ 20分1本勝負

杉浦貴 vs 稲村愛輝

【試合後の杉浦】

――稲村と2日連続で戦ったが?

 

▼杉浦  元気がいいからね。変なヤツとやるよりは全然いい。

 

――年齢的には約半分の26歳・稲村に圧勝して49歳の誕生日を迎えたが?

 

▼杉浦  …お前、その前によ。“おめでとうございます"じゃないのか?

 

――…おめでとうございます

 

▼杉浦  違う! “杉浦さんがこの世に生を受けてくれて、本当にありがとうございます"と言ってみろ!

 

――……杉浦さんがこの世に生を受けてくれて、本当にありがとうございます

 

▼杉浦  おう。

 

――次の大阪では再び清宮との前哨戦、後楽園では前哨戦が鈴木秀樹に食われた部分もあったが?

 

▼杉浦  俺は変わらないよ。あいつがこの間ブレたんだろ? いつも通り、正面から、逃げも隠れもせず行くだけだよ。

 

――49歳になっても…

 

▼杉浦  おう! 童○のつもりで頑張るよ! 初々しく、ギラギラと! すべてが初体験のつもりでタイトルマッチ迎えるよ!

 

 

◆第3試合 GLOBAL Jr. TAG LEAGUE 2019 公式戦 30分1本勝負

小川良成&鈴木鼓太郎 vs 大原はじめ&NOSAWA論外

【試合後の小川&鼓太郎】

――論外のヒザを執ように攻め立てたが?

 

▼鼓太郎  だって自爆したんだからしょうがないじゃん。

 

――なぜ試合が終わっても執ように絞め続けた?

 

▼鼓太郎  そこに論外がいたから。

 

▼小川  …俺らちょっと“しゃべる担当"変えるか!(笑)

 

――大原&論外組と戦ってみて?

 

▼小川  初めてNOSAWAとやったけど、もしウチに上がっていくつもりなら、まだまだだよって。次はシングルで(分からせてやる) …うん、やっぱりウチのしゃべる担当は鼓太郎だから、俺はこれで(※と去る)

 

――このまま連勝を重ねて“タイトルマッチをやらないこと"に向けてばく進する?

 

▼鼓太郎  タイトルマッチをやらないために、今俺が持ってるすべての力を出す!!

 

 

◆第6試合 GLOBAL Jr. TAG LEAGUE 2019 公式戦 30分1本勝負

田中稔&Hi69 vs 原田大輔&タダスケ

【試合後の稔&Hi69】

▼Hi69  まぁ当たり前に勝てる相手ではないんでね。今日勝てたのはムチャクチャ嬉しいですけどね。やっぱりここ米子は俺らにとって、特別な街でもあるんで。

 

▼稔  米子コンベンションセンター、ビッグシップ。俺とHi69君と味方リングアナにとって特別な場所なんで。なぜ特別なのかは、去年の9月くらいのツイッターをチェックしてください。あと、リーグ戦にエントリーされてるワケだから“優勝します"なんてことは当たり前なんだ。俺としては個人的にひとつ大きなテーマを持って、ポイントを持ってやってるんで。そのテーマに沿ってやっていきたいと思ってるんで。今日勝てたことはメチャクチャ嬉しいですけど、当たり前のことなんで。……分かったら出てけーっ!

 

 

◆第7試合 6人タッグマッチ 60分1本勝負

清宮海斗&谷口周平&齋藤彰俊 vs 拳王&マサ北宮&小峠篤司

 

【試合後の清宮&谷口&齋藤】

――金剛に反撃したが?

 

▼清宮  常に気持ちは“俺たちが一番なんだ"って思いを持って戦ってるので、今日も絶対に負けられない。そういう気持ちを持って戦いました。

 

――久々に本名で地元に戻ってきたが?

 

▼谷口  久しぶりですね。まぁ金剛のヤツら、まだまだこんなんじゃ黙らないと思うんで、ガンガンやり合っていくんでしょうけど、自分たち負けるつもりないんで。どんどん…やりあって…つぶしていきたいと思います。

 

――齋藤選手はどんな思いがある?

 

▼齋藤  俺はノア旗揚げの2000年から、この団体の歴史とともにリングに上がり続けてますけど、今日試合みて一緒にやってみて感じたことを言いたい。チャンピオンの自覚と責任を持った清宮、そして覚醒した谷口。これからはノア、どんどん面白くなるって! 俺が責任とる!」

 

――とはいえ金剛からは会社の犬、オリジナリティが無いと散々言われているが反論はある?

 

▼清宮  そんなこと言われても、俺たちの戦いを見たらわかると思いますけど、あいつらの気持ち、俺たちのハートの強さに比べたら全然小さいと思うんで。もっと俺たちでノアの高みを目指して頑張っていきたいと思います。必ず新しい景色をみせます。

 

――谷口選手は金剛に反論は?

 

▼谷口  まぁ…言いたいこと言っとけばいいし、ウチらは試合で、ハイ。見返してやるだけなんで、ハイ。

 

 

▼齋藤  まぁ“犬"っていうのは、飼い主も飼い犬もお互い喜びを求め合うもの。大体俺は犬じゃなくて猫だし。覚悟しとけよ!