ニュース

【本日より発売開始!】潮崎豪&拳王が語るN-1…特集号を増ページで『NOAH the Style』Vol.25

インフォメーション
グッズ
2019.08.18

プロレスリング・ノア「N-1 VICTORY 2019」開幕戦の8・18名古屋国際会議場大会より発売されるオフィシャルプログラム『NOAH the Style』Vol.25の内容をご紹介します。Vol.21より全面刷新されたマガジン感覚のプログラム、今回は真夏のシングルリーグ戦N-1特集号ということでカラー4ページ増の40ページながら価格は1500円で据え置きとなっています。

 

★「N-1 VICTORY 2019」シリーズ展望

☆潮崎豪インタビュー「N-1の豪腕」

★拳王インタビュー「権力に抗う拳力」

☆GLOBAL LEAGUE PLAY BACK「方舟最強決定リーグ戦の軌跡」

★週刊プロレス・井上光次長コラム「飛躍の源流はいつもシングルリーグ戦…KENTA、拳王、清宮が頂点へと駆け上がる」

☆N-1出場選手戦力分析つきシリーズ参戦選手プロフィル

★7・27カツッツかわさき&8・4後楽園ホール大会ダイジェスト

☆夏の東北巡業特別企画「NOAH the Snap

★味方冬樹リングアナウンサーの日本全国方舟紀行~真夏の東北巡業編~

☆ノアフォトGP「コーナーポスト上の世界」

★MY ROOTS第5回:稲村愛輝「教員を目指しながら先生から言われた『プロレスラーになる夢を目指せ』」

☆語れ!ノア愛第5回:佐久間一彦(日テレジータスノア中継解説者)「新体制ノアの雰囲気は自由と信念を掲げた旗揚げの頃に近いと思います」

★ノア航海日誌出張版

☆NEWグッズ紹介

★ノア×アートジャンキーコラボTシャツ企画・カトウAJシンイチロウ×エラダレイジ対談「『ノアジャンキー』がファンの皆さんとの共同体になれたら」

☆今後のシリーズ日程&11・2両国国技館大会チケット情報

 

昨年までのGLOBAL LEAGUEをグレードアップさせて開催されるN-1 VICTORYということで表紙はリーグ戦歴代優勝者9名をバックにし、ここから新時代へ進むという姿勢を大会ロゴマークにこめたもの。裏表紙で今回エントリーされた10選手が揃い踏みしています。

 

巻頭ではシリーズ展望として、N-1の見どころ、注目の公式戦を解説。リーグ戦を追跡しやすい星取表も掲載しています。また、公式戦以外の注目カードの見どころもあり。インタビューはA&B両ブロックから1名ずつ選手をフィーチャリング。Aブロックは15周年という節目の年に優勝を狙う潮崎豪選手、Bブロックは金剛結成以後「新体制の陰謀で」有言実行の場が与えられず起死回生を狙う拳王選手に話を聞きました。リーグ戦に懸ける両者の並々ならぬ意欲を感じ取った上でN-1を追跡してください。

続いて、過去9回のGLOBAL LEAGUEをプレイバック。今となっては「こんな選手が参加したのか!」と思うような顔ぶれもあり、貴重な写真が満載です。週刊プロレス・井上光次長の関連コラムではさらにその歴史が詳しく綴られています。

シリーズ参加選手紹介ではN-1エントリー10選手の戦力分析表つきで、公式戦を追跡するためのガイドブックとして最適な号となっています。企画ページは、レギュラーの味方冬樹リングアナウンサーによるツアー旅日記「日本全国方舟紀行」に加え、先シリーズは東北巡業があったため福田明彦&西永秀一の両レフェリーが巡業中のリラックスした選手スナップ写真を撮影。

 

それ以外の読みモノとしては、プロレスの入り口について語る「MY ROOTS」に今後の若武者・稲村愛輝が登場。教員を目指しつつ学プロに打ち込んだ大学生時代と、ハードコアチョコレートのBARで働いていた頃の出逢いは必読です。そして「語れ!ノア愛」では、元・週刊プロレス編集長で現在は日テレジータスノア中継の解説を務める佐久間一彦さんが登場。

さらにレギュラーものに加え今号ではノアとアートジャンキーのコラボTシャツ販売に合わせて、アートジャンキーのカトウシンイチロウさんと、中嶋勝彦Tシャツを担当したエラダレイジさんの特別対談を掲載。今回のコラボがどのような経緯で実現し、今後どのような展望を描いているかが語られています。もちろんコラボTシャツ全7種類(ロゴTシャツを含む)もデザインを担当した各アーティストさんのコメントつきで掲載していますので、お気に入りを見つけたら売店に直行してください。

これ以外にもノアフォトGP、執筆選手が一部新しくなった公式モバイルサイト『プロレス格闘技DX』連載「ノア航海日誌」出張版、7・27カルッツかわさき&8・14後楽園ホール旗揚げ19周年記念大会ダイジェスト、グッズ新商品満載のグッズコーナー、次期シリーズ情報と充実したコンテンツになっております。既成のパンフレットでは満足できないあなたにとって“ノアマガジン”と呼ぶにふさわしいボリューム&内容。ぜひ、シリーズ開催会場グッズ売店にてお買い求めください。