ニュース

3・21前橋大会 1ヶ月ぶり興行再開 王者・潮崎が“感謝" のメイン締め、藤田戦へも「抗体できてる」 試合後コメント

インフォメーション
2020.03.22

1ヶ月ぶり興行再開 王者・潮崎が“感謝"のメイン締め、藤田戦へも「抗体できてる」▼レフェリーストップ…HAYATAろっ骨再負傷で窮地逆戻り 鼓太郎&小峠が集中砲火▼ナショナル挑戦へ稔が先勝 杉浦“防衛ムード"に「ナメんなよ!」▼リスタート・清宮が“アンチェインズ"でのGTL制覇に照準

 

試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトでご確認ください。

http://dx-sp.gsj.bz

写真提供 プロレス/格闘技DX

 

第3試合

清宮海斗vs岡田欣也

【試合後の清宮】
――約1ヶ月ぶりの試合となったが?

▼清宮「うれしいね! ここが俺の居場所なんだって、改めて今日思ったね。みんなの顔が見られて、皆さんの前で試合ができて、本当にこんな幸せなことないですね。本当に日々感謝しながらやっていかないといけない…っていうのを今日は再確認できました」

――試合がない状況は長く感じた?

▼清宮「長いと思ったことはなくて、どうやって『ちょっと前の清宮とは違うな』とお客さんに思ってもらえるか。それを考えてやってきたので。この時間は苦では無かったですけど、こうやって試合ができることにはありがたみを感じてます」

――ナショナル王座は獲れなかったが、改めて見据えるものは?

▼清宮「負けてからがスタートだっていつも思ってるから。デビュー戦もそうだったし、いつだって簡単に乗り越えられる壁はノアには無いんで。気持ちはまったく折れないで、グローバル・タッグリーグ。谷口さんと組んで“アンチェインズ"でやるって決めたんで。そこへ向けて、ノアをめちゃめちゃ盛り上げていきたいと思います」

――全日本との対抗戦を控える岡田と当たってみて変化を感じた?

▼清宮「常日頃から変化は感じてますよ。当たる機会も増えてきましたし。蹴りを使うようになりましたけど、ノアにはいっぱい蹴りを使う人がいる。その中でも蹴りを選んだってことは、それだけ覚悟があってのことだと思うんで。僕と相性が悪い人(拳王)も使ってますし、ホントに蹴りは強いし。それを分かってのことだと思うんで、それだけ覚悟があるんじゃないですか」

 

 

第4試合

杉浦貴&大原はじめvs丸藤正道&田中稔

【稔の話】

「赤いベルトを獲りたい。杉浦貴に勝ちたい。そういう当たり前の気持ちは、当たり前のように俺にはあるんですよ。でも、そこへ至るあらゆる杉浦貴のインタビューを読むと、彼は3月29日を完全に通り越して『チャンピオンとして全日本のチャンピオンカーニバルに出る』って言ってますよね。本人もそう。インタビューするヤツらもそう。ナメんなよ!?ってお前ら! 始めから俺が負けること前提で記事書いてんじゃねえ! ベルト獲りたいって気持ちより完全に上回ってるよ。ナメんなよ!?って気持ちが。覚えとけ、ホントに」

 

 

第5試合

小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司vs原田大輔&HAYATA&YO-HEY

 

【試合後の鼓太郎&小峠】
▼小峠「アカンやん! 全然治ってへんやん!」

▼鼓太郎「あれから3週間以上経ってるでしょ? でも、これでもう“戻った"でしょ? 3週間前に」

▼小峠「戻す気も無かったけど、全然やん! 全然アカンやん!」

▼鼓太郎「お前もイジメ過ぎだよ」

▼小峠「いやいや(笑) これも先輩からの愛のムチやぞ!(笑)」

▼鼓太郎「でも、あんまり今日は(RATEL'Sファンが)キャーキャー言ってなかったな。じゃあ後楽園は大合唱させるか」

――RATEL'Sファンを泣かすのが裏テーマだと言っていたが…

▼鼓太郎「今日はRATEL'Sのファンがあんまりいなかったみたいだけど、後楽園じゃ泣くだろ。こんだけイジメれば。まだ序の口だよ。富士と横浜ラジアントもあるだろ。また欠場しちゃうんじゃないの?(笑) このままじゃ」

▼小峠「俺と鼓太郎さんは一回承諾したから受けてやるけど、あいつらがタイトルマッチやめときたい…って言うんやったら、それはそれでエエっすよ。逆にHAYATAくんのことが凄く心配です!(笑)」

▼鼓太郎「あと2試合でまた欠場…ってなっちゃったら、できないでしょう。まぁ選手権試合は決まっちゃってるからね。HAYATAが欠場したなら、別のヤツが出てきてもいいんじゃないの? (4大GHC戦のみの)後楽園を3試合にするわけにもいかないし。あとは向こうに聞いたほうがいいんじゃない? 同じや!とか言えるから(笑)」

▼小峠「結果“同じ"ですけどね」

▼鼓太郎「そうだな。3週間前と……同じや!!(笑)」

 

【試合後の原田&YO-HEY】
――HAYATAの状態が気がかりだが?

▼原田「大丈夫や! まだ時間ある! HAYATA、あいつは絶対治す。俺は小川や!! 小川良成!!! 逃さんぞ! このままじゃ終わらへんからな!! クソ!!!」

▼YO-HEY「怪我してしまった嫁(HAYATA)が悪いって言われればそれまでかもしれんけど…。あのSTINGERの二人、鈴木コタコと小峠アツエ。俺の大事な大事な嫁さんをボコボコにされたままじゃ、夫のオイラは気がすまんから。まだまだ29日のタイトルマッチまで、もうちょい時間あるからな。…倍返しや! (※HAYATAのコメントを代弁するように)同じや!」

 

 

第6試合

潮崎豪&中嶋勝彦&谷口周平vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の潮崎】
――1ヶ月ぶりに興行再開となったが、久々に試合をしてみての感想は?

▼潮崎「こうして“ノア"が無事で、元気で良かった。こうしてたくさん集まってくれて。今日、来たくても断念せざるを得ない人たちもいたと思うけど、みんながこうして元気で集まれる。それが何よりだし、また元気でみんなと会えたら…と思います」

――藤田戦も1週間後に迫ってきたが、シミュレーションは深まってきた?

▼潮崎「そこまで前哨戦で当たれる機会は無かったけど、藤田和之に対してシミュレーションはできてる。“抗体"もできてる。負けねえよ。打ち負けねえ」

――興行開催の是非も含めて、難しい状況ではあるが、王者として改めてどう振る舞っていく?

▼潮崎「不安というのは拭い切ることはできないとは思うし、目に見えない相手でもあるんで。でも、こうやって俺たちがプロレスを開催して、集まってきてくれる人たちが一人でもいる。それだけでもうれしいし、それだけでも俺たちの力になるんで。その分、みんなにね『俺たちは負けない、立ち上がる』っていう気持ちを見せていきたいですね」