ニュース

杉浦貴「イチ選手としての評価はしているから、俺とシングルマッチをやりたいと言うのならやってもいいと思ってるよ。」【チケット好評発売中です】ザ・リーヴpresents『GREAT VOYAGE 2019 in YOKOHAMA』KAZMA SAKAMOTOとシングル対決!

インフォメーション
2019.03.06

【チケット好評発売中です】ザ・リーヴpresents『GREAT VOYAGE 2019 in YOKOHAMA』KAZMA SAKAMOTOとシングル対決!杉浦貴ミニインタビュー

 

ーー2.24後楽園大会のイリミネーションマッチ、振り返って如何でしたか?
▼杉浦 若い奴ら(稲村愛輝、岡田欣也)が頑張ってくれたから、勝てたんだろうね。

 

ーー対戦相手のフーリガンズは曲者揃いなので、なかなか一筋縄でいかず、かなりの苦戦をされたと思います。結果、チームの勝利を収めました。どの選手が特に頑張ったと思いますか?

▼杉浦 みんな頑張ったと思うけど、特にその中でも目立ったのは、稲村と井上雅央じゃないかな? 

 

ーー杉浦選手か見たフーリガンズは?
▼杉浦 正直、試合のクオリティは低いね。戦って相手して損するしね。やっぱりヒールだろうが戦って損をする相手というのは俺的にはいらないんじゃないかなと思うよ。

 

ーー結果的にフーリガンズは解散となりました。試合後、KAZMA SAKAMOTO選手がフリーランスという立場からの自分自身の心情を吐き出す様にマイクアピールし、3月10日の横浜文化体育館でのシングルマッチが決定しました。KAZMA選手に対する印象は?
▼杉浦 フーリガンズと言うユニットの中では実力もあって、発信力も一番あると思うよ。ぶっちゃけKAZMA SAKAMOTOという選手がいないとフーリガンズというユニットは機能していないと思ってるよ。海外、他団体の経験が豊富だしインサイドワークにも長けてるし、イチ選手としての評価はしているから、俺とシングルマッチをやりたいと言うのならやってもいいと思ってるよ。だから文体での試合が決まったしね。

 

ーーKAZMA選手とは初シングルです。
▼杉浦 初というのもあるし、ああいう選手とはあんまり当たった事はないから、楽しみにはしているよ。ああ見えて熱いこと言うからね。


ーーイリミネーションではオリンピック予選スラムで3カウントを取りましたが、 KAZMA選手は「ギブアップ、参ったは言ってない」とコメントしています。

▼杉浦 じゃあ今度はその口からギブアップを言わせてやるよ!

 

ーー最後に3.10横浜に向けてのファンの皆様に一言お願いします。
▼杉浦 3月10日の文体からロゴやマットや色々と変わるし、リング上もいろいろ動きがあると思うから、その変化の瞬間を一緒に目撃してほしいと思います。是非、皆さんお越し下さい。

 

3.10横浜大会情報はこちら
https://www.noah.co.jp/schedule/5/

〜皆様のご来場お待ちしております〜

関連選手