ニュース

後楽園大会 AXIZタッグ奪回 清宮&谷口名乗りも中嶋“交換条件"でGHCヘビー挑戦へ 後楽園ホール大会 試合後コメント

インフォメーション
2019.06.28

AXIZタッグ奪回 清宮&谷口名乗りも中嶋“交換条件"でGHCヘビー挑戦へ▼鈴木秀樹の一騎打ち要求を潮崎が承諾▼Jrリーグ開幕…YO-HEYがボス圧倒も原田余裕なき初戦白星▼小川と技巧戦 王者・稔が“当然"の勝ち星一番乗り▼大原新兵器で初戦白星

 

試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトでご確認ください。

 

 

◆第2試合  タッグマッチ 20分1本勝負

鈴木鼓太郎&宮脇純太 vs HAYATA&タダスケ

【タダスケの話】  「おい宮脇純太! 髪型変えて、コスチューム変えて、それで強くなったつもりか? (※遠くの誰かに伝えるように)顔じゃないんじゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」

 

 

◆第3試合 シングルマッチ 30分1本勝負

鈴木秀樹 vs 稲村愛輝

【試合後の鈴木】

――まずは稲村と戦ってみて?

▼鈴木  見ての通りパワーがあって、根性があって。…ですかね。それ以上の印象はなかった? いやいや、それがすべてですから。プロレスはそうだと思います。技術、スピード、パワー、戦略とか必要だとは思うんですけど、それをお客さんに伝えるためには根性が必要、“根性論"ですよ。あとは何もなくてもいい。どれくらいですか? キャリアは。1年くらい? 二つ前くらいにやった小さいヤツ(宮脇)とか、技術もスピードも何もないけど、ボクを殺してやろうという気持ちは違う方法のなかで感じられたので。だから、すごく良かったです。

 

――そして潮崎に一騎打ちを要求したが?

▼鈴木  立場とか、場所だとか、色んなものを関係なくして、“やろう"と。前段なしで…まぁ前段あったんですけど。僕はそういうつもりで。前哨戦とかなくていいです。もうとっくにそれは終わってます。

 

――覚悟や責任という言葉もマイクで出たが、どういった意図で?

▼鈴木  聞いた人がそれは感じてくれれば。潮崎豪に伝えたいことは、前の試合後に全部言いました。

 

――今後のノア参戦を見据えて、とかではなく…

▼鈴木  参戦見据えてとか、次を見据えて潮崎豪とやるとか、スケジュールが合うとか合わないのか、そういうんじゃないです。僕は。他の人はそうかもしれない。だけど僕は一発勝負ですから。ホントに。今日、これが最終回。明日は無いと思ってます。僕は2年前。5月くらいかな。とあることがあってから、“これが最終回"だと思っていつもやってます。だからもし、僕の試合が他の人の試合と違うと思うのであれば、それはその覚悟の違いです。だからその覚悟、勇気をお前(潮崎)が持ってるのであれば…、いや持ってるはずだろと。じゃあ見せてくれって。僕にも、お客さんにも。今のままで中途半端にノアみたいな顔してるんだったら、僕が戻してやりますよ、ノアに。

 

 

◆第4試合 GLOBAL Jr. LEAGUE 2019 Aブロック公式戦 30分1本勝負

田中稔 vs 小川良成

【試合後の稔】

▼稔  小川良成相手に初戦勝てました…って当たり前ですよ。俺を誰だと思ってんだ。第39代GHCジュニアヘビー級チャンピオン。このリーグ戦、優勝するのが当たり前なんだ。初戦突破、当たり前。次も突破、当たり前。その次も突破、当たり前。宣言した通り、ダントツで優勝するから。ただ、新日本プロレス時代、遠くのほうから一度は手合わせしたいと思っていた小川良成とシングルできて、今日はずっとテンション高かった。メチャクチャ高かった。でも先を見てるんで。まずは絶対リーグ戦優勝する。そのうえで防衛戦、誰が来るか分からない。誰でもかかってこいって。俺は小さいところ見てないから。俺が徹底的に意識してるのはIWGPジュニア、世界ジュニア。この3大ジュニアタイトルと言われるなかで、明らかにGHCジュニアがテッペンだと思わせるから。だから誰でもかかってこい、このスットコドッコイが!

 

 

◆第5試合 GLOBAL Jr. LEAGUE 2019 Bブロック公式戦

大原はじめ vs クリス・リッジウェイ

【試合後の大原】

※足を引きずりながらコメントブースに姿を現すと

▼大原  イタタタ…痛くない。痛くない。杉浦さんほどにはいかないかもしれないけど、今までの大原はじめとは違った戦い方を心がけた。相手の攻撃は受けて受けて受けた上で、叩き潰した。俺だって蹴りも関節技も使えるんだって、あいつより強えんだってところを見せたかったから。やっぱ杉浦さんの戦い方を見ていると、受けて受けて、その上で力でねじ伏せるような戦い方をしている。それを少しでも俺が継承できるように。今までの大原はじめと違った戦い方でこのリーグ戦で優勝を目指す。そして今日、発表になったカルッツかわさきに向けてのプロモーション。溝の口でタイトーステーションとノアのコラボ。カルッツかわさきは去年より一回りも二回りもレベルアップした大会になると思う。そのために俺はまだまだ残り1ヵ月、様々な仕掛けをしていく。今年はリング内外ムイビエンにして、俺がノアジュニア…いや、ノアをリング内外からけん引していく。というわけで、今日もムイビエン!

 

――最後の変型ムイビエンは?

▼大原  腰攻めのイメージがあったと思うんで、今日は序盤から首を狙って。最後、チャンスがあれば、首にダメージを与えてやろうと思いました。最後、ネックブリーカーからムイビエンのフェイントを使って、ムイビエン式のクロスフェイスにいきました。ムイビエンロックでいいんじゃないですか? そういった新しい武器も杉浦さんのもとで磨きをかけて、武器をたくさん持って、このノアジュニアを引っ張っていきます。

 

 

◆第6試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負

清宮海斗&丸藤正道&望月成晃 vs 拳王&マサ北宮&小峠篤司

【試合後の清宮&丸藤&望月】

※丸藤&望月が先にコメントブースに現れると、距離を取って清宮も登場する

▼丸藤  メッチャ元気ですね。

▼望月  いやあ、元気でしたね。だってさ、ノアの顔とさ、若きチャンプでしょ? 頑張らなきゃしょうがねえからさ。(清宮と丸藤がにらみ合うと)なに!? うちはほら、ユニットとかちゃんとしているからさ。組むってことはこう(握手)だと思っているからさ。よく勝ったね、これで。

▼清宮  まだまだ認められたと思ってないよ。

▼望月  ちょっとさ…

▼丸藤  おい、先輩を困らすな、オラ。望月さん、また。

▼望月  またね、スケジュールの都合があえば。結構ドンドンドンドンね。今日もなんかほら、ちょっと理論派の蹴りを使うさ、金髪頭のヤツいたじゃん? あいつはなかなか興味あるよ。いろんなところでなんか能書きたれてるけどさ、俺は喋りだったら負けないよ、あいつに。今度は戦いだけじゃなく、討論会でもしようや。(清宮と丸藤が再びにらみ合うと)ちょっと…困らせないでよ。

▼丸藤  望月さん、じゃあ、TwitterのDMします、また。

▼望月  わかりました、わかりました。じゃあ、DMで。清宮選手、フォローしておくんで、フォローしといてね。

▼清宮  またよろしくお願いします。ありがとうございました。

▼丸藤  チャンピオン、喋っておけ。

※丸藤と望月が立ち去ると

▼清宮  なんだ、帰っちゃうのか? 俺はな、まだまだ認められたと思ってないよ。偉大すぎる本当に大きな存在だけど、必ず俺は越えていくから。

 

 

◆第7試合 GLOBAL Jr. LEAGUE 2019 Aブロック公式戦 30分1本勝負

原田大輔 vs YO-HEY

【YO-HEYの話】  このシングルリーグっていう形で原田大輔が相手になっただけで。たまたまそれがシングルリーグの公式戦だっただけで。普通の地方でのシングルマッチだろうが、こうやってベルトが懸かったり、トーナメント、リーグ戦みたいな特別な試合の時は当たり前で、原田大輔っていうのは正直、俺の中で凄い特別に思っとる1人であって。そいつにシングルで勝つっていうのが最近の一番目標とするものだったから、今日はほんまに惜しいとか言われるかもしらんけど、そんなんあかんねん。『惜しいからよかった』じゃない。負けたら意味ないから。正直、『これ勝てる』って思った自分が最後におって。その隙をあいつは見抜いて、疲れて、YO-HEYちゃんに勝ったと。まだまだ勉強しないといけないっす。喋りすぎました。あと2文字喋ったら、肺が敗れます。2文字喋ったら、肺がまた敗れそうなんで。もうこの辺にしておきますね。本当にあと2文字喋ったら肺が…。にも…ウッ!

 

 

◆GHCタッグ選手権試合 60分1本勝負

【第50代選手権者】杉浦貴&KAZMA SAKAMOTO vs【挑戦者】中嶋勝彦&潮崎豪

【試合後の中嶋&潮崎】

▼潮崎  勝っちゃんありがとう。

▼中嶋  こちらこそありがとうございました。いやあ、どうだ? 獲って、離れて、また獲って、また離れて、また獲った。3回目だ。3回目のベルト。そのたびに俺たちAXIZも成長している。気づいてるか? これだけベルトが戻ってくる。俺たちAXIZのもとに。まさに中心だな。でも、これが終わりじゃない。AXIZ再始動だ。その目を離さず、しっかりと見とけよ。AXIZとともに、俺、中嶋勝彦も7・27カルッツかわさきで一皮剥けるぞ。

 

――鈴木戦に向けては?

▼潮崎  うーん、まあ、彼が今日、俺の名前を出したと。前回もいろいろ言ってましたけど、俺としては…なんだ? 勇気? 鈴木秀樹と試合をする勇気があるならやってやる? そんなもん、いらねえよ。プロレスリング・ノアの愛と勇気を持って、鈴木秀樹と一騎打ち、やってやりますよ。流れを読まない? 大いに結構。ドンドン行きましょう、やりましょう。