ニュース

GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 まとめページ!全出場選手&全カード決定!

インフォメーション
2020.01.09

\ノアジュニア最強は誰だ!?GLOBAL Jr.LEAGUE 2020

1.10ラジアントホールで開幕するGJL2020!
1ブロック4名・4ブロックに分かれ、30分1本勝負で公式戦を実施します!

1.30後楽園大会では各ブロック1位選手による準決勝・決勝戦を行います!

過去の優勝者
2009年 金丸義信 
2015年 原田大輔
2018年 鈴木鼓太郎
2019年 HAYATA


TwitterにてGLOBAL Jr. LEAGUE 2020 A~Dブロック準決勝進出者予想アンケート実施中!

https://twitter.com/i/events/1214174590961766404?s=13

開幕直前!GLOBAL LEAGUE 2020 大予想SP ゲスト:清宮海斗&谷口周平

https://www.youtube.com/watch?v=cG4tVg15Zj0

 

【Aブロック】

 HAYATA(3年連続3度目)

 小川良成(2年連続3度目)

 NOSAWA論外(初出場)

 宮脇純太(3年連続3度目)

1月4日にGHC Jr.初挑戦&初戴冠となった小川良成、そして前チャンピンHAYATAが同ブロックに。
杉浦軍の参謀として数々の助っ人を連れきたNOSAWA論外もエントリーされたが、小川良成がバックステージコメントにて突如不参加を表明。
それに合わせて論外も「チャンピオンが出ないのであればおれも出ない」と発言。果たしてどうなるのか?
そしてこのリーグから復帰する宮脇はどこまでインパクトの残せるのか!?

注目のカード
■1月22日(水)18:30 アクロス福岡
▼Aブロック公式戦
 小川良成vsNOSAWA論外

■1月25日(土)17:30 エディオンアリーナ大阪第2競技場
▼Aブロック公式戦
 HAYATAvs小川良成

【Bブロック】

 鈴木鼓太郎(3年連続4度目)

 タダスケ(3年連続3度目)

 覇王(初出場)

 ディック東郷(初出場)

昨年準優勝のタダスケ、GHCタッグチャンピオンの鈴木鼓太郎と実績充分の二人。
12月より金剛に加入した、覇王にも注目。1月4日のJrタッグのベルトには届かなったが随所にキレのある動きを見せた。
そしてなんといっても最後に発表された杉浦軍の新たなメンバー、レスリングマスターことディック東郷がここにエントリー。
世界中のプロレスを知り尽くした人間はどんな闘いをみせるのか?そして覇王との師弟対決にも注目したい。

注目のカード
■1月10日(金)18:30 横浜ラジアントホール
▼Bブロック公式戦
 覇王vsディック東郷

■1月25日(土)17:30 エディオンアリーナ大阪第2競技場
▼Bブロック公式戦
 鈴木鼓太郎vsディック東郷

 

【Cブロック】

 小峠篤司(5年ぶり2度目)

 YO-HEY(3年連続3度目)

 大原はじめ(3年連続4度目)

 熊野準(3年連続4度目)

Jrヘビー級に復帰してから、IPWやジュニアタッグのベルトも取得した小峠が中心か。
YO-HEYは昨年の9.16大阪、11.2両国とGHC Jr.のタイトルマッチに臨んだが一歩届かなかった。このリーグで再びトップ戦線に戻ることが出来るか。
デビュー15周年を迎えた大原は今年3月に高校卒業を控えている。最後の高校生活に華を添えることが出来るか。
そして昨年10月3日の後楽園ホールで藤田和之相手に奮闘した熊野、再び覚醒なるか!?

注目のカード
■1月10日(金)18:30 横浜ラジアントホール
▼Cブロック公式戦
 大原はじめvs熊野準

■1月21日(火)18:30 アクロス福岡
▼Cブロック公式戦
 小峠篤司vsYO-HEY

【Dブロック】

 原田大輔(3年連続4度目)

 クリス・リッジウェイ(2年連続2度目)

 田中稔(3年連続3度目)

 仁王(3年連続3度目)

実力者が揃った死のグループといってもいいDブロック。
IPW王者原田も筆頭に、昨年GHCジュニアのタイトルマッチにも挑戦しインパクトを与えた、リッジウェイ。
実績、実力は申し分なく数々の団体でトップに立ってきた田中稔。そして金剛加入により、勢いを増す仁王。
混戦必至。果たして準決勝に進むのは!?

注目のカード
■1月11日(土)17:30 横浜ラジアントホール
▼Dブロック公式戦
 クリス・リッジウェイvs田中稔

■1月12日(日)17:00 アクトシティ浜松
▼Dブロック公式戦
 原田大輔vs田中稔

GLOBAL Jr. LEAGUE 2020出場選手Twitterリスト
https://twitter.com/i/lists/1214112938606219264?s=20

■1月10日(金)18:30 横浜ラジアントホール

◇Cブロック公式戦

大原はじめvs熊野準

元パートナー対決からリーグ戦がスタート!バックブリーカーズとしてジュニアタッグ王座にも輝いた大原はじめと熊野準。昨年のリーグ戦ではアルゼンチン式ジャーマンで熊野が勝利。大原は杉浦軍へ加入し強さを追求。昨年末には15周年記念試合を行い、試合後にはまたベルトへの興味も示した。

◇Bブロック公式戦

覇王vsディック東郷

金剛メンバーとして登場した覇王は仁王とのタッグでジュニアタッグに挑戦したがベルト奪取ならず。常に「リング上をみてくれ」という覇王はジュニアリーグ戦で結果を残すことはできるのか?最初の公式戦はなんとディック東郷。覇王はプロレスを学んだ師匠でもあるディック東郷との運命的な一戦でどのような戦いを見せるのか?そして師匠を超えて勝ち点を得ることが出来るのか?

◇Dブロック公式戦

クリス・リッジウェイvs仁王

STINGERで貫禄の闘いを見せるクリスはすばらしい強さを見せながら惜しくも結果にたどり着かないが虎視眈々とベルトを狙う。一方の仁王は体を絞って金剛に加入後、キレのある空中技を加えて、上を狙う。リーグ戦で結果を出してSTINGERとRATEL`S中心ののノアジュニアに割って入れるのか?

 

■1月11日(土)17:30 横浜ラジアントホール

◇Bブロック公式戦

タダスケvs覇王

タダスケは昨年GLOBAL Jr.LEAGUE 2019で準優勝し,ジュニアタッグのノアのベルトも初戴冠し都度結果を残した。しかしすぐさま王者陥落など悔しい思いもし、今年も結果を求めていく。初戦の相手は覇王。力で勝るタダスケか?スピードで翻弄する覇王か?

 

◇Aブロック公式戦

HAYATA vs宮脇純太

HAYATAは昨年、リーグ戦で堂々の優勝ですぐさまジュニアのベルトも手にし、シングル戦線で圧倒的な強さを見せつけた。小川にやぶれタイトルは落としたものの、今年もシングル戦線での活躍は期待大。初戦の宮脇で実力の差を見せるのか?

◇Dブロック公式戦

クリス・リッジウェイvs田中稔

両者は昨年リーグ戦には別ブロックで出場。お互い関節技を得意とし、意地でも負けられない。リッジウェイは2日連続の公式戦で吉と出るか?凶と出るか?Dブロックで一歩先に進むのはどちらだ!?

■1月12日(日)17:00 アクトシティ浜松
◇Dブロック公式戦
原田大輔vs田中稔
昨年3月のタイトル戦で激闘をおこなった両者の闘いはその後も注目カードになった。7月のリーグ戦でもメインイベントで30分時間切れ引き分けの痛み分け。そして今年も浜松大会のメインイベントにて激突!勝利を得て大会を締めるのはどちらだ!?

◇Aブロック公式戦
小川良成vs宮脇純太
王者として今回のリーグ戦に臨む小川は不出場のコメントを出したが果たして?貫禄の闘いで先に進むのか?それとも、、、

◇Cブロック公式戦
小峠篤司VS熊野準
昨年のカルッツ川崎でジュニア転向を宣言した小峠!
鼓太郎とのジュニアタッグベルト戴冠で結果を残したが、ジュニアリーグ参戦は5年ぶり!
ジュニア戦線を走り続ける熊野は勝利して小峠の行く手をはばむことができるか!?

 

■1月19日(日)15:00 八鹿総合体育館(養父市)
▼Aブロック公式戦
 NOSAWA論外vs宮脇純太
▼Cブロック公式戦
 YO-HEYvs熊野準

 

■1月21日(火)18:30 アクロス福岡
▼Bブロック公式戦
 鈴木鼓太郎vsタダスケ
▼Cブロック公式戦
 小峠篤司vsYO-HEY
▼Dブロック公式戦
 原田大輔vs仁王

■1月22日(水)18:30 アクロス福岡
▼Aブロック公式戦
 小川良成vsNOSAWA論外
▼Bブロック公式戦
 タダスケvsディック東郷
▼Cブロック公式戦
 小峠篤司vs大原はじめ

■1月23日(木)18:00 高知市文化プラザ・かるぽーと小ホール
▼Aブロック公式戦
 HAYATAvsNOSAWA論外
▼Bブロック公式戦
 鈴木鼓太郎vs覇王
▼Dブロック公式戦
 田中稔vs仁王

■1月25日(土)17:30 エディオンアリーナ大阪第2競技場
▼Aブロック公式戦
 HAYATAvs小川良成
▼Bブロック公式戦
 鈴木鼓太郎vsディック東郷
▼Cブロック公式戦
 YO-HEYvs大原はじめ
▼Dブロック公式戦
 原田大輔vsクリス・リッジウェイ

■1月30日(木)18:30 後楽園ホール
▼GLOBAL Jr. LEAGUE 2020準決勝
 Aブロック1位vsBブロック1位
▼GLOBAL Jr. LEAGUE 2020準決勝
 Cブロック1位vsDブロック1位
▼GLOBAL Jr. LEAGUE 2020優勝決定戦

 

【大会要項】

■試合形式

出場選手が1ブロック4名・4ブロックに分かれ、GHC選手権ルールに基づき、30分1本勝負で公式戦を行います。

勝ち、不戦勝…2点  負け、不戦敗…0点  あらゆる引き分け…1点

 

■日程

1月10日・横浜ラジアントホール大会から1月25日・エディオンアリーナ大阪第2競技場大会まで各会場にて公式戦を行います。

1月30日・後楽園ホール大会にて各ブロック1位選手により、準決勝・決勝戦を行います。

準決勝 Aブロック代表vsBブロック代表/Cブロック代表vsDブロック代表

決勝  Aブロック代表vsBブロック代表の勝者 vs Cブロック代表vsDブロック代表の勝者

※最多得点者が複数の場合は、直接対決の勝敗で優勝戦進出者を決定します。

※直接対決が引き分けの場合は、優勝戦進出者決定戦を行います。