ニュース

1・10横浜ラジアント 試合後コメント HAYATA陥落! 原田が1年ぶりGHCジュニア戴冠 「重くなったベルト、しっかり引き継ぐ」

インフォメーション
2022.01.11

▼HAYATA陥落! 原田が1年ぶりGHCジュニア戴冠 「重くなったベルト、しっかり引き継ぐ」

▼涙拭いた 清宮が笑顔の再起「最後ノアが笑える年に」

▼Eitaが小川を“水ぶっかけリンチ"、論外とJrタッグ挑戦表明

▼吉岡&進が小峠&大原にJrタッグ挑戦権譲渡要求

 

試合詳細、コメントはノアパートナー携帯サイトでご確認ください。

http://dx-sp.gsj.bz

写真提供 プロレス/格闘技DX

 

第2試合

吉岡世起 進祐哉 vs 大原はじめ 小峠篤司

【試合後の吉岡&進、小峠&大原】
▼進「まあ、さっきも言った通り、俺らにも挑戦権あるでしょっていう話。俺らが挑戦したほうが面白いでしょ? お客さんも見たいでしょ? STINGER対決みたいでしょ?」

※ここで小峠&大原が現れると

▼小峠「おい、勝手に決めんなよ、お前ら。おい、聞いてないぞ。後出しや、それはな。よくないぞ」

▼進「勝手に決めたのはあんたらでしょ? そんな特典ついてなかったんだから」

▼小峠「『N Innovation』はジュニアを盛り上げる大会、創り上げる大会。そこで優勝したユニットは俺たち。ノアジュニア正規軍がノアを盛り上げるために優勝したんや。その権利はあってもええやろ?」

▼大原「後出しだろ」

▼小峠「お前ら、よくないぞ」

▼進「盛り上げるんだったら、ちゃんと受けろ」

※吉岡&進が去っていく

▼大原「どうにでも言えるよね、あとから。うちらが優勝したのは事実だから。その流れからして、俺らが自己主張したっていいじゃないの?」

▼小峠「まあ、何にしてもこうやって『U-CUP』、『N Innovation』は俺たちから盛り上げてってことやからさ。あいつらは後出しよ。ずるいぞ。あんまずるいとか言いたくないけど。今後、この先ずっと俺たちから盛り上げていかなあかんのやから」

▼大原「俺らに魅力があるから、あいつらもああいうこと言ってるわけだ。ポジティブに考えたら、俺らの優勝が波及効果を生んでいるわけだよ、もうすでに。仙台、楽しみになったな」

▼小峠「いいよいいよ」

▼大原「受けてやるよ。勝てばいいんだから」

▼小峠「ジュニアを盛り上げたいんだったら、俺たちもいいよ」

――要求を受けるということ?

▼小峠「受けてやるよ、じゃあ。ただ、4対4だろ? その辺はどういう形になるか俺もわからへんけど、あいつらの気持ちは俺たちも受け止めてやる。その気持ちはメチャクチャある」

▼大原「あとは小川もあいつらも、まとめてドカーン!とムイビエン」

 

第3試合

NOSAWA論外 YO-HEY 鈴木鼓太郎vs亜烈破 覇王 仁王

【試合後の論外&YO-HEY&鼓太郎】
▼論外「物足りねえんだよ、物足りねえ。そもそもよ、こんなくだらねえユニットカップ? 優勝して何になったんだよ? あ? 優勝目指してたんだぞ、俺たちは!!…あれ? 違う?(笑)」

▼YO-HEY「一千万かかっとったからね(笑)」

▼論外「あの百均レスラーたち(金剛ジュニア)のせいでよ、優勝決定戦に進めなかったワケだし、仙台の4対4、廃業に追い込んでやろうぜ」

▼YO-HEY「ハッハッハ(笑)」

▼論外「俺はプロレス界に必要ない選手だけど、あいつら百均レスラーはノアに必要のないレスラーだから。そこはだいぶ変わってくるよ、話。それより、いいドロップキックしてたじゃん」

▼YO-HEY「そうすか?(笑)」

▼鼓太郎「最初から出しとけよ!(笑)」

▼論外「2発目しょっぱかったけどな。300均レスラーだな。仙台で潰すぞ! Eitaのせいで優勝決定戦行けなかったんだ! 一千万どこいった、一千万!!」

 

 

第4試合

清宮海斗vsスペル・クレイジー

【試合後の清宮】
▼清宮「(※笑顔で)どうせ…聞きたいんでしょ? いろんなことを横浜アリーナで痛感しました。でも今年はホントにもう止まってられないから! ノアのために今年はやっていくんで! 2022年、プロレスリング・ノア、よろしくお願いします!」

――オカダは新日本への武者修行も提案していたが?

▼清宮「いやぁ…今の立場であんまり言えることもないですけど、やっぱり俺が大事にしたい世界っていうのは、やっぱりここ(ノア)にあるんで。世の中広いとしても、俺はここを大事にしていきますよ」

――改めての目標は?

▼清宮「まずはベルト獲らなきゃ。俺でチャンピオンになって、それこそが俺の本当に求めるプロレスだから。まったく迷いはないから。ノアのために今年はホントにやっていく。それは誓いますよ」

――笑顔が印象的だが、涙は捨てた?

▼清宮「泣きすぎたから。もう止まんないくらい泣いたから(笑) もう出ねえな、涙は」

――今年は笑って歩いていく?

▼清宮「笑って歩くっていうか、ノアが最終的に笑えるような年に、俺は絶対するよ。俺の居場所、立場っていうのは、この間の試合で分かったから」

――対新日本は…

▼清宮「俺個人としては、現状では何も言える立場じゃないなっていうのはホント思ってるから。でも……忘れることはないですよ」

 

セミファイナル ユニットシャッフルタッグマッチ

Eita・小川良成vsタダスケ・宮脇純太

【試合後のEita&論外】
▼Eita「アイツ(小川)やっぱダメだ! 大っ嫌いだ!」

▼論外「なんか小川先輩よ、俺たちのモン持ってるよな? 俺とEitaも、HAYATAクンと持ってるGHCジュニアタッグ……」

※そこへ小川らSTINGERがなだれ込んできて大乱闘に発展

▼論外「(※小川らが去ると)俺たちも挑戦表明してやるからな! 俺たちもジュニアタッグ挑戦するぞ! (※破損したコメントバックを見ながら)小川先輩も大人気ねえな。ノアジュニアに払わせろ、一千万あんだろ!一千万!」

 

メインイベント GHC Jr.選手権

HAYATA vs 原田大輔

【試合後の原田らノアジュニア正規軍】
――ベルトが重くなったと

▼原田「メチャクチャ重たいっすね。このベルト、何回か獲ったなかでも一番重いっすね。ずっしり来ます。HAYATAがずっと防衛ロードで築き上げたものがここに詰まってるんで。過去の歴史よりも“今"が詰まってるなと思いました」

――4ヶ月前は勝てなかった相手、なにが勝因?

▼原田「チームでしょう! この1月6日から始まったN Innovation、一緒に闘ってくれて、U-CUPも優勝して、この仲間がいたから最後まで諦めずに頑張れたし、最高っすよ。なぁ!? 宮脇!!」

▼宮脇「はい! U-CUP優勝して、N Innovationでもっとこれからノアジュニアをドカーン!と盛り上げていきます!」

▼原田「…はい次」

――N Innovation提唱者としてU-CUPを優勝し、ジュニアタッグ挑戦権もつかみ、最後はシングル戴冠で締めくくれた

▼原田「そうですね、言ったからには結果を残さないとかっこ悪いですし、でもこれが始まりですから! N Innovation、U-CUP、そしてヘビー級に負けないジュニアを創っていく。その始まりですよ。来月もここラジアントでN Innovationやるんで、しっかりジュニアに注目して欲しいなと思いますよ」

――ジュニアタッグ挑戦も決まってジュニア正規軍でのベルト独占もまた見えてきた

▼小峠「そうですね。原田がN Innovationをやるって決めた時の覚悟は、だいぶ俺らの力になってるんで。ホントに今回良い刺激になったんで、俺と大原さんも原田の覚悟を引き継いで絶対にベルトを獲って、ノアジュニア正規軍としてノアジュニアを面白くしていきます」

▼大原「原田と小峠は覚悟とリスクを背負ってたから。それを一番近い横で見てきたし、俺も一緒になってノアジュニアの価値を上げていかなきゃいけないから。だから小峠と何としても仙台は負けられない。そして大阪、タッグのベルトを小川とHAYATAから奪いたいと思います」

――改めて今年のノアジュニアに向けて

▼原田「ずっと言ってるように、ヘビー級に負けないノアジュニアを完全にこの1年で創り上げて、ひっくり返していきますよ。そのためにも次の仙台、そして大阪。まだまだ闘いは続くんで、俺たち4人でドカーンと…ドカーンと!…もう一発!」

▼一同「ドカーンと!!」

▼原田「行くぞ…!」