ニュース

1月19日(水)発売の「週刊プロレス」2月2日号

メディア
2022.01.18

1月19日(水)発売の「週刊プロレス」2月2日号

★10人欠場の危機の中、中島と北宮が熱闘!…1・16仙台&1・10横浜大会リポート

コロナ禍により大会直前に10選手が欠場になる危機の中、GHC&GHCタッグ王座戦がおこなわれた1・16仙台大会、さらに原田がHAYATAから新技でGHCジュニアを奪取した1・10横浜大会を巻頭14ページの大ボリュームで詳報!

 

★一部マスコミへ、拳王が「言葉力」を語る…拳王のクソヤローどもオレについて来い!!

一部のメディア記事への反論により注目を集める形となった拳王が、「言葉力」について持論を展開。新日本との対抗戦でなぜ無言を貫いたのか、その真意についても明かされています。

 

★清宮が体感した「対新日本」とは?…巻末言

編集長がプロレス界の今を切り抜く巻末言では、新日本との対抗戦に惜敗して涙を流した清宮について。「プロレスをやめた方がいいのかと思った」とまで思い詰めた、その心境を清宮が自らの言葉で語っています。

 


「週刊プロレス」2月2日号(No.2163)は、定価550円にて1月19日(水)より全国の書店、コンビニ、駅売店で発売。

 

※地域によって発売日は異なります。通販での購入、商品の問い合わせはベースボール・マガジン社受注センター℡0120・911・410まで。BASE(https://shupuro.base.shop)では送料無料でバックナンバーも販売中!