ニュース

大分大会 丸藤N-1黒星スタート 北宮が荒技連発で熱闘初白星 試合後コメント

インフォメーション
2019.08.22

丸藤N-1黒星スタート 北宮が荒技連発で熱闘初白星▼初戦ワグナーJr.に逆転勝利…望月2戦目で初日 拳王に「意地モード」通告▼大荒れ両リン決着…IPWジュニア戦へリッジウェイが今宵も原田の足首徹底破壊

 

 

試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトでご確認ください。

写真提供 プロレス/格闘技DX

 

 

第3試合 タッグマッチ

杉浦貴&岡田欣也vs拳王&稲村愛輝

【拳王の話】

「N-1ももちろん大事だ。だがよ、会社の犬・杉浦軍を倒すのも大事だろ? 俺はな、このリングをさらに輝かしいリングにしようと思ってんだよ。あんな犬がいればな、輝くモンも輝かねえよ。俺は俺の信念をもって、必ずこのノアを輝かせてみせる」

 

【稲村の話】

「N-1に出場できない悔しさは、昨日よりも強くなってます。昨日のN-1、金剛は拳王さんが勝利して、北宮さんが負けましたけど、あんなに熱い闘い見せられたら、俺も強さを求める強い気持ちがますます燃え上がりました。だから絶対、もっともっと強くなって、絶対次はリーグ戦、出場します。そのためにも、このまま勝ち続けます。だから岡田に構ってる暇もないんです」

 

 

第4試合 8人タッグマッチ

小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイvsHAYATA&原田大輔&タダスケ&YO-HEY

【試合後のリッジウェイ】
――なぜ試合後もあそこまで原田を痛めつけた?

▼リッジウェイ「彼のことをもっと良く見たかったからさ。泣き叫ぶ姿をね」

 

――自信は日に日に強まっている?

▼リッジウェイ「もちろん。このまま毎日、彼が泣き叫ぶ姿をみて、タップを奪い続けて、きっちりベルトをもらうよ」

 

――イギリスは紳士の国のはずだが…

▼リッジウェイ「ノーノーノー(笑) 俺は紳士なんかじゃない。まぁこのまま毎日、紳士的にハラダをぶちのめしていってやるだけさ(笑)」

 

 

第6試合 N-1 VICTORY 2019 Bブロック公式戦

望月成晃vsイホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.

【望月の話】

「いやぁ~イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.……いくつ名前ついてんだコノヤロー! ぶっちゃけな、名前のイメージからして、あんなにデカいと思わなかったぞ。リング上で見て作戦変更したよ、俺は。でもアイツ、記者会見でノア初参戦だというのに俺の名前挙げてたよな。その意義はものすごい感じたよ。俺、お父さん(ドクトル・ワグナーJr.)ともやったことあるけど、このまま順調にいったらね、あの体の大きさだし。まぁおじいちゃんはもっと偉大な人らしいけど、それを超えるような存在になってくれたら、今日の俺の勝利は永遠に語り継がれると思うから。まぁ、開幕戦で中嶋勝彦と真っ向行き過ぎて、あんまり意地張るのはよそうかなと思ったけども! 次は拳王か。あいつも意地張らなきゃいけねー相手みてーだからよ。潰れても上等だよ。おい、ノアのヘビー級。今日1勝したから言わせてもらうぞ! 俺がN-1、決勝行ってやる。見とけよオラ!」

 

 

第7試合 N-1 VICTORY 2019 Aブロック公式戦

丸藤正道vsマサ北宮

【北宮の話】

「N-1のリーグ戦は、ひとブロックたったの4試合だ。すでに、ひとつ落としてるんだよ。もう取りこぼしはできない。何としても、どんなにみっともなくても、あとふたつ勝たせてもらう。そのうえで9月の大阪は俺がメインに立つ。そして! 11月の両国も俺がメインに立つ.もうこれ以上は何もしゃべらない。結果を残してからしゃべる。以上だ!」