ニュース

新木場大会 札止め金剛興行で5人に拡大 拳王が“あの場所"へ超特急宣言 試合後コメント

インフォメーション
2019.12.15

札止め金剛興行で5人に拡大 拳王が“あの場所"へ超特急宣言▼Hi69改め「仁王」、さとう改め「覇王」が金剛入り ジュニアタッグ王座挑戦を表明▼メイン締め・杉浦が拳王に杉浦軍興行出場要請 「超大物用意しとく」▼大ヨシキコールも稲村玉砕 関本「まだまだブチ抜けねえぞ!」

 

試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトでご確認ください。

http://dx-sp.gsj.bz

写真提供 プロレス/格闘技DX

 

 

第1試合

稲村愛輝vs関本大介

【関本の話】

「あー!首いてえ! チキショー!あの野郎……ファッ○ユーだ稲村コノヤロー…。だけどお前、体当たりはお前…超一級だなコノヤロー! だけどな、まだまだ俺はぶち抜けねえぞ、コノヤロー! もっと鍛えてかかってこい、コノヤロー! またやろう!!」

 

 

第2試合

拳王&マサ北宮vs齋藤彰俊&井上雅央

【試合後の齋藤&井上】
▼齋藤「ともに反体制、今日は向こうの興行ってこともあって、向こうも力入ってただろうけど、いつも話してるように、今年は種まきなんで。来年ポーンと行くためにも相手を油断させないと。江戸の敵を長崎で討つ。これは俺らの作戦かもしれないんで」

▼井上「花を持たせるってことも、時には大切なんですよ」

▼齋藤「男気があるからね。今日は花を送ったのかなと。そういう男ですよ。男臭いし、本当に臭いし……。あれだけ受けていけるんだから。攻撃こそ最大の防御、防御こそ最大の攻撃って言いますけど、俺は攻撃で、(井上は)受けで行くから! 受けの専門家としてね、ガンガンいってもらってね。俺は攻めの専門家として。良いチームだと思ってます」

▼井上「ある意味、役割分担をしたほうが、タッグチームとしてはね。マジメな話。僕はできる限り、自分の役割をこなして、齋藤さんにつなげます」

▼齋藤「この人は無駄にね、会場早く来て練習してるんで。スタミナもガンガンつくと思うんで。今度はロープワークをガンガンやられても、向こうがバテるくらいの体力を正月返上でつけるんで! ダテに無駄に練習してないから!」

▼井上「褒められてるのか…けなされてるのか…」

▼齋藤「反選手会同盟! 選手だけじゃなくてファンの人も募集してるんで、よろしくお願いします!」

 

 

第3試合

覇王&仁王vs宮脇純太&諸橋晴也

【試合後の仁王&覇王】
▼仁王「リングで言ったとおりです」

――なぜ金剛に?

▼仁王「単純ですよ。やっぱり拳王、北宮、稲村がノアの中で目指しているもの。そこと考えが一緒だった」

――覇王選手はここからノアに殴り込みをかける?

▼覇王「そう捉えてもらって構いません。僕はすべてを捨てて、ここに来たので。見ての通り、来た甲斐あったな…って感じですね」

――ジュニアタッグ王座を狙うという発言もあったが?

▼仁王「僕はずっとノアにいたんでね。チャンピオン(小峠&鼓太郎)は『誰の挑戦でも受ける』って言ってたんでね。ぜひ、俺らを挑戦者にして欲しいですね」

▼覇王「あとは試合を見てもらえれば」

――ともに過去つながりがあったようにも思えるが、互いの印象は?

▼仁王「昔から知ってますけど、見たまま。頼れるレスラーだと思ってます」

――拳王とは過去につながりがあった?

▼覇王「まぁ“僕自身"はないんですけどね。こういう金剛というチームに誘ってもらえて、感謝してます。あとは試合で魅せるだけですね」

――ノアジュニアはRATEL'SとSTINGERで独占状態にあるが?

▼仁王「自分が金剛に入った理由のひとつでもあるんでね。やっぱりRATEL'SとSTINGERだけの闘いじゃつまらないと思うんでね。見てるほうも、やってるほうも。そこに俺と覇王が入れば、もっと面白くなるんで。期待しててください」

▼覇王「あとは試合で見ていてください」

【宮脇の話】「仁王だか覇王だか知らないけど、名前変えてコスチューム変えて、ヘビー級のユニットの金剛に入って、ジュニア二人でやってくみたいだけど…そんなちょっと変えるだけでベルト獲れるほど甘くないからな! 俺はノアに入門して、ノアでデビューして、ノアで初勝利上げて今ここにいるんですよ! 絶対ヤツらの思い通りにはさせない。それだけです!」

 

 

第4試合

清宮海斗&杉浦貴&潮崎豪vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の拳王ら金剛】
▼拳王「金剛興行なのに、負けちまったな…。2試合してたから負けた? そんなこと関係ねえんだよ。2試合しても勝つのが、本当の強さだろ? 今年金剛を結成して、ほぼ何一つ結果出てないよな。この悔しさは心の中に入れとくぞ。そして2020年、俺たちは5人になったんだ。勢力も拡大したんだ。俺たちはこれから本当にプロレスリング・ノアのリングに刺激を与えていく! そして! 来年は結果も残していくぞ! 今日見ただろ? 対戦相手。ノアの中枢にいるヤツらなのかもしれない。でもな、なんも面白くねーだろ! あんなヤツらがノアのトップにいても、何も刺激ねえだろ! 俺たちが刺激を生み出していく。あんなヤツら、会社の敷いたレールの上でしか進めないヤツらを見てても、どこに刺激があるんだ? あんなヤツら、普通列車…良くて急行止まりだよ。俺たちは超特急で進んでいってやるからな! 2020年は俺たちの超特急列車が進んでいく。そして! “あの場所"で俺たちが結果を残す!」

――仁王と覇王が入った経緯は?

▼拳王「そんなもん一つに決まってんだろ! 強い信念を持ってる。それだけだよ」

――過去のつながりどうこうではなく、未来を見据えての決断?

▼拳王「もちろん。俺はな、プロレスリング・ノアのリングをダイヤモンドのように輝かせていくことだけを考えてるんだ。あんな今日のメインに立ったような3人じゃ、何も輝かねえんだよ。俺たちが本当の刺激を生み出していく」

――あらゆるベルトを狙っていく?

▼拳王「おう。今のタッグチャンピオン、AXIZに存在感ってあるのか? あると思うか? あんなヤツらの存在感なんてな『居たのか』。そんなレベルなんだよ! あんなヤツらがベルトを持ってて、何が面白いんだ!? 俺たちが刺激あるリングにしていくんだよ。そしてノアのリングでも存在感ってモンを示していってやるよ」

 

 

 

【NOSAWA論外の話】

▼論外「今日はノアの大黒柱の杉浦さんを観に、金剛興行に来てみたんだけど、正直XとXXにすごいガッカリした。Xって本来、サプライズ。そういう超大物がくるか、ホントにダメなヤツが来るかで違ってくるんだけど、今日は二流どころか三流のレスラーがXで、名前とコスチュームが変わっただけ。ひじょうにガッカリした。ひとりのXに関しては某週刊プロレスでコスチューム変えるとか、強い信念だとか言ってて、Xの意味を分かってない。まぁ、金剛もジュニア二人入ったなら、1月5日に“本物のX"を。今日はガッカリだったけど、失恋モッシュのライブを見られたから、それでバランスとれてるんだけど…1月5日に、杉浦軍のジュニアのXを…本物のXを俺がノアマットに連れてくるから」

――ヒントは?

▼論外「ヒントは“一流"のレスラー。三流じゃない、一流のレスラーをまた俺のコネクションで連れてきて、『本物のXとはこういうもんだ』っていうのを見せるから。それよりホント、今日は生で聴けて良かった。テンション上がったね。俺も歌ってもらいたいな…」