ニュース

山梨大会 清宮が新兵器で前哨戦連勝 「次は拳王から直接」 試合後コメント

インフォメーション
2019.09.24

清宮が新兵器で前哨戦連勝 「次は拳王から直接」▼小川が論外料理でJrタッグV4 苦言交えてスティンガーの“結束力"強調▼甲斐の怪力"井上が地元で勝利▼谷口が一気勝利で後楽園へ弾み

 

試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトでご確認ください。
http://dx-sp.gsj.bz

写真提供 プロレス/格闘技DX

 

 

第3試合 シングルマッチ
小峠篤司vsソニコ

【試合後の小峠】
――IPWジュニア王者としてソニコ相手にシングルマッチに臨んだが?

▼小峠「彼もせっかく日本に来たのに、自分を出し切れてない感じがしたんで。ノアのプロレスに飲まれちゃってるな…って。俺がノアに来たばかりの頃のことを思い出しましたね。せっかくなんで、彼のノビノビしたところを見せてあげたいなと思ったんですけど。まぁみんな今のレスラーはみんな能力高いんですから、自分の力を解放していけばいいと思いますけど、やっぱり大和魂! 日本人たるもの。シェイクハンドで始まってシェイクハンドで終わる。その日本の流儀はなってない! それだけちゃんと教えてあげましょう」

――今後IPWジュニア王者としてどう戦っていく?

▼小峠「まぁ、彼(原田)と大阪でやることに意義があったんで、(ベルトは)その“オプション"といったら失礼ですけど…。やっぱりベルトあると無いとでは全然違いますんで。使えるものは使って、広げていきたいなと思いますね。うぬぼれないようにやっていくだけですよ。みんなレベル上がってたんで…生意気なことジュニア戻る前に言いましたけど、負けじとやっていきたいなと思います」

 

 

第4試合 GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合
小川良成&鈴木鼓太郎vs大原はじめ&NOSAWA論外

【試合後の小川&鼓太郎】
――大原&論外組はどうだった?

▼小川「意外にまともに来たんで、それで押されちゃったかな。もうちょっと短い時間で決めてやろうと思ってたんだけど」

――特に論外が『小川良成と戦いたい』と言って決まった一戦だったが?

▼小川「俺はやりたくないし、別に興味もないし」

――鼓太郎選手は大原&論外組について?

▼鼓太郎「意外とペース握られたかなって思いますけど、まぁ最後に立ってたほうが勝ちでしょ。もともと俺ら『やる』なんて言ってないのに、勝手に決まったタイトルマッチだったし。それを一個消化しただけだから。まぁ次だよね」

――次は原田&タダスケ組が相手だが?

▼鼓太郎「またRATEL'Sかぁ…。RATEL'Sとやると俺らヒールみたいになっちゃうから。ベビーフェイスになりたいのに…」

▼小川「まぁユニットとしては、俺らのほうがRATEL'Sよりも完成されてると思うし。今日セコンド就いた小峠も合わせて3人ともベルト持ってるしね」

――ユニットとしても上だということを後楽園で改めて示す?

▼小川「そうだね。それはジュニアに限った話じゃなくて、ヘビーのユニットを見渡してもそう。ウチの会社のなかにあるヘビーのユニットとも比べても、俺たちのほうが一歩も二歩もリードしてると思うし。今日も小峠もちゃんとセコンド就いて、チームとして固まってるし。この間の大阪だってそうでしょ? (N-1決勝の)杉浦と拳王もいい試合するけど、杉浦軍も金剛も誰もセコンドで応援するわけでもないし、しらーっと二人で試合してるだけだし。ああいうところから見ても、全然盛り上がってないね、ヘビーのユニット抗争にしても。それから比べたらジュニアの俺たちのほうが、まとまってる。RATEL'Sのこと褒めたくないけど、そこ(スティンガー)と競ってるだけあって、RATEL'Sもヘビーのユニットなんかと比べたら全然ちゃんとしてるし。はっきり言って今日だって、試合の順番? セミのメンバー見ても逆でしょ? あのメンバーみたら。そういうところから改善してほしいところはいっぱいあるし。ただ単に体重があって身長があって……身長はみんな低いけど、それだけで上のほうに持ってかれて。そういうところ含めて納得できないこといっぱいあるし。…あとは鈴木くん、締めて」

▼鼓太郎「…以下同文です」

 

 

第6試合 6人タッグマッチ
清宮海斗&中嶋勝彦&潮崎豪vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の清宮】
――前哨戦2連勝となったが?

▼清宮「目の前には拳王しかいなくて、惜しげもなく、今の両国に向けた自分の気持ちのままに戦ってやろうと思ってぶつかっていきましたよ。N-1に出ない期間もありましたし、その期間で考えてきたことも出してきてるので、試合で出せてるので。やっぱり100回の練習よりも、試合で何回出すか…なんだなとノアで教わってきましたから。それを実行できてるんで、良い流れだなと思いますね」

――新兵器も前回より角度が厳しかったが?

▼清宮「そうですね。足のスタンスをもって広くとって、重心を低くして絞めたほうが、もっと力を最大限に使えるかな…と思って。それを今日実行してバッチリ取れたので、あとはこれを拳王にいつ出すか…。次の後楽園で? もちろん狙っていきます。向こうも今日と同じようにはいかないと思いますし、気持ちのこもった戦いをしないと、このベルトも両国で獲られてしまうと思うんで、しっかり日々ベルトを輝かせていきたいと思います」